【VERSANT対策】テスト内容・勉強法・おすすめ教材3選を紹介!

2098

View

スポンサーリンク

VERSANTを受験するか迷っている人、テスト対策や勉強法で悩んでいる人向けに疑問点にお答えします。
VERSANTの対策に必要なテスト内容、採点基準、試験時間といった詳細もまとめて紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

  • VERSANTってどんなテストなの?
  • 効果的な対策や勉強法がわからない
  • 申し込み方法や費用は?

と、VERSANTについてわからないことはありませんか?
本記事では、テスト内容から申し込み方法、英語力アップの勉強法までを紹介します。

本記事でわかること

  • VERSANTの詳細
  • 採点基準・対策
  • おすすめ勉強法

VERSANT(ヴァーサント)とは

VERSANT公式サイトのスクリーンショット

イギリスのPearson社が開発したテストで、日本では日本経済新聞社が提供しています。
200以上の企業や教育機関が導入しており、英語力の指標のひとつになっています。

リーディング力やリスニング力を主に測定するTOEICとは異なり、VERSANTではスピーキング力やリスニング力を測ることが特徴です。

ほかの英語テストとなにが違うの?

ビジネスパーソン向け

より実践レベルで使用できる英語力を測るため、ビジネスパーソンが英語レベルを調べるのに向いているテストです。

AIによる自動採点

AIによる自動採点なので、受験後に結果がでます。現在の英語力がすぐに確認できるのは、TOEICやIELTSなどとは違う点です。

オンラインで受験可能

パソコンで受験でき、試験会場に行く必要がないため、気軽に英語力を判定できます。

VERSANTはどんな人が受験すべき?

VERSANTは国内外のグローバル企業が導入しており、英語のスピーキングやリスニングといったコミュニケーション力を測ることから「英語スピーキングテスト」とも言われています。

  1. 今後、海外とのやり取りや駐在を視野に入れている人におすすめだよ

    キリン先輩
  • ビジネスの場面での英語力の証明になる
  • 外資系企業への転職の際に使える
  • グローバル人材の指標のひとつ

外資系や海外とのやり取りがある企業では、TOEICの点数だけでなく、実践で必要なスピーキング力を測るためにVERSANTの受験を促している会社もあります。

  1. ペンギンちゃん

    試験時間が短く、すぐに結果が分かるVERSANTは、現在の英語レベルを知りたい人にもおすすめ!

VERSANTのテスト内容は?

VERSANTの主なテストはスピーキング、ライティング、プレスメント(総合)です。
スピーキングとライティングのセットもあり、合計4種類から受験テストを選べます。

種類1:スピーキングテスト

試験時間20分、問題数63問のテストです。

  • Aパート:音読8問
  • Bパート:復唱16問
  • Cパート:質問24問
  • Dパート:文の構築10問
  • Eパート:ストーリーリテイリング3問
  • Fパート:自由回答2問

種類2:ライティングテスト

試験時間35分、問題数42〜43問のテストです。

  • Aパート:タイピング1問
  • Bパート:空欄補助20問
  • Cパート:ディクテーション16問
  • Dパート:文章再構成4問
  • Eパート:Eメール記述1〜2問

種類3:プレイスメントテスト

4技能であるスピーキング力、リスニング力、ライティング力、リーディング力を総合的に測定します。
試験時間は50分間、問題数81問。

  • Aパート:音読2問
  • Bパート:復唱16問
  • Cパート:文の構築10問
  • Dパート:会話12問
  • Eパート:タイピング1問
  • Fパート:空欄補助20問
  • Gパート:ディクテーション16問
  • Hパート:文章再構成3問
  • Iパート:要約と意見1問
  1. より詳しい内容は公式サイトの「テストの種類」に記載されているよ

    キリン先輩

受験方法・試験時間

ここではVERSANTの受験方法、準備物、試験時間をまとめています。

受験方法

下記より選択して受験するため、試験会場に行く必要はありません。

  • ウェブブラウザ
  • ソフトウェアインストール
  • スマホアプリ(スピーキングテストのみ対応)

