【IELTS対策】テスト内容・スピーキング勉強法・おすすめ教材3選を紹介

3067

View

スポンサーリンク

IELTSを受験するか迷っている人、テスト対策や勉強法で悩んでいる人向けに疑問点にお答えします。
IELTSの対策に必要なテスト内容、採点基準、試験時間といった詳細もまとめて紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

IELTSとは

IELTS公式サイトのスクリーンショット

IELTS(International English Language Testing System)は海外留学、研修、海外移住申請の際に必要な英語力の証明書として有効なテストです。

TOEFLに代わる試験としても多くの留学生受け入れの教育機関が採用しています。

140か国、10,000以上の機関が認定しており、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのスキルをまんべんなく測定する試験です。スピーキングセクションは対面での面接試験が採用されています。

どんな人が受講すべき?

  • 英語圏に留学、就職、転職を検討中の人(主に留学)
  • イギリスにビザ申請をする人(留学・就職)
  • カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに移住申請をする人

IELTSは4種類ある

IELTSには4つの種類があり、目的に応じて受験する必要があります。

アカデミックモジュール

英語圏の大学や大学院に入学の際に、レベルの評価に使用されるテスト。留学を考えている人向け。

ジェネラルトレーニングモジュール

学業以外(研修やインターンなど)を希望する人や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへ移住を考えている人が申請の際に受験するテスト。

IELTS for UKVI

イギリスへのビザ申請の際に英語力の証明となるテスト。留学、就労に使用可能。

IELTS Life Skills

イギリスのビザ申請の際にスピーキング力、リスニング力を証明するためのテスト。

IELTSの試験内容

セクションリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4つ
試験時間2時間45分
試験内容リーディング、ライティングはアカデミックとジェネラルで同一内容
受験方法紙と鉛筆で受験する方法(全国15都道府県で実施、毎月4日間程度開催)
コンピュータで受験する方法(東京。大阪で実施、毎月10日間程度開催)
備考スピーキングは別日に試験の可能性があり、受験確認書で要チェック

IELTSの試験スケジュール

IELTSコンピューター版

IELTSコンピューター版のリスニング、リーディング、ライティングはコンピューターを使用します。

パターン1

 
セッション名:AM1
8:20〜8:50IDチェック
9:00〜12:15PCでLRWを受験
13:00〜17:30スピーキングテスト実施時間帯

パターン2

 
セッション名:PM1
9:00 〜13:10IDチェック及びスピーキングテスト実施時間帯
13:30〜16:45PCでLRWを受験

パターン3

 
セッション名:PM2
16:20〜17:20IDチェック及びスピーキングテスト実施時間帯
17:30〜20:30PCでLRWを受験

IELTS for UKVI

IELTS for UKVI(アカデミック・ジェネラル共通)の試験スケジュールです。

8:00〜IDチェック・会場案内開始時間
9:00~12:30LRWを受験
13:00~19:30スピーキングテスト実施時間帯

スピーキングテストは、1Dayセッションの場合のスケジュールです。2Dayセッションの場合は9:30~19:30に実施されます。

スポンサーリンク

結果・英語レベル・スコアの目安

IELTSを受験する前に、採点基準や目標とする英語レベル・スコアの目安を知っておくことが大切です。

結果表表示方法

1.0-9.0まで0.5刻みにバンドスコアが下記の各パートごとに表示されます。

  • リスニング
  • リーディング
  • ライティング
  • スピーキング
  • オーバーオール・バンド・スコア
  1. ペンギンちゃん

    オーバーオール・バンド・スコアってなんのこと?

  1. スピーキング、リーディング、ライティング、リスニングの平均点から割り出した総合評価のことだよ

    キリン先輩

IELTSのスコア例

Speaking4.0
Reading6.5
Writeing5.0
Listening5,0
Overall5.0

平均点が5.125なので、切り捨てでオーバーオールは5.0になります。

留学に必要なレベル

海外留学に必要なレベルは留学先によって異なりますが、多くの機関がオーバーオール・バンド・スコア6.0-6.5を基準としています。

また、各パートごとに基準のスコアが設定されている教育機関もあります。

就職に必要なレベル

イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドなどで就労ビザを申請する際に必要なスコアは4.0-5.0ですが、実際に就職するのであれば6.0以上はあったほうがいいと言われています。

外務省は採用基準として7.0以上を掲げています。

IELTS各試験の受験費用

各試験の受験費用は下記の通りです。

  • CD IELTS Academic/General Training:25,380円(税込)
  • IELTS for UKVI (Academic・General):29,400円(税込)
  • IELTS Life Skills (A1・B1):20,500円 (税込)

