バンクーバーからお勧めの旅行先!海とサーフィンの街「トフィーノ」3泊4日

3632

View

バンクーバーの西側、バンクーバー島にある小さな街「トフィーノ」。ここでは、サーファーたちのメッカとしても知られる海の街「トフィーノ」への小旅行についてご紹介します。

スポンサーリンク

トフィーノってどんなところ?

トフィーノのビーチで出会うことができる海鳥たち

トフィーノ(Tofino)は、バンクーバーから見て西側、バンクーバー島の北西に位置する小さな街です。周辺には散り散りになった多くの島が浮かび、何とも神秘的な雰囲気。これらの島々(国立公園)には、今でも手付かずの自然が残されています。

トフィーノは、新鮮な魚介類、たくさんの野生動物、美しい景色と大自然、様々なアクティビティが楽しめる、バンクーバー島のパラダイス。小さな街はリラックスした雰囲気で、人々はとてもフレンドリーです。また、太平洋に面したどこまでも続く海岸線は、絶好のサーフィンポイントとしても人気を集めています。

トフィーノへのアクセス

バンクーバーからトフィーノまでは、フェリーと車を使ってアクセスすることになります。ブリティッシュコロンビアの州都ビクトリアを経由する方法もありますが、ここでは、私の使ったナナイモ(Nanaimo)経由のルートをご紹介します。

  1. バンクーバーのダウンタウンから、バス(257または250番)に乗車
  2. ノースバンクーバーのHorseshoe Bayフェリーターミナルで下車
  3. ナナイモ行きのフェリーに乗車
  4. ナナイモで予約しておいたレンタカーを借りる
  5. トフィーノまでドライブ(約3時間)

※バンクーバーからレンタカーして、車ごとフェリーで移動する方法もありますが、フェリーの乗用車チャージが片道50ドルほどかかるので、ナナイモで車を借りた方がお得なことが多いようです。

トフィーノの宿泊施設

ビーチに面した宿泊施設「Ocean Village」です

トフィーノには、ビーチ沿いのコテージ、ホテル、ホステル、B&Bなど、数はそれほど多くはありませんが、様々なタイプの宿泊施設があります。特に、Mackenzie Beachというビーチに面したOcean Villageというコテージは、夏のピークシーズンの値段は少々お高めですが、海の目の前という抜群のロケーション。

予算をあまり割けなかった私は、Tofino Trek Innという小さなB&Bに泊まりました。こちらのお勧めポイント、特徴などは、『バンクーバー・ビクトリアからの小旅行!トフィーノでお勧めのB&B「Tofino Trek Inn」』の記事でご紹介しています。

スポンサーリンク

トフィーノのグルメ

新鮮な魚介類もトフィーノの魅力の一つ

海の街トフィーノの自慢は、何と言っても新鮮な魚介類!フレッシュな食材を使った各種グルメが楽しめます。

私は、バンクーバー島で一番とも称されるタコスのお店「Tacofino」、毎朝7時から営業している便利なベーカリー「Common Loaf Bakery」、今年(2015年)オープンしたばかりのおしゃれな日本食レストラン「Kuma」に行ってみました。これらのレポートは、『海の街「トフィーノ」お勧めレストラン3選!バンクーバーからリゾート旅行に!』の記事をご覧ください。

トフィーノでできるアクティビティ

スタンドアップパドルボードの様子

海の街トフィーノでは、以下のアクティビティが楽しめます。

  • ハイキング、トレッキング(ツアー有り)
  • カヤック(レンタル、ツアー有り)
  • パドルボード(レッスン、レンタル有り)
  • サーフィン(レッスン有り)
  • 釣り
  • ゴルフ
  • ホエールウォッチングツアー
  • ベアーウォッチングツアー
  • 天然温泉ツアー
  • 水上タクシーツアー

私は、ハイキング、パドルボード、天然温泉温泉ツアーに参加しました。アクティビティについては、『バンクーバーからの小旅行!トフィーノで絶対おすすめのアクティビティ「Hot Springs Tour」』の記事で詳しく説明しています。

まとめ

世界中たくさんの街を旅行してきた私ですが、トフィーノは思い出に残るとっても素敵な街でした。バンクーバーやビクトリアに滞在する方には、ぜひぜひトフィーノにも足を伸ばして欲しいと思います。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4242 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1191 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。