「測る・計る・量る」のタイ語を使い分けられますか?「はかる」に関するタイ語集7選

1157

View

「はかる」という単語は日本語で漢字にすると「測る・計る・量る」となり、それぞれ何を「はかる」かによって漢字が変化します。同じようにタイ語では「はかる」対象によりそれぞれ単語が変化します。ここではタイ語でさまざまな「はかる」について紹介します。

スポンサーリンク

1.液体を量る

液体など量るときはタイ語で「ตวง(トゥワン)」といいます。計量カップは「แก้วตวง(ゲーオトゥワン)」といいます。

2.重量を計る

体重や物の重さを計るときはタイ語で「ชั่ง(チャン)」といいます。ちなみに「重さ」は「น้ำหนัก(ナムナック)」で、体重計は「ตาชั่ง(ターチャン)」といいます。

3.時間を計る

「時間を計る」はタイ語では直訳すると「時間を掴む」となります。タイマーをセットする際に、この「時間を掴む」を意味するタイ語「จับเวลา(ジャップ・ウェラー)」を使います。そして時計は「นาฬิกา(ナーリカー)」といいます。

4.長さを測る

長さを測るときはタイ語で「วัด(ワット)」といいます。「長さ」はタイ語で「ความยาว(クワームヤーオ)」といいます。長さを測るなら「วัดความยาว(ワット・クワームヤーオ)」となります。ちなみに定規はタイ語で「ไม้บรรทัด(マイバンタッ)」といいます。

スポンサーリンク

5.気温・体温を測る

温度も長さと同じく「วัด(ワット)」になります。「気温」はタイ語で「อุณหภูมิ(ウンナプーム)」になり「体温」は気温+身体で「อุณหภูมิร่างกาย(ウンナプーム・ランカーイ)」となります。タイの薬局でも売っている体温計は「ปรอท(パロー)」といいます。

6.速さを測る

速さも長さや温度と同じく「วัด(ワット)」を使います。ちなみに「速さ(スピード)」は「ความเร็ว(クワーム・レオ)」といいます。

7.評価を測る

「評価の査定・出来を測る」という場合も「วัด(ワット)」を使います。例えば職場なら「เราจะวัดผลความรู้คุณ」で「私たちはあなたの(仕事に関する)知識に関して査定します」となります。

まとめ

このように、何かを「はかる」場合は、一部を除きその対象によって単語が変わるのはタイ語も同じです。「計る」の単語と合わせて、それに関する道具も一緒に覚えておくと役に立つでしょう。留学生の皆様もさまざまな「はかる」を覚えて正しく使い分けましょう。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Namyam
Namyam

タイ在住。タイの南部からバンコクに引っ越してきました。お寺巡りとプラクルアン集めが趣味。休暇はタイの南の島でシュノーケリングするのがお決まりの過ごし方。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!