ケープタウンでコミニュケーションを取るための話題作りアイデア3選

1575

View

世界の人気観光地であるケープタウンでは、欧米からの観光客やアフリカの近隣諸国からの求職者、そして地元のケープトニアンなど、色々な人と出会うチャンスがあります。しかし、どうやって話をしていいのか迷ってしまうこともあるでしょう。それぞれの国の事情がある中、宗教や政治の話、VISAの話などは、際どい話題なので気になってはいても突っ込めません。そこで今回はコミニュケーションを取るための話題作りのアイデアを紹介します。

スポンサーリンク

1.ケープタウンは自然が豊か!

ケープタウンでは「自然」についての話は豊富です。まずは、ケープタウンの象徴「テーブルマウンテン」。街中から、ただ、クリアに見えただけでも話題になります。「Wow! What a nice scenery!(何て素晴らしい風景なんだろう!)」と言った切り口で話しかけてみるのも良いですね!

2.天気の話は万国共通

ケープタウンでは、その日が曇りで雲がかかっていたら「table cloth(テーブルクロス)」と表現され、それがゆっくり流れ落ちるようなら「cascading clouds(滝のような雲)」と表現されます。また、木々がまっすぐ立てないような強風は「cape doctor(ケープドクター)」と表現されます。

cascading clouds

「南大西洋から吹く風は暖かいけどインド洋から吹く風は冷たい」とか、「ケープタウンは天気がすぐ変わるから傘を持ちなさい」なんて話を現地のケープトニアンから教えてもらったこともあります。天気の話は、万国共通で会話の入り口として使えますね。

スポンサーリンク

3.ケープタウンで人気のスポーツとは?

スポーツの話題も万国共通ですね。ただし、南アフリカはイギリスの植民地だったため、日本ではあまり目にしないスポーツがメジャーです。野球はもとよりサッカーさえあまり目にしません。

ケープタウンで人気のスポーツはクロケット。五日間にわたるゲームをこの国の人は愛しています。筆者は全くルールすら分からないので何とも言えないのですが、逆に質問することによって会話のきっかけにもなるでしょう。

あとは、去年W杯で日本が南アフリカチームに勝利したため知名度が少し上がったラグビー。スポーツバーで一緒に盛り上がれば急に一体感が湧きますね。

まとめ

いかがでしょうか。外国人同士が集まれば話題も大きくなるし、現地のケープトニアンは陽気で親切。日本人も少ないので英語力が伸びるのは間違いなしです!是非ケープタウンに来てチャンスがあれば色んな人とコミュニケーションを取ってみましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2817 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5878 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3093 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4907 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Meg.K
Meg.K

全くケープタウンに無知なまま、英語もままならないまま住んでしまっている元美容師。写真、お花、お酒、大好きなものがたくさん詰まったこの街にワクワクが止まらず。黒人さんたちのオシャレさに毎日ドキュンとしている。