どれくらい寒い?ドイツ・ミュンヘンの冬事情

1603

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

ドイツは地方にもよりますが、冬は非常に寒いです。どちらかといえば南の方が少し暖かいのかなと思っていましたが、逆にアルプスに近い南の方が寒いとのこと。ここでは、ミュンヘンおよびシュバルツ・バルトの冬の様子と合わせて、冬の服や靴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ドイツの冬は寒い?

ドイツは場所にもよりますが、日本の首都圏に比べると寒い場所が多く、冬場には最低気温が氷点下になることも。また、アルプスに近い南部や東部の山地周辺で雪が降ることもあります。

冬場の太陽

ミュンヘン周辺では1月〜2月頃は朝の8時頃だんだん明るくなってきます。それまでは薄暗く、冬の夜は長いことを実感します。体で感じる湿気はあまりないものの、湿度計を見ると50%ほどとまあまああります。太陽はたまにしか出ません。雪が降らないときは雨です。

雪で地面も空も真っ白、天と地の境目がなくなるようでとても神秘的できれいですが、苦手な人は落ち込みやすいようですのでカフェに行くなど気分転換をするのがおすすめです。

スポンサーリンク

ドイツの冬の洋服

コートや靴は荷物になりますので、現地で購入することをおすすめします。ドイツのコートは価格が安いものでも防寒の面ではばっちりです。とても暖かくて着心地も良いものが簡単に手に入ります。

また、靴に関しても、雪で凍った地面を歩くのに最適な滑りにくい作りのものが手に入ります。靴選びはお店の人に助言を貰うのがおすすめ。筆者は安い靴を買ったのですが、すぐに靴裏が擦り切れてしまいました。石畳の上はごつごつしていて歩きにくいので、雪が解けて滑りやすくなっているところは注意しましょう。

おすすめのコーディネート

何処にでも売っているスカーフがおすすめ?

ドイツは至る所でスカーフが売ってありますが、これがとても重宝します。ハイネックのニットだと暑くなってくるので薄手のニットの首元にさっと巻くだけで違いますし、地味になりがちな冬のコーディネートが少し明るくなるので気に入っています。

コートの下は薄手

屋内に入ると暖かいので、コートの下は薄着の方が快適です。出先で汗をかいたまま着替えることができないとなるとすぐに風邪を引いてしまうので、筆者はコートの下は薄手のコーディネートのことが多いです。

ユニクロのヒートテックは役に立つ?

ユニクロのヒートテックはドイツの冬では重宝しますので、日本から持参しても損はないです。ドイツにもユニクロはありますが、ベルリン、シュトゥットゥガルト、ライプツィヒなどの、場所にあり、ミュンヘン、その他の地域にはありません。

まとめ

いかがでしたか?ドイツの冬はとても寒いですが、人は親切で優しいと感じます。洋服を買いに行ったときなどは店員さんとおしゃべりできるチャンスです。

寒さだけではなくスキーやあたたかいコーヒー、美味しいケーキなど冬ならではの楽しみ方も見つけて、ドイツの冬を楽しめるといいですね!

「1週間の留学」を無料プレゼント中(5/30締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

  • まとめ

この記事を書いた人

cocoma
cocoma

まだドイツに入国して日が浅いですが、2回目の渡独となり、2週間短期留学で発生した失敗を踏まえて準備したつもりですが、今回また、ふとしたミスや大変さを経験したことで、ここはこうしたらスムーズにいく!など新しく知恵が増えてよかったので、有益な情報を提供できたらと思っています。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談