ミュンヘンで食べたい!地元っ子に人気のスイーツ7選

3511

View

「ドイツの美味しいもの!」といえばソーセージやビールがとても有名ですが、たくさんの美味しいスイーツがあるってご存知ですか?ぜひ知っておきたいドイツ・ミュンヘンのスイーツをご紹介します。

スポンサーリンク

1.素朴な味が魅力のドイツケーキ

ドイツケーキ

Kuchen(クーヘン)とよばれるチーズケーキやチョコレートケーキ、Torte(トルテ)とよばれるフルーツタルトなど、とても種類が豊富なドイツケーキ。1カットがとても大きく、甘さ控えめ。そして、昔ながらのカフェで提供されるときはたっぷりの生クリームが添えられ、フォークをグサッと!が定番のスタイルです。素朴な味わいが魅力で、ケーキ屋さんやカフェだけでなく、パン屋さんでも買うことができます。

2.ドイツっ子の定番お菓子「HARIBO」

HARIBO

ドイツから日本へのお土産としても大人気のグミ「HARIBO」。さすがドイツ生まれのお菓子とあって、スーパーマーケットには必ずズラリと種類豊富に並んでいます。「HARIBO」は日本で購入することもできますが、実はドイツで売られているものと日本で売られているものとでは、製造場所が違うのです。ドイツの「HARIBO」は日本のものより硬めで、幼い子ども達の歯固めとしても食べられているのだそう。ドイツでしか食べられない食感の「HARIBO」、グミ好きの方はぜひお試しあれ!

3.春から夏期間限定のお楽しみ!アイス

アイス

夏は、手軽に食べられるアイスが大人気!ドイツのアイスクリーム屋さんは、期間限定でオープンするのが一般的です。毎年3月ごろになると街中のさまざまなところで「EIS Cafe(アイスカフェ)」が営業を開始し、アイスをほおばりながら街を歩く人の姿をよく見かけるように。さまざまな味から選べるアイス(お店によっては、黒ごまや抹茶のアイスもあるんですよ♪)は、「EIS Cafe」のテラス席でいただくこともできますが、オススメはお持ち帰り。シングルだと1~1.5ユーロという安さなので、毎日でも食べたくなってしまいます。なお、「EIS Cafe」は9月には次々と閉店していく(そして空いたお店には、冬季限定のお店が入ったりもします)ので、食べ逃さないようご注意を!

4.隠れ名物!? 「Schmalznudeln(シュマルツヌーデルン)」

Schmalznudeln

地元っ子には大人気なのに、ドイツを訪れる日本人にはあまり知られていないスイーツ。それが「Schmalznudeln(シュマルツヌーデルン)」とよばれる、円盤型の揚げパンです。ミュンヘン市内の中心地には揚げたてを食べられるお店もあり、その人気ぶりは土曜日には行列ができるほど。揚げたてのSchmalznudelnはサクッとモチッと食感。ボリュームもあるので、ランチ代わりにもオススメです。

スポンサーリンク

5.クリスマスシーズンにじっくり味わうシュトレン

シュトレン1

毎年10月頃からお店に並びはじめるのが、クリスマススイーツの代表「Stollen(シュトレン)」。ドイツの家庭では、クリスマスの4週間前(第1アドベント)の頃からクリスマスにかけて、少しずつ味わうのだそう。ここ数年日本でもだいぶ馴染みのあるクリスマススイーツになってきたStollenですが、本場の味はぜひとも味わっておきたいところ。マジパン入りなど、日本とはまた少し違ったテイストを楽しめます。

シュトレン2

ちなみに、ミュンヘンでいただくイチオシのStollenは、高級デリカテッセン「Dallmayr(ダルマイヤー)」のゴールドパッケージタイプです。高級デリカテッセンというだけあって、留学生のお財布にはツライ、なかなかのお値段…。ですが、クリスマスが終わると途端に半額まで値下がりするので、ぜひタイミングを狙って一度お試しください。

6.ドイツのお母さんの味。クリスマスクッキー

クリスマスクッキー1

ドイツでは、クリスマスの季節になると各家庭でクリスマスクッキー「Plätzchen(プレッツヒェン)」を焼きます。日本ではお正月におせち料理を用意するように、ドイツではお母さんたちが数日間かけていろんな種類のクッキーを焼き上げ、家族の帰省を待ちわびるのだそう。

クリスマスクッキー2
クリスマスクッキー3

星形のシナモンクッキーをアイシングでコーティングした「Zimtsterne」や、アーモンドの粉をたっぷり使った三日月形のバニラクッキー「Vanillekipferl」など、“クリスマスクッキーといえば、この種類が入ってなくっちゃ!”という定番が決まっています。スーパーマーケットやパン屋さんでも、数種類がセットになったPlätzchenが売られているので、ぜひお試しあれ。

クリスマスクッキー4

Vanillekipferl専用型も売っているので、自分で手作りに挑戦するのも◎

7.カーニバルシーズン定番おやつ。クラプフェン

クラプフェン

バイエルン地方で「Krapfen(クラプフェン)」とよばれている、アプリコットジャム入りのドーナツです。パン屋さんなどで年間を通して買うこともできますが、クリスマスやお正月が終わり、いよいよカーニバルが近づいてくると、Krapfenがパン屋のメイン商品に!チョコ味やナッツでコーティングされたものなど、日頃は見かけない味のKrapfenも登場し、カーニバルの季節の到来を感じさせてくれます。ちなみにこのKrapfen、ベルリンをはじめとするほかのエリアでは「Berliner(ベルリナー)」という名前で親しまれているんですよ。

まとめ

いかがですか?1年を通して楽しめるものから、季節限定のものまで。そして、日本でも知られているものから、あまり知られていないものまで…。目移りしてしまうほど豊富な種類のドイツ・ミュンヘンスイーツ、ぜひ味わってみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3021 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4240 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1150 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1678 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

ツマ
ツマ

フローリストマイスターをめざして脱サラ留学生になったオットとともに、ただ今ドイツ生活奮闘中。南ドイツのミュンヘン・フライジングの情報をお届けします!

http://otto33.hatenadiary.com/