試験に必要なもの

  • コンピュータ
  • マイクロフォン付USB接続のヘッドセット(ライティングテストはヘッドフォンで可)
  • TIN(8 桁の受験番号)

試験時間

  • スピーキングテスト:20分
  • ライティングテスト:35分
  • プレイスメントテスト:50分

申し込み方法・費用

販売代理店の「株式会社ディスコ」または「株式会社ドリームブロッサム」のウェブサイトから申し込みします。

スマホアプリ、ウェブブラウザ、ソフトウェアインストールから受験方法を選び、申し込みをします。スピーキングテストのみ、スマホアプリで受験が可能です。

支払い後に受験番号が届きます。受験時に受験用URLまたはスマホアプリから受験番号を入力し、テストを開始します。

受験費用

  • Versant Speaking Test:5,500円(税込)
  • Versant Writing Test:4,400円(税込)
  • Versant Placement Test:7,700円(税込)
  • Versant Speaking & Writingセット:8,800円(税込)

結果・英語レベル・スコアの目安

VERSANTを受験するにあたって、採点基準や目標とする英語レベル・スコアを知っておくことが大切です。

  1. ペンギンちゃん

    公式サイトの「スコアレポート」からサンプルの結果が見れるよ

結果表示方法

下記の4つのサブスコアを基準に採点され、20点〜80点でスコアがでます。総合点のほかにサブスコアそれぞれにも点数がつきます。

採点基準(サブスコア)

  • 文章構文
  • 語彙
  • 流暢さ
  • 発音
  1. 各サブスコアの点数だけでなく、レベルアップに向けたアドバイスも記載!

    キリン先輩

留学に必要なレベル

VERSANTは主にスピーキング力を測るテストのため、留学に必要なレベルが教育機関で定められていないことが多いです。

一般的にVERSANT59〜75点は、海外の大学入学や就労ビザに必要とされる目安のIELTS5.5〜6.5に相当すると言われています。
また、英語圏で生活するのに必要なレベルは45点程度、日本人の平均スコアは38点です。

就職に必要なレベル

VERSANTが定める海外赴任にチャレンジするのに必要なスコアは、47点だと定めています。
しかし、円滑に業務を進めるにはそれ以上のスコアが望ましく、ネイティブと交渉できる目安は60点以上です。

スコアの目安

下記は公式サイトの「スコア活用法」から抜粋。ヨーロッパで使用されている言語レベルの指標であるCEFRを基準としたスコアの目安を記載しています。

VERSANT38点

日本人の平均スコアは38点です。38点はCEFRのA2に分類され、基本的な情報(仕事や経歴、家族、余暇など)について述べることができるレベル。

VERSANT47点

海外赴任を目指す目安は47点以上です。47点はCEFRのB1に分類され、身近な事柄について伝えたいことの要点を包括的に述べることができるレベル。

VERSANT60点

ネイティブと円滑に仕事するには60点以上が好ましいです。60点はCEFRのB2に分類され、大きな負担を感じさせずに、情報や視点を明確に述べることができるレベル。

VERSANTのテスト対策

オンラインで受験できることから特殊な部分もあるため、まずはVERSANTの形式に慣れることが一番のテスト対策です。

対策1:事前にテスト形式・内容を確認する

先ほど紹介したテスト内容を確認し、音読や質問といったパートごとに要点をまとめる対策法をお勧めします。

30秒以内に回答する、音声を聞いた後に発話する、タイピングをするなど、細かい形式があるので事前にどういった回答形式なのか確認しましょう。

  1. ペンギンちゃん

    ライティングテストでは時間内に長文を入力するパートがあるから、タイピングの練習もしたほうがいいみたい

対策2:最低1度はサンプルで練習する

公式サイトに各テストのサンプル問題があるので必ず試しましょう。
問題ごとに制限時間が設けられているため、実際のテストに近いサンプル問題を解くことで時間の感覚が把握できます。

