ミルクの量で呼び方が変わる?スペインのコーヒーの種類4選

1797

View

スポンサーリンク

スペインのバルでコーヒーを注文する際、メニューの種類が多すぎてよく分からない!なんてことはありませんか?コーヒー消費大国のひとつであるスペインでは、コーヒーの飲み方もさまざまで、エスプレッソにどのくらいミルクを入れるかで名前が変わってきます。そこで、ここではスペインのバルで使えるコーヒーの呼び名をご紹介します。

スポンサーリンク

Café Solo(カフェ・ソロ)

Café Solo(カフェ・ソロ)

「Café Solo(カフェ・ソロ)」は、ミルクなしのエスプレッソを意味します。砂糖を溶かしていっきに飲むのがスペイン流。シャキっとしたいときにはこれ!

Café cortado(カフェ・コルタード)

Café cortado(カフェ・コルタード)

「Café cortado(カフェ・コルタード)」は、エスプレッソに少しだけミルクを足したものになります。カフェ・ソロをそのまま飲むには苦いと感じる人におすすめ!

スポンサーリンク

Café con leche(カフェ・コン・レチェ)

Café con leche(カフェ・コン・レチェ)

「Café con leche(カフェ・コン・レチェ)」は、エスプレッソとミルクが1対1の割合で混ざったものになります。濃厚なエスプレッソをミルクで割っているので、日本のコーヒー牛乳とは一味違います。

Café manchado(カフェ・マンチャード)

Café manchado(カフェ・マンチャード)

「Café manchado(カフェ・マンチャード)」は、ミルクに少しエスプレッソを入れたものになります。「Manchado(マンチャード)」は「染みのついた」という意味で、ミルクに染みをつける程度のコーヒーを加える、という意味になります。

ミルクの量だけじゃない?温度だって選べます!

コーヒーにミルクを入れるバリスタ

猫舌な人が多いスペインでは、ミルクの温度も選べます。熱々のミルクが欲しい人は「Leche Caliente(レチェ・カリエンテ)」、熱いのが苦手な人は常温を意味する「Leche Temprano(レチェ・テンプラーノ)」と頼んでみましょう。

まとめ

スペインのコーヒーの種類についてご紹介しました。実際に飲み比べをしてみるのも面白いかもしれませんね。

ちなみに、コーヒーよりもビール党の方は、『定番からお手頃価格な銘柄まで!スペインのビール10選』の記事でスペインのビールをご紹介していますので、ぜひ読んでみてください!

「1週間の留学」を無料プレゼント中(12/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談