国際色豊かなパブの街、アイルランドの首都ダブリンの魅力4選

704

View

Wikimedia Commons

皆様はアイルランドの首都ダブリンについてご存知でしょうか?日本人には馴染みの薄いダブリンですが、さまざまな魅力があります。そんなダブリンの魅力とは?

スポンサーリンク

1.国際色豊かで、英語学習に最適な場所

ダブリンは日本であまり知られていないからこそ、日本人に会う率も少ないです。なので、せっかく海外に行ったのに語学学校で日本人ばかりの環境で英語を勉強することになった。ということはまずないでしょう。

またダブリンでは、ヨーロッパを中心に国際色豊かな留学生が集まっています。私の通っていた語学学校では、イタリア人、フランス人、スペイン人が多かったです。

またアイルランドの英語は訛っているので心配だと思っている方も多いですが、語学学校の先生はきれいな英語で教えてくれます。最初は街の人たちの英語に戸惑うかもしれませんが、一度慣れてしまえば、なんてアメリカ英語はゆっくりでわかりやすいんだ!と思えるでしょう。

2.パブやナイトクラブがたくさんある

ダブリンと言えば、アイリッシュパブ!パブは誰もが楽しめる社交の場で、街にはいたるところにパブがあり、週末はもちろん、ほぼ毎日たくさんの人で賑わっています。アイルランド人はとにかくビールが大好き!

一人でも入りやすい雰囲気ですし、授業が終わったら習った英語を早速パブで実際に使うこともできますよ。また国際色豊かな街だからこそ、アイルランド人だけでなく世界各国の友達ができます!ビールを片手に、色んな人と話すことができ面白いです。

もちろんダブリンにはパブだけでなくナイトクラブも多くあるので、勉強だけでなくダブリンに来れば充実したナイトライフが得られることも間違いなしですよ!

スポンサーリンク

3.最低賃金が高く、求人が多い

ダブリンの最低賃金は約9ユーロ(2016年7月現在)と、ヨーロッパの他の国と比べても高めです。アルバイトを見つけて、勉強しながら旅行するというプランもいいでしょう。

また街で働く外国人も多く見かけるので、アイルランド人も外国人に慣れており、日本人にも比較的チャンスは多いと思います。レストランやカフェでは、ハイシーズンの夏場には求人をよく見かけます。

また国際的な企業も多く、日本語と英語ができる人を募集する企業も時折見かけるので、日本人であることを生かして、フルタイムのオフィスワークのチャンスを得ることも可能です。

ちなみに私はワーキングホリデービザで滞在中ですが、語学学校に通っているときは日本語を教えるバイトをしておりました。語学学校終了後は某ビデオゲーム会社にてフルタイムの内定を頂きました。

もし英語ができれば、日本人があまりいない街なので、それだけで大きなアドバンテージになりますよ。

4.旅行しやすい

アイルランドには格安航空会社があり、ヨーロッパの各地に格安で旅行することができます。特にロンドンやオランダ、ベルギーなどへの渡航費は安く、往復20ユーロ程度で行くことも可能です。私は語学学校で多くのヨーロッパの学生と仲良くなり、その後、友人を訪ねてヨーロッパを回りました。

またアイルランドは日本の北海道くらいの広さなので、気軽に国内旅行をすることも可能です。アイルランドの田舎は緑が美しく、かわいい羊と広大な自然に癒されること間違いなしです。ダブリンからの日帰りバスツアーも数多くあるので、有名な観光地に簡単にアクセスすることもできますよ。

まとめ

いかがでしたか?ダブリンは英語の勉強、遊び、仕事、旅行と、どれをとっても最高の場所です。多くの出会いがダブリンで待っていますよ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

あやぱん
あやぱん

日本語教師がアイルランド、ダブリンでワーホリ!語学学校に通いつつ、日本語を教えたり、旅行したりと、ダブリンでの生活を満喫しています。日本でたくさんの外国人、主にヨーロッパの学生に日本語を教えるなかでヨーロッパに興味を持ち、今回初めての長期滞在を決意しました。