タイの美容室に挑戦!ヘアサロンで必要なタイ語フレーズ5選

3122

View

Daniel Lobo

近年は多くの日本人が仕事などでタイにやって来る様になり、それに伴い日本人専門のサービスも増えてきています。バンコクでは日本人美容師駐在のヘアサロンも多く見られますが、こういったお店は日本とそう変わりない値段になるのでタイの物価に慣れると高く感じてしまいます。せっかくタイに来たならタイ語を覚えてタイのヘアサロンに挑戦してみませんか?

スポンサーリンク

はじめに

タイ語の基本として文章の語尾に女性は「ka(カー)」、男性は「krap(カップ)」とつけましょう。日本で言う丁寧な言い方になり印象が良くなります。

1.髪をカットしたいのですが

「髪をカットしたいのですが」はタイ語で「มา ตัด ผม ค่ะ(ครับ) /Maa tad pom ka (krap) / マー タッ(ド)・ポム・カー」と言います。カットしたいと伝えればまずはシャンプー台に案内してくれるでしょう。

2.髪をすいてください

「髪をすいてください」はタイ語で「ไลด์ ผม ให้ บาง หน่อย ค่ะ(ครับ) / Slice pom hai baan noi ka (krap) / スライ・ム・ハイ・バーン・ノイ・カー(カップ)」と言います。毛先を少し軽くしたい時に言いましょう。

スポンサーリンク

3.髪を1インチほどカットしてください

「髪を1インチほどカットしてください」はタイ語で「ตัด ผม ออก ประมาณ 1 นิ้ว หน่อย ค่ะ(ครับ) / Tad pom ook praman nung new noi ka (krap) / タッ(ド)・ポム・オォク・プラマン・ヌンニウ・ノイ・カー(カップ)」と言います。

タイでは大まかなサイズを伝える時はセンチよりインチの方が伝わり易いです。具体的な数字を言わなくても指で長さを示せば分かってもらえますが、1インチがどれ位か自分の指の長さで覚えておくといざという時に役立ちます。

4.この写真のようなパーマをかけたいです

「この写真のようなパーマをかけたいです」はタイ語で「อยาก ดัด ผม แบบ รูป นี้ ค่ะ(ครับ) / Yhak dat pom beb ruop nee ka (krap) / ヤーク・ダット・ポム ベッブ・ループ・ニー・カー(カップ)」と言います。予め写真を用意しておいてそれを見せて伝えれば相手もプロなので上手くやってくれるでしょう。

5.カラーリングをしたいです

「カラーリングをしたいです」はタイ語で「อยาก ได้ สี / Yhak dai sii / ヤーク・ダイ・シー」と言います。美容室には大抵色のサンプルがあるのでそれを見せてもらって伝えましょう。

最後に

髪の量や長さで値段上下しますが、個人の美容室であればカットが100〜200バーツ、パーマが1000〜1500バーツ程度の値段でしょう。これがデパートの中にある美容室になると大体この倍ほどの値段になります。良いお店や美容師さんというのは口コミで広がるので普段から情報を集めておくといいでしょう。

ちなみに筆者のいつも行くお店は始め友人から評判を聞いて訪れたのですが、商店街の一角の小さなお店なのに絶えずお客さんが出入りしていました。こういう部分もお店の良し悪しを見極めるポイントになりますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学にクレジットカードは必須?留学におすすめのクレジットカード

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 4054 view
  • オーストラリア留学で喜ばれたオススメお土産8選

    お土産は「ホストファミリーとの話題作り」「友達とのコミュニケーションのきっかけ作り」など様々なシーンで効果を発揮します。初めての留学、初めてのホームステイであると、どんなお土産が良いのか考えてしまいますよね。今回は僕のオーストラリア留学の経験を元に、海外で人気のお土産を紹介します。

    Shun 5818 view
  • 留学で保険の加入は必要?留学・ワーキングホリデーにおすすめの保険

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな留学やワーキングホリデーの保険についてご紹介します。

    運営チーム 3308 view
  • wwwは日本だけ?外国人にチャットで「(笑)」を伝える方法

    私にとって初めてできた外国の友達はベトナム人でした。彼女とSNSでチャットを楽しんでいて、いつも(笑)と表現しているところを、思わず「www」って打ってしまったんです。でもこれは日本のネットスラング。もちろん海外では通じません。ベトナムの友達からは「ウェブサイトのwww(ワールドワイドウェブ)?」と聞かれてしまいました(笑)。今回は外国人に「(笑)」の気持ちを伝える方法をご紹介します。

    きりん 7775 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Namyam
Namyam

タイ在住。タイの南部からバンコクに引っ越してきました。お寺巡りとプラクルアン集めが趣味。休暇はタイの南の島でシュノーケリングするのがお決まりの過ごし方。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!