「Brilliant」ってどう使う?イギリスで必ず耳にするイギリス英語TOP3

498

View

イギリス英語とアメリカ英語の違いは数多くあり、人によって使う単語は様々です。そこで今回はイギリスで絶対に使えるイギリス英語の表現を3つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.Lovely

最も使うイギリス英語として間違いないのが「lovely」です。良いことを言う時はとりあえず「lovely」と言っておけば間違いない、鉄板のイギリス英語です。

「すてきね」と言う意味だけでなく、「いいよ」や「OK」、「大丈夫」などと言うときにも使われます。アメリカ英語で言うと、「nice」「good」「fine」と同じ意味です。

「lovely」だけで使うのはもちろん「lovely night」や「lovely day」のように多くの単語と組み合わせて使うことのできる便利な言葉です。また「lovely」と言われて嬉しくない人はいません。積極的に「lovely」を使うことで素敵な友好関係を築けます。

会話例

Your shoes are so lovely.(あなたの靴素敵だね)

2.Brilliant

もう1つイギリス人が好む単語は「brilliant」です。「brilliant」は「lovely」と比べてよりテンションが上がった時に使います。「brilliant」はイメージではよく褒める時に使います。アメリカ英語では「great」と同じ意味で使えます。

「brilliant」を利用することでイギリス人にはより感情が伝わりやすくなる単語です。”r”と”l”だらけの単語のため日本人には少し発音が難しいかもしれませんが、「brilliant」を使えればワンランク上のイギリス英語スピーカーになれるでしょう。

会話例

A: I passed the exam.(試験に合格したんだ)

B: Brilliant.(すごいね)

スポンサーリンク

3.Aren’t you?

イギリス人が好む表現として、もう一つあげられるのが付加疑問文です。会話の最後に「did you?」や「aren’t you?」などをつけることが良くあります。多くの場合はイントネーションを下げて使うため、それに対する答えを必要としない場合が多いです。

また会話の途中に「you know」などを入れる場合もよくあることから、イギリス人が確認の表現を好む傾向にあると言えるでしょう。

会話例

A: I went to London last week.(先週ロンドン行ったんだ)

B:Oh, didn't you?(へー、行ったんだ!)

まとめ

日本ではアメリカ英語を習うことが多いですが、イギリス人はアメリカ英語の使用を好まない場合もよくあります。「lovely」や「brilliant」、付加疑問文を使用するだけでイギリス人から好印象を得られることも多いです。イギリスに行った際やイギリス人と会話する際に、これらの表現を組み込んで会話してみましょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

smile_haruka
smile_haruka

トビタテ留学JAPAN高校1期生としてオックスフォードに5週間留学していました。高校卒業後はイギリスの大学に進学し、英語教育の勉強をする予定です。よろしくお願いします。