イギリスの結婚にまつわる8つの不思議な迷信

2053

View

イギリスの人はとても迷信深く今でも様々な分野で受け継がれている迷信があります。今までの記事でも「幸運」「不運」にまつわるイギリスの迷信をご紹介してきましたが、今回は結婚に関するお話をご紹介します!

スポンサーリンク

1. 新婦が結婚式の前に結婚後の名字をサインしたり、名乗ったりしてはいけない

このような行動は不幸を招くと言われています。

2. ウェディングドレスは自分で作ってはいけない

自分で刺す針は結婚生活の涙になってしまうからだそうです。

3. 教会に向かう際に羊、鳩、蜘蛛、黒猫、警官、聖職者、医者、盲目の人に遭遇したら幸運

逆に、豚やお葬式に遭遇したら不運なんだとか。

4. 花婿は教会に向かう際一番最初に出会った人にコインを渡す

コインに関するおまじないは世界中にたくさんありますが、これはイギリス独特の習慣ですね。

スポンサーリンク

5. 真珠のジュエリーを結婚式につける

将来の花嫁の涙を表すから不運という説と、結婚式での新婦の喜びの涙を示し生涯幸せになれる言う幸運説の2つがあります。

6. 結婚式の最中に指輪を落とすのは良いこと

悪霊をはね除ける事ができるそうです。

7. 新郎は新婦のウェディングドレスを式の前に見ないこと

幸運をもたらすためのおまじないと言われています。

8. 式が終わりドレスを脱ぐ際に、つけていた針やピンはすべて捨てる

そうしなければ不幸になるんだそうです。

まとめ

いかがでしたか?またイギリスから楽しい話題をお届けしますね!
皆様の留学を心から応援しています!

Have a lovely day!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

モモグラモ
モモグラモ

イギリスのロンドンはウィンブルドンに住んで9年目です。元ハリーポッターに出演していた夫(南アとオランダのダブル国籍です)と二人暮らしです。私がいっぱい涙が出るくらい恥ずかしい思いをしつつ経験してきた生活の知恵、英語の言い回し、イギリスの穴場やこぼれ話をお届けできたら嬉しいです。またBAFTAの試写会でのセレブリティーの写真もご紹介できたらと思います。