人種のるつぼマレーシアで他言語を覚えておいた方が良い理由

651

View

Haifeez

マレーシアでは、マレー語、英語、広東語、マンダリンチャイニーズなど、さまざまな言語が飛び交っております。そんなマレーシアでは複数の言語を覚えておくと何かと便利です。

スポンサーリンク

相手の人種の言葉を喋ることができると一気に距離が縮まる

筆者は見た目からして日本人ですが、マレーシアで生活する上では英語がベースで、少しのマレー語と広東語を会話に使用しています。複数の他言語を操ってすごい風に聞こえますが、実際は仕事上覚えたほうが楽なので覚えました。

やはり相手の人種の言葉が喋ることができると打ち解けるのも早く、基本のベースが英語であっても相手との距離が縮まります。

交渉の場面では、一気に逆転することも

また、仕事上だと交渉の際、相手が「こいつ広東語を知ってる」と思ったら、交渉相手が仲間同士でヒソヒソ話もできません。逆に私がマレー語や中国語を知っていることを知らない相手が、目の前でマレー語や中国語で交渉の作戦をヒソヒソ話しているとき、それに私がその言語で相槌を打つと交渉が一気に逆転することもあります。

大げさに書いてますが、実際に日常ではこんな例がありました。

スポンサーリンク

他言語を理解していたことで起こった事件

その1.タクシーにて

タクシーで相乗りをしていたときのことです(マレーシアでは方向が一緒なら、途中でお客さんを乗せることがあります)。先に相乗りの乗車客が降りるため、料金を払おうとしていると運転手が広東語で以下のような会話をしていました。

  1. 運転手

    基本料金だけでいいよ、残りは後ろの日本人から全部もらうから。

  1. ありがとう!

    相乗りの乗車客
  1. 筆者

    俺、広東語分かるんだけど。

車内が冷凍庫よりも急速に凍りつきました。

その2.家電量販店にて

電化製品を買いに行ったとき、サービスカウンターで待っているとマレーシア人の若いお兄さんが横から割り込んできました。そのとき、カウンターの店員さんとマレー語で以下のような会話をしていました。

  1. マレーシア人

    急いでるからこれを先にやってよ!

  1. 後ろの日本人が待ってるよ。

    店員
  1. マレーシア人

    大丈夫だよ。スタッフだって言っておけば!

  1. 俺もスタッフだと言っていいか?

    筆者

固まる店内。そしてげらげら笑ってる同行してる同僚。

その3.日系のスーパーにて

日系のスーパーにてボーっと歩いていると日本人の家族の買い物かごが私に衝突しました。私がどうも日本人に見えなかったようで、

  1. 日本人家族

    ソーリーソーリー

  1. (うっかり)日本人なんだけど!

    筆者
  1. 日本人家族

    すいませんでしたー!(ダッシュで去っていく)

  1. ちょっと!!お父さん!!(と、子供に怒られる)

    子供

海外生活が長いと日本に帰ったときに全員日本語で逆に混乱?

日本に帰ったとき、周りが全員日本語を喋っていて全部意味が分かるのでちょっとパニックになりました。マレーシアではさまざまな言語が聞こえるけれども、BGMみたいで脳の中には入ってこないのですが、日本語はダイレクトに脳に入るという感じです。

いろんな言語を知ると、いろんな思いをすることがありますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 英語
  • 広東語
  • 他言語
  • マレー語
  • マンダリンチャイニーズ

この記事を書いた人

大西貴之
大西貴之

18年前に京都からマレーシアクアラルンプールにヨメと移住しました。本当は海の見える家に住んで商売して過ごすという希望だったのが、気がつけば18年で子供も二人しっかり根を下ろしています。窓から海の見える家はいつのことやら。商売の事、子育て教育のこと、マラソンやトライアスロンのこと。ヨメと私の二人で海外に留学する人の成功の手助けができればいいなぁと思ってます。

http://blogs.yahoo.co.jp/fromkl