フィンエアーとは?フィンランド留学にフィンエアーをお勧めする理由

905

View

フィンランドに留学が決まった!どの飛行機が良いの?どうやって行こう?そんな方必見!今回は、フィンエアーを使って留学した筆者の体験談をもとに、フィンランド航空「フィンエアー」のメリットデメリットを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

フィンエアーとは?

YouTube

フィンランド航空フィンエアーは、日本からヨーロッパへの入り口として、多くの便を出している航空会社です。ヘルシンキ経由でヨーロッパへ旅行する日本人も多いため、日本人には馴染みのある航空会社となっています。JALなど日本の航空会社との合同便も多いため、日本語の通じる客室乗務員の方もいます。

メリット

直行便

フィンエアーのメリットは直行便
FINNAIR

フィンランドの首都ヘルシンキまで、東京・大阪・名古屋・福岡の4都市から直行便で、10時間程度で行くことができます。乗り換えがなく、ヘルシンキまで行けるので安心ですね。

価格

ユース価格で行きましょう
FINNAIR

大人か子供かだけでなく、ユース(12歳〜25歳)という枠があるので、25歳以下の方は低価格で飛行機を取ることができます。また、帰りの日程を2回まで無料で変えることができます。(ただし、差額と手数料がかかることがあります。)

機内

機内のマリメッコ
FINNAIR

機内食の量は多いですが、とても美味しいです。JALなど日本の航空会社と比べても劣らず、日本人の口に合うと感じました。ただし、日本の航空会社よりパン一個分くらい多いと言えます。機内のブランケットがマリメッコの柄で可愛い。

スポンサーリンク

デメリット

荷物

荷物が多すぎると大変です

ユースを選ぶと、預け手荷物、持ち込み手荷物がともに1個までとなります。筆者の場合は預け手荷物23kg、持ち込み手荷物8kgと、1年間の留学には厳しい制限でした。荷物の多い人は、フィンエアーのユース料金に荷物の超過料金を足したものと、その他の航空会社の料金を見比べて見るといいかもしれません。

予約

予約画面に注意

また、フィンエアーの公式サイトから予約する際に、「ユース」というカテゴリーが見つからない場合もあるので気を付けてください。再読み込みや戻るボタンで何度か試してみてください。

注意点

ユース料金で予約するには、フィンエアーの公式サイトから予約しなければいけませんので、注意してください。

まとめ

いかがでしたか?メリット、デメリットを見比べて、「自分にはフィンエアーが合う!」と思った方は、機内食が美味しくて快適なフィンエアーを使って、フィンランドに留学してみてください。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 飛行機
  • フィンエアー
  • 直行便

この記事を書いた人

りほ
りほ

東京の大学生。ベトナムで教育支援を行うボランティア団体に所属。趣味は読書と食べること。フィンランドに留学予定。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!