アメリカの大学生必見!クラス選びに失敗しない方法

1869

View

アメリカの大学生にとって「どのクラス」を「どの先生」で取るかはとっても重要なこと。僕は自分に合う教え方をしている先生や、分からないところを喜んで助けてくれる先生を選びたかったので入念にリサーチしました。僕が参考にしている2つのサイト「Rate My Professor」と「Myedu」をご紹介。

スポンサーリンク

アメリカの大学生にとって「どのクラス」を「どの先生」で取るかはとても重要なことです。情報もなく適当に選んで、自分に合わない先生や、教え方が合わない先生を取ることは絶対に避けたいですよね。

僕は自分に合う教え方をしている先生や、分からないところを喜んで助けてくれる先生を選びたいので、入念にリサーチしてからクラス登録をしています。今回は僕がクラスを選ぶ時に参考にしているウェブサイトを紹介します。

アメリカの大学生には常識「Rate My Professor」

アメリカの大学生には常識「Rate My Professor」
http://www.ratemyprofessors.com/

Rare my Professorは学生が教授を評価するもっとも大きなオンラインサイトです。8000校以上、1,000,000以上の評価が載っています。実際に授業を受けた学生が、先生の授業スタイル、テスト形式など細かく評価するサイトです。

Rate My Professorの使い方

まず自分の大学のページで、どのクラスを取るかを決めます。複数の先生が同じクラスを教えている場合、この「Rate My professor」の出番です。

僕の例として、今学期にPolitical Scienceという教科を取る必要がありました。周りにクラスを取った友達がいなかったため、Rate My professorの情報を参考にしました。

John Roche教授、David Chadwick-Brown教授の選択肢がありました。「Rate My Professor」に学校名と教授の名前を入力します。

Rate My Professorの使い方1

教授の情報が出できます。

「Rate My Professor」の情報は、下記の基準で5段階評価です。
1.全体的な先生の評価
2.どれだけ助けてくれる先生なのか
3.わかりやすさ
4.かんたんさ

Rate My Professorの使い方2

自分が取った科目の名前とともに、どのような先生だったのかを自由に書けます。

John Roche教授の結果です。
1.全体的な先生の評価:3.7
2.どれだけ助けてくれるか:3.6
3.わかりやすさ:3.8
4.簡単さ:3.1

Rate My Professorの使い方3

学生からは「良い人で頭が良い」と高評価をしている人や、「しっかりと勉強したのにもかかわらず最初のテストでDだった」と低評価をしている人もいます。

Rate My Professorの使い方4

Chadwick-Brown教授の結果です。
1.全体的な先生の評価:3.0
2.どれだけ助けてくれる先生なのか:3.1
3.わかりやすさ:2.8
4.かんたんさ:2.0

同じクラスでも、このように評価が低い先生もいます。

Rate My Professorの使い方5

この2人を比べた結果、僕はJohn Roche教授を選びました。このように先生の選択肢があった場合「Rate My Professor」はとても活用できます。

スポンサーリンク

学生の成績の比率をチェックできる「Myedu」

学生の成績の比率をチェックできる「Myedu」
https://www.myedu.com/

「Rata My Professor」はとても役に立ちますが、学生によって先生の印象は違うと思います。Rate My Professorでも先生選びができなかった場合にオススメなのがMyeduです。

Myeduは全ての先生が載っていませんが、多くの場合その教授を取った学生が今までにもらった成績を表にしているサイトです。

Myeduの使い方

サイトに登録をして自分の大学を選びます。

Myeduの使い方1

取りたい教科をクリックし、情報が欲しい教授の名前を押します。例として、僕の学校のAccountingクラスのAgatha, Rachelle教授を見てみます。

Myeduの使い方2

全ての教科で成績が出ている訳ではないのですが、ACCT104のクラスのように、先生がどのくらいの学生にAを上げたのか、クラスの平均成績を確認できます。

以上、アメリカの大学生なら必ず利用するウェブサイトの紹介です。この2つのサイトを活用して、後悔のないよう、ぜひ自分に合った先生を探してみてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学が高校生に与える影響とは?高校生で留学を経験する意味

    大学で留学をすればいい、または留学は必要ないと考えている人が少なくない世の中で、高校生で体験した留学は人生において大きな意味をなすのは間違えないだろう。ここでは、高校時代に留学を経験した著者の立場から高校生で留学を経験する良さを紹介したいと思う。

    smile_haruka 3433 view
  • 海外でミシュラン獲得!世界で活躍する2名の日本人シェフ

    海外でミシュランの星を獲得したレストランの中には、日本人シェフが経営する店も多数あります。その中から2名の日本人シェフをピックアップしてご紹介します。

    ケン 3910 view
  • 英語作家を目指してイギリスへーーグリニッジ大学の留学経験者インタビュー

    「書くことが好き」「ライティングを学びたい」という方もいるのではないでしょうか。日本語で書くのもいいですが、英語で書く方法もあります。今回は、グリニッジ大学でクリエイティブ・ライティングを学んでいる佐藤さんにインタビューをしました。

    運営チーム 768 view
  • 痛みをスペイン語で説明できる?病気や怪我に関するスペイン語フレーズ28選

    スペイン語圏へ行くことは、英語圏へ行くことより言葉の関係で勇気がいるかもしれません。でも、病状をスペイン語で表現できる術を知っていれば、だいぶ安心できるのではないでしょうか。今回は、病気や怪我に関するスペイン語での言い表し方をご紹介したいと思います。

    トキワガシ 3866 view
  • 魅力あふれるオーストラリア留学!アナタに合う都市はどれ?

    治安も良く、教育大国としての信頼もあるオーストラリアは、近年留学先としての関心が高まっています。比較的近く、時差も2時間以内、日本文化に親しむ国民も多いということで、どんどん身近な国になっています。ですがひと口にオーストラリアと言っても、いくつか主要都市が存在し、どこにいけばいいのかわからない!という方もいるかもしれません。今回はあなたに合った都市を見つけられるよう、各都市の特徴をご紹介します。

    運営チーム 826 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

はみお
はみお

日本の高校を卒業後、初めてアメリカへ。パロマカレッジからUCLAへ編入。情報やメディア関係を学んでいます。某メディアにて翻訳家としても活動中。カリフォルニア大学での生活や、アメリカの情報を幅広くシェアしていきます

http://hamioeveryday.blogspot.com/