また、得意なパートと苦手なパートがわかり、重点的に対策する場所を明確化できます。

  1. 解答に時間がかかってタイムオーバーになってしまった...ってこともあるから気をつけてね

    キリン先輩

VERSANTのおすすめ勉強法

ここでは効果があるおすすめの勉強法(メソッド)を紹介します。

勉強法1:オーバーラッピング

スピーキングのAパート(音読)は事前に内容が開示されるので、完璧に練習しましょう。内容は受験番号と一緒に知らされます。

ただ音読をするのではなく、文章を見ながら音声と一緒に音読するオーバーラッピングを取り入れるとより効果的です。
リスニングを鍛えることで知られていますが、効果のひとつに「発音と会話のリズムが身につく」があり、スピーキングの向上も期待できます。

オーバーラッピンのやり方や具体的な効果については「リスニングが伸びる?オーバーラッピングの効果・やり方を大解説」をぜひ参考にしてください!

勉強法2:チャンク

スピーキングテストでは「流暢さ」や「発音」が採点の基準になります。
そのため、英語がスラスラ出てくる状態にするのに効果がある、チャンクを使ったスピーキングの練習方法をおすすめします。

チャンクとは2〜8の単語からなるカタマリのことで、単語ごとではなく、カタマリごとに区切って話す練習ができます。
ネイティブと同じ区切り方で話すトレーニングをすることで、スムーズに話せるようになります。

勉強法3:ディクテーション

ライティングを鍛えるなら、音声から聞き取った文章を書きとるディクテーションがおすすめです。
ライティングテストのGパートにあるため、対策として必ず取り入れたい勉強法です。

また、タイピングの速さを測る問題があるので、パソコンでディクテーションする練習も必要です。

VERSANTのおすすめ英語教材

VERSANTで出題される問題は、ビジネスシーンで使われる内容になっているのでビジネス英語に特化した教材を使用しましょう。

教材1:パタプライングリッシュ

パタプライングリッシュ公式サイトのスクリーンショット

パタプライングリッシュは中級者から上級者向けにつくられており、ビジネス英語のスピーキングに特化した教材です。
パターンプラクティスとチャンクのメソッドをもとに、効率良くスピーキングの練習ができます。

音声だけでも学習できるため、場所にとらわれずにスキマ時間を有効活用できるのもおすすめポイントです。

体験談

  1. レッスンを繰り返すうちに口から出るスピード・瞬発力が早くなってます!

    「最後まで言いたいことを考えてから話す」のではなく、パタプラが提唱している「とりあえず話し始めてからチャンクをつなぎ合わせて話していく」感覚も掴むことができました。

    Mさん

月額制のサブスクリプ形式ではなく、60日間返金保証つきの買い切りの教材です。
公式サイトにサンプルレッスンがあるので、チャンクを使ったトレーニングどういったものか実際に試してみましょう。

パタプライングリッシュ公式サイト

教材2:スタディサプリEnglish

スタディサプリEnglish公式サイトのスクリーンショット

スタディサプリのビジネス英語コースは、リスニングとスピーキングを強化できる内容になっています。
ドラマ式レッスンなので、ビジネス英語初心者でも始めやすい教材です。

ディクテーションやシャドーイングなどの9つのトレーニングができるベーシックプランと、オンライン英会話セットプランがあります。

体験談

  1. Yさん

    勉強の仕方が幅広く、これまでの自宅教材違いました。しっかり話す練習ができる教材です。

    リスニング、リーディングだけではなく、自分の声を録音して聞き直しがでたり、ディクテーション、シャドーウィングができたりするのが意外でした。

    5秒以内に回答するなど時間制限があるので流暢に話せる練習ができ、ゲーム感覚で勉強できるのが楽しいです。

7日間の無料体験があるので、苦手パートが克服できるか実際に試してみるのがおすすめです。

スタディサプリ公式サイト

教材3:Podcast

リスニング力を鍛えるためにPodcast(ポッドキャスト)を聞くのがおすすめです。
英語で聞かれた質問に対して答える必要があるので、VERSANTを攻略するにはリスニング力があることが必須になります。

幅広いジャンルの内容に触れられるPodcastは、スピーキングテストのFパート(自由回答)の話しネタに役立ちます。

App Store
Google Play

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!