家の中で傘をさすとハゲになる?タイの迷信8選

1874

View

日本でも「夜に爪を切ってはいけない」などという有名な迷信がいくつかありますが、実はこのような言い伝えは日本だけではなくタイにもたくさんあります。本日はそれらの中でも筆者がよく聞くタイの言い伝えをご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.チンチョーが鳴いたら家から出るな

東南アジアでかなりの頻度で見られる、チンチョー(ヤモリ)。家の天井などに住み着くことから、タイでは古くから家の守り神だと信じられてきました。そのため、出かける直前にこのチンチョーが鳴くと何か良くないことが起きると信じられ、家から一歩も外に出るなと言われてきたそうです。できれば旅行に出かける前にチンチョーには鳴かないでもらいたいですね。

2.トゥッケーが7回鳴いたら幸せになる

トゥッケーもチンチョーと同じく東南アジアに生息する大ヤモリです。しかも30cmくらいあり、爬虫類が苦手な筆者はできれば一生会いたくないと思っているヤツです。そんなトゥッケーですが、人前にはほとんど姿を現さないことから、タイではトゥッケーが7回鳴くのを聞いた人は幸せになれると言われています。

3.スプーンとスプーンがぶつかるとお客が来る

食事中、おかずを取ろうとして偶然他の人のフォークやスプーンとぶつかってしまうことってありますよね。このような場合は予期せぬ来客があるサイン。携帯電話もパソコンもなく、人と用意に約束ができなかった時代はこのような迷信が信じられていたようです。ちなみにタイ人は通常右手にスプーン、左手にフォークを持ってご飯を食べます。食事でお箸を使うのは麺類を食べるときだけです。

4.水曜日に髪を切ってはいけない

理由は定かではありませんが、昔からそのように言われているため、タイの昔ながらの床屋さんは水曜日が定休の所が多いそうです。

スポンサーリンク

5.虹を指さしてはいけない

虹は神聖なものだから安易に指差すと指が折れるとか腐るとか言われてきたそうです。調べてみると台湾や韓国、なんと沖縄にもこのような言い伝えがあるそうです。

6.蛇に巻かれる夢を見ると恋人ができる

ヘビが出てくる夢は日本でも吉兆とされ金運がよいなどとされていますが、タイでは恋人ができるみたいですね。

7.息子が僧侶になると両親が天国に行かれる

タイの男性は出家をすると、一人前の男性として世間体でも尊敬の値で見られます。そのため、仏教徒が多いタイでは男性は最短で3日からお寺で一時的な出家をすることが可能です。最近では少なくなりましたが、結婚を認める条件として男性に出家を要求する厳しい花嫁のお父さんも少なからずいるようです。

8.家の中で傘をさすとハゲになる

タイ人の高校生向けの教科書に書いてあり調べてみたところ、なんとアメリカやヨーロッパでも似たような説があることがわかりました。つまり世界的に「室内で傘を開く」は御法度なんですね。

ちなみに諸説がありますが、家も家族を守るものと考えられてきたため、家の中で傘を差す=家の守り神の力が不十分だと見なされ、家の守り神に失礼だという説が出てきました。

まとめ

いかがでしたか?信じる、信じないは人それぞれですが、タイ人の生活習慣や考え方などが反映されている言い伝えもあり、調べてみると結構奥が深いです。みなさまも今度タイ人のお友達がいたらいろいろと聞いてみてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 迷信

この記事を書いた人

りんご
りんご

20代の半分以上をタイで過ごしたアラサー女子。タイのバンコクで留学、現地採用を経て、現在は駐在員として奮闘中。趣味はマラソンと食べ歩き。気になるスポットは自分の足で走って向かいます。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)