スピーキングテスト対策・勉強法

IELTSはセクションが多いのですが、ここでは悩みが多いスピーキングテストに特化した対策を紹介します。

勉強法1:テストの形式を知る

IELTSのスピーキングテストは面接官と1対1で行う対面の面接試験で、下記のセクションに分かれます。

パート1日常生活などの一般的な会話(4〜5分)
パート2トピックに関してのスピーチ(2〜3分)
パート3ディスカッション(3-5分)

対面で行われるため、一方的に話すだけでなく会話力も求められます。会話のキャッチボールができるようになるための練習が必要です。

勉強法2:評価基準を意識して練習する

スピーキングテストの評価は大きく4つです。この4つを意識してスピーチの練習をすることが大切です。

  • 流暢さ・一貫性
  • 語彙力
  • 文法の知識と正確さ
  • 発音

様々な構文を自然にかつ適切に使いこなすことができるなど、各評価基準の詳しい情報については公式サイトの「採点方法」から確認できます!

勉強法3:各パートに合った対策をする

パート1(一般的な会話)

パート1は出身地や将来の目標などの一般的な会話なので、ネイティブと日常会話をして慣れるのがおすすめです。

しかし、日本に住んでいる場合はネイティブとの会話以前に、英語を話す機会がない人がほとんどだと思います。
そんな人はオンライン英会話や英会話スクールを活用した学習が有効的です。

  1. オンライン英会話や英会話スクールの中にはIELTSに特化したものもあるよ!

    キリン先輩

パート2(指示された内容でスピーチ)

パート2はカードに書かれたトピックについて、1分間の準備時間を経た後に話す形式です。トピックをいくつか用意し、そのトピックについて話す練習をするのが効果的です。

導入→主張(結論)→説明→結論」の順番で話すトレーニングをしましょう。

パート3(パート2関連した内容でディスカッション)

特に事前練習が必要なパートです。
今まで考えてことがない題材ができる可能があり、アイディアが思い浮かばず、時間内にまとまらない可能性があります。

まずはどういった題材が出るのか、過去問を確認しましょう。

  • 題材に対して自分の意見を主張をする
  • なぜそう思うか、理由を述べる
  • 例を出して解説する
  • AとBを比較し、納得する説明をする

ただ、意見を述べるのではく、理由を明確に答える必要があります。その後に周りにわかりやすく例を出したり比較したりして文章を組み立てが必要です。

IELTSのおすすめ英語教材3選

IELTSに特化した英語教材・サービスを紹介します。

教材1:Universal Speaking

Universal Speaking公式サイトのスクリーンショット
Universal Speaking

Universal SpeakingはIELTSに特化したオンライン英会話です。
スピーキングテストのパート1、パート2、パート3のそれぞれに合わせた内容のレッスンが受けられます。

スピーキング以外のリーディング、ライティング、リスニングのレッスンもあり、テストの解き方や時間配分、文章の書き方などのさまざまなことを学べます。

何よりおすすめなのがIELTS対策に特化した講師のレッスンを受けられる点です。

\ 無料体験レッスン実施中! /

Universal Speaking公式サイト

教材2:Best Teacher

Best Teacher公式サイトのスクリーンショット
Best Teacher

Best TeacherはIELTS特化ではありませんが、4技能にアプローチできるオンライン英会話です。

書く、話すを鍛えることに特化しており、英語で話したいことを書くことから始めるレッスン内容になっています。

試験対策コースもあり、IELTS対策もできます。

レッスンの流れ

ほかのオンライン英会話とは違ったレッスン方法で、アウトプットしながら学べます。

1.Writing→2.添削→3.Training→4.Speaking

IELTSのライティングテストの添削やスピーキングテストの練習におすすめです。

\ 無料体験レッスンを受けてみる! /

Best Teacher公式サイト

教材3:キャンブリー

キャンブリー公式サイトのスクリーンショット

スピーキングのパート1(一般的な会話)の対策として、ネイティブとの会話に慣れておくことが需要です。その練習として、ネイティブと簡単に会話できるキャンブリーがお勧めです。

何よりおすすめなのが、スピーキングの各パートに特化した試験対策コースです。
もちろんフリートークでも会話に慣れますが、過去問をもと回答の練習するのでよりIELTS対策ができます!

おすすめポイント

キャンブリーは、レッスンを録画して復習できます。
そのため、IELTSの評価基準である「流暢さ・一貫性、語彙力、文法の知識と正確さ、発音」を後から確認できます。

現在のできている部分と苦手部分を把握でき、対策しやすくなるのでおすすめです。

\ 無料体験レッスンを受けてみる! /

キャンブリー公式サイト

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!