バンクーバーのお勧めジョギング・ウォーキングコース4選

3089

View

「健康志向、ナチュラル志向、アウトドア志向の街」バンクーバーでは、ジョギングやウォーキングなどのアクティビティを日課にする人がとても多いです。今回は、そんなVancouverites(バンクーバーっ子)に人気のジョギング、ウォーキングコースを4つほどご紹介します。

スポンサーリンク

1.English Bay

English Bay

ダウンタウンのウエストエンドにある「English Bay周辺」は個人的には特にオススメ。私は去年からEnglish Bay近くに住んでいますが、美しい朝日、夕日、泊められたボートや船…の素敵な景色は、毎日見ても飽きることはありません。

ローカルの間でもダントツに人気のジョギング、ウォーキングコースであることは間違いなし。歩行者用と自転車用のレーンが分かれているので、子供連れでも安心です。特に休日はたくさんの人で賑わいます。

2.Stanley Park

Stanley Park

バンクーバー市民の憩いの場「Stanley Park」。English Bayと北の方でつながっています。English Bayと同様に、歩行者用と自転車用のレーンが別々に整備されています。

片側に海、もう片側に生い茂る木々を見ながらマイナスイオンの相乗効果?で、ジョギング、ウォーキングコース中も心が癒されそう。Stanley ParkのSeawallの外周は全長8.8キロ。体力がある人にオススメです。

スポンサーリンク

3.Fairviewエリア

Fairviewエリア

Skytrain(Canada Line)のOlympic Village駅で下車して北に5分ほど行くと、海に面したSeawallに出ます。高級住宅エリアでもあるFairviewエリアは、それほど混雑がなく落ち着いた雰囲気で、コーヒーを片手に散歩するローカルの姿をよく見かけます。ジョギングやウォーキングの後は、近くのCharleson Parkで休憩するのも。

4.Kitsilano Beach

Kitsilano Beach

バンクーバー屈指のお洒落スポット「Kitsilano(通称Kits=キッツ)」。特にKitsilano Beach Park周辺は、ビーチ沿いに屋外プール、カフェ、レストラン、ビーチバレーのコートなどがあり、天気の良い日にはたくさんの人で賑わいます。そんなキッツにも、素敵なジョギング、ウォーキングコースがあります。

ジョギング、ウォーキングする人も多数。ただ潮が満ちているときは、Kits Beachから西の方のビーチへのアクセスが難しくなることもあります。その際は引き返しましょう(笑)。

まとめ

美しい海に面し、海岸線が続く街、バンクーバー。海を見ながらジョギングやウォーキングを楽しめるのも "バンクーバーならでは" です。ぜひバンクーバーが誇る海沿いウォーキング、ジョギングコースで、ローカル気分を味わってみてはいかがでしょうか。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3584 view
  • これってイギリスあるある?イギリス生活でちょっとビックリしたこと5選

    外国に住む限り、どこの国へ行ってもちょっとビックリするようなことがあります。ここでは、私がイギリスに引っ越してきて、ちょっとびっくりしたことを5つご紹介します。

    eplm 4598 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3012 view
  • 今年アメリカで最も売れた本は?バーンズ&ノーブルのベストセラー10位

    紙の本が売れないといわれて久しいですが、アメリカでは年間約30万冊の本が発行されています。新刊の発行点数は、人口1万人に対して9.6冊。日本では1万人に6.1冊なので、人口当たりの新刊発行点数はアメリカの方が多いのです(※註1)。そんなこの国で、今年最も売れた本はなんだったのでしょうか。書店最王手のバーンズ&ノーブルのベストセラーランキング(※註2)をご紹介します。

    美紗子 5936 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。