タイのスーパースター「Tidsadee Sahawong」が突然の死…その原因は?

4957

View

Tidsadee Sahawong Facebookページ

つい先日タイの俳優の Tidsadee Sahawong (ティッサディー サハーウォン。通称 ポー) が亡くなるというニュースが流れ今も人々の話題になっています。亡くなった事は大変残念なニュースですが、その理由も大きな話題となっています。

スポンサーリンク

スーパースター 突然の死

彼が亡くなったのは2016年の1月18日。このニュースは様々なメディアにより、すぐにタイ中に広がりました。彼はまだ37歳であり残された2歳の娘さんと奥さんにも同様に同情の声が寄せられています。

彼が亡くなった原因は蚊から媒体される「デング熱」でした。蚊に刺される事により発症する病気は幾つかありますがデング熱は致死率も非常に低く死亡するケースは稀です。

実は彼がデング熱にかかったのは最近ではなく数ヶ月前でした。しかし本格的に入院することになったのは2015年11月から。感染症の悪化により左足首から下の部分の切断を余儀なくされた上に呼吸器官の異常と出血など合併症による様々な症状がありました。必死の治療も行われましたが最終的にポーは帰らぬ人となってしまいました。死後に彼の遺体は本人の意思により献体されました。

過去に一度デング熱を発症した事があった

デング熱とは蚊を媒介として感染するウイルス性の病気でありワクチンなどの予防法も未だないため発症した場合は対症治療になります。通常は感染後に頭痛・発熱・筋肉痛・発疹などの症状が起こりますが一週間程度で症状が回復すると言われています。デング熱には4種の型があり通常は発症後に治療をすれば致死率は1%程度と非常に低いです。しかし異なる型に続けて感染すると重度の合併症を引き起こす危険性があります。

実は彼は以前にも一度デング熱にかかったことがあり今回は二回目の発症でした。しかも前回とは違う二種という型にかかったために重症になり死亡するという最悪の結果に至ってしまったのです。

スポンサーリンク

なぜデング熱に感染したのか?

彼の家の周りには蚊が多かったようですが定期的に害虫駆除も入っていました。しかし彼の近所の家の人々も数人感染していたという報告があり近辺にデング熱のウイルスを持つ人がいたということも考えられます。蚊を媒介としてる以上は確実な感染経路を確定することは出来ませんが、一度かかったことがある以上予防には気をつけなくてはならなかったと思います。

予防法は?

残念ながら今現在デング熱に対するワクチンがないため確実な方法はありません。そのため蚊に刺されないようにスプレーなどを使用したり、蚊の多い場所では出来るだけ露出のない服装を着用するなど通常の予防法しかありません。日本と違い年中蚊が生息するタイではたかが蚊による虫刺されだからとは考えずに予防策や対処法など十分に注意して生活する事も大事です。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • ニュース
  • 病気
  • Tidsadee Sahawong
  • デング熱
  • ティッサディー サハーウォン

この記事を書いた人

Namyam
Namyam

タイ在住。タイの南部からバンコクに引っ越してきました。お寺巡りとプラクルアン集めが趣味。休暇はタイの南の島でシュノーケリングするのがお決まりの過ごし方。