なぜ通じない?フランス語を発音するコツとおすすめ教材

2353

View

フランス語を勉強して、いざ日本人がネイティブにフランス語を使ってみると通じないことにがっかりしてしまうことがたくさんあります。通じない原因はフランス語の発音が正しくできていないからです。

フランス語には日本語にはない発音が多く、日本人が習得するには難しい言語のひとつとされています。そこで、今回はフランス語の発音を上手に習得するコツとおすすめの教材、をご紹介します。

スポンサーリンク

フランス語習得のコツは「カタカナフランス語」をやめること

日本人がフランス語に限らず外国語を学習するときに邪魔になるのが、カタカナで外国語を音で書いたり、読んだりすることにあります。

いざ、カタカナ読みのフランス語をフランス人に話してもほとんど通じません。カタカナでフランス語を聞き取る、カタカナで書いている教材をまる暗記しない方が良いでしよう。

ネイティブが側にいる場合、なるべくフランス語を発音してもらい繰り返して言ってみるのがベストです。それが難しい場合は、CDを聞いて何度もフランス語をマネして、丁寧に一つ一つ発音を意識して、言ってみると繰り返しの練習が必要です。

おすすめの発音の教材

やさしいフランス語の発音 小島慶一著

 
Amazon.co.jp やさしいフランス語の発音 小島慶一著
Amazon.co.jp やさしいフランス語の発音 小島慶一著

CDとイラスト付きです。フランス語らしく話す方法の説明や、発音記号での学習、アクセント、イントネーション、リズムなど、細かい所を一つ一つ学ぶことができます。

単語一つ一つを発音しながら練習できるので、とても便利です。日本語とフランス語の発音の違いも書いてある優れものです。

フランス語発音トレーニング 菊池歌子 山根祐佳 著

 
Amazon.co.jp フランス語発音トレーニング 菊池歌子 山根祐佳 著
Amazon.co.jp フランス語発音トレーニング 菊池歌子 山根祐佳 著

こちらの教材もCD付で、口の動かし方や形が詳しく解説されています。実際に会話のセンテンスでどう発音されているのかが、実践できるダイアローグがたくさんあるので、効果的な練習ができます。

スポンサーリンク

Les 100 Plus Belles Chansons Pour Enfant(フランス語の子供の歌CD)

 
Amazon.co.jp Les 100 Plus Belles Chansons Pour Enfant
Amazon.co.jp Les 100 Plus Belles Chansons Pour Enfant

フランスでは、子供のための歌の本が充実しています。CD付でとても安く購入できるので、歌を歌いながら、発音の練習をすると楽しいでしょう。フランスの昔ながらの子供の歌では、フランスの各地域の方言があったり、特別な文化が歌の歌詞にあったりするので、一石二鳥の学習方法と言えます。

発音の練習におすすめのサイト

北鎌フランス語講座

発音の規則がコンパクトに書かれています。カタカナでフランス語の発音表記が書かれていますが、グーグルの翻訳に単語を入れて、発音をしてもらうと、発音の練習にとても便利な教材と言えます。

France-jp.netのフランス語講座(フランス語の発音)

こちらのサイトもとてもコンパクトに手軽に学べて便利な発音サイトです。発音の説明はもちろん、音声ボタンをクリックしただけで、フランス語の発音が聞けます。

まとめ

フランス語が分かっていても通じないことが繰り返しが続くと、フランス語そのものが嫌になることもあるでしょう。

しかし、フランス語の発音をマスターするには、何年もの訓練が必要で、ある程度フランス語ができるという人の中にも、フランス人が聞いたときに、不自然な気になる発音をしていることが多々あるのだそうです。

完璧ではなくても、まずは通じるフランス語の美しい発音を目指し、あきらめないで継続的にがんばりましょう。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!