朝早くから夜遅くまで開いていて便利♪ロンドンのおしゃれカフェ「Muriel's Kitchen」

2095

View

Muriel's Kitchenの公式Facebookページ

おしゃれな街ロンドンには、おしゃれなカフェももちろんたくさんあります。ここでは、朝早くから夜遅くまで開いていて、ちょっとした休憩にふらっと立ち寄るのに便利な「Muriel's Kitchen」をご紹介します。

スポンサーリンク

「Muriel's Kitchen」って?

お惣菜がたくさん並ぶMuriel's Kitchenのカウンターの様子
Muriel's Kitchenの公式Facebookページ

「Muriel's Kitchen」は、ロンドンのSOHOとリッチモンドの2箇所に店舗を構える「おしゃれカフェ」です。

「おしゃれ」とはいいましたが、とにかく店内の装飾にこだわりが満載。そしてもちろん出てくる「おしゃれ」料理は、見た目にもお腹にもとっても美味しい。さらに朝早くから夜遅くまで開いていて、「ちょっと小腹が空いたな」「なんか甘いもの食べたいな」なんていうときにもとても便利なお店なんです。

お店の外観
Muriel's Kitchenの公式Facebookページ

「Muriel's Kitchen」SOHO店の詳細情報

住所:36 - 38 Old Compton Street, London
電話:020 7434 0111
時間:月〜土曜:8:00am - 11:30pm 日曜 9:00am - 10:30pm
最寄りの地下鉄駅:Leicester Square
URL:http://www.murielskitchen.co.uk/

こだわりの「おしゃれ」なインテリア♪

ブランコ席
Muriel's Kitchenの公式Facebookページ

SOHOのお店は、「メルヘン」「レトロ」がテーマ。天井からぶら下がるブランコ席や、壁や天井に飾られたたくさんの植物などは、まさに「メルヘン」。そして、少し錆びたような食器や装飾品、木との切り替えで床に敷いてあるブルーのタイルなどが、まさに「レトロ」な雰囲気なんです。

さらに奥へ進むと、店内の中に更に別の建物の一部が入ったような(?)ユニークな建築が目に入ります。

ユニークなデザインの店内

このようにたくさんの装飾があるわりには、落ち着いた木の色、グリーンブルー、白などを基調としているので、インテリアがうるさくなりすぎずにほどよくマッチ。店内はほっこり落ち着ける雰囲気です。

スポンサーリンク

もちろん料理も「おしゃれ」で美味しい♪

朝食サンドイッチ

(わたしが 今回注文したベーコン、卵、チーズと野菜の朝食サンドイッチ。それぞれの食材がフレッシュで、カリカリのパンとの相性が抜群。卵は調理の仕方が選べます。)

もちろん、「Muriel's Kitchen」は、装飾だけが目玉じゃありません。料理もと〜っても美味しいんです。

まず、さきほどもご紹介したように、「Muriel's Kitchen」は朝食の時間から夜のおつまみ時間(?)まで、長い時間営業しています。

イングリッシュ・ブレックファースト
Muriel's Kitchenの公式Facebookページ

朝食には、ザ・イギリスな雰囲気がこれ一皿で楽しめてしまう「イングリッシュ・ブレックファースト」や定番「ソーセージバゲット」などがおすすめ。朝食メニューは、毎日お昼までの提供です。

ランチには、種類豊富な「サンドイッチ」やヘルシーな「スープ」「サラダ」などが登場。また、店内入ってすぐのカウンターで、パンやキッシュ、スイーツなども選ぶことができます。

夜のメニューは、ちょっとしたおつまみから、がっつり系のラザニアまで、たくさん取り揃えています。夜のスイーツメニューも充実しているので、スイーツ好きな方にはぜひ「夜のスイーツ」が食べられるお店としておすすめです。メニューは毎月変わるので、ウェブサイトをチェックしてみてください。

まとめ

Muriel's Kitchenの店内

朝早くから夜遅くまで開いていて便利な、ロンドンのおしゃれカフェ「Muriel's Kitchen」をご紹介しました。ロンドンで「朝食」「ランチ」「一休み」「夜のスイーツ」をお探しの際は、ぜひこちらに足を運んでみてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。