NHKフランス語講座を上手に活用するには?フランス語学習者必見の勉強方法

1684

View

flickr

日本のNHKのテレビやラジオ講座は、他の国にはないすばらしい番組です。筆者も日本にいた頃は語学を覚える目的ではなく、世界の文化のコーナーが大好きでいくつものNHKの語学講座を梯子していました。そんな気軽に学べる語学講座ですが、実際はどう使えばいいのか難しい所です。今回はNHKのフランス語講座を上手に使うための説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

NHKのフランス語講座のテレビの活用方法

NHK語学講座は、フランスの文化の一部を切り取った番組だということを忘れないようにしましょう。テレビ番組のために美しい撮影をしているので、これがリアルなフランスではないことを頭に入れておいて下さい。どのレベルの人が対象なのか分からない講座なので、分かる会話があれば確認のために聞く程度にして、無理に覚えようとしない方が良いかもしれません。文化を紹介するコーナーは掘り下げるとおもしろい物があるので、メモをして後でインターネットで調べると勉強になります。毎月、テキストで気になる所だけを読むと知識が深まります。

NHKのフランス語のテレビ語学講座の問題点

テレビを見ている子供の写真です
GATAG

何度も同じ番組が繰り返される

新開講の場合は、比較的新しいフランスの今を伝えるような番組になっていますが、予算のためなのか何度も同じ番組が再放送されているので古い情報の場合があります。

放送される時間帯に問題あり

最近は放送時間帯もあまり人が見ない時間帯に変更されているので、見忘れが起きる恐れがあります。

初心者には難しい可能性も

NHKのテレビフランス語の講座は良い番組ですが、どのレベルの人を対象にした番組なのかかなり曖昧な番組になっているので、基礎が分からない人にとっては番組についていくのが難しいと思います。

会話内容の全てが正しいとは限らない

講座の中のフランスの人に聞く質問がかなり不自然な会話の場合があるので、このまま鵜呑みにするのは危険です。

番組の担当が不安定

番組の人が突然降板になったり、フランスを全く知らない人がナビゲーターを担当することもあります。

スポンサーリンク

NHKラジオフランス語講座はオススメ

女の子の写真です

ラジオの番組も、新開講は珍しくテレビと同じで何度も同じ番組が半年や一年置きに流れます。ラジオの場合は、進行の先生が変わると番組がガラリと変わってしまうので、自分に合う説明をしてくれる講師の場合は継続して聞くと良いでしょう。講師が自分に合わない場合はラジオを聞くことが辛くなるので、無理に聞かなくても良いと思います。NHKのラジオのフランス語は、アンコール放送もあるので、お気に入りの講座のテキストは取っておくようにしましょう。

同じ講座が繰り返し放送されても、同じ講座のテキストが毎月出版されますが、後ろのページの読み物が変わるので、そのテキストをチェックすると自分の知識になります。ラジオのフランス語講座の場合、基礎と初歩の上級のフランス語学習者が対象なので、この講座一つでフランス語を学ぶことは難しいでしょう。上級の放送はレベルが到達しないと難しいのですが、日本語でテキストに訳が書かれているものを読むだけでも、フランスの素敵な文化が学べます。

ラジオ講座は、聞き逃した講座をNHKサイト(ゴガク)に登録すれば、一週間は聞くことが出来ます。私の場合、このサイトに登録してテキストを使わず番組の会話をデクテーションして、フランス人の夫に直してもらうこともあります。フランス人が側にいなくても、紙のテキストやキンドルのテキストもあるので、それを見ながら訂正することも出来ます。

まとめ

様々な言語のNHK語学講座があるので、他のヨーロッパの言語とフランス語と比較しながら勉強するのも楽しいかもしれません。NHKのすばらしい語学番組を、自分に合うスタイルで取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/