【親子留学】海外でインターナショナルスクールを選ぶときの5つのポイント

3269

View

The Official CTBTO Photostream Follow

皆様はどうやって学校を選んでますか?インターナショナルスクールにもいろんな種類があります。成績重視の学校からスポーツに力を入れている学校、のびのびと個性を伸ばす学校まで、本当にそれぞれです。でも、パッと見ただけでは、実際のところ分からないですよね?ここでは学校を選ぶときのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

1.予算は教育費として支払える金額の七割くらいに抑える

まずは予算です。一体毎月教育費にいくら払える財力がありますか?

学校のウェブサイトを見ると学費が掲載されています。支払える金額の七割くらいの教育費が無難な線です。ここで無理をすると絶対に後で破産します(筆者が経験しました・・・)。

2.住む場所と学校の距離を考慮する

次に、国によって事情は異なりますが、どこに住んでいるか、もしくは、どこに住む予定かが重要です。

通学が痛学に?マレーシアで子供を学校に通わせるときに考えなければいけないこと」でお伝えした通り、マレーシアの場合は車を運転して子供を送り迎えすることになります。

さらに「親子留学検討中の方は必見!海外で家族で住む場所を選ぶときのポイントと交渉術」でお伝えした通り、マレーシアの場合は家と学校は10km圏内にした方が良いです。

これでかなり候補が絞れます。ここからは更に良い学校を見極めるためのコツです。

3.学校に問い合わせのメールを送り対応を見る

気になる学校があれば問い合わせのメールを送ってみましょう。そのときの対応が悪いと、基本的にずっと対応が悪いです。良い学校はメールでの返答もシャキシャキしています。

スポンサーリンク

4.学校見学を行い、先生や事務員が何年間勤務しているのかを聞き出す

次に実際に学校見学へ行き、アドミ(総務)の人の対応を見ます。

先生とも積極的にしゃべりましょう。さりげなく何年勤務しているか、前はどこに居たかなどの情報も聞き出しましょう。話を聞くと先生が生徒の親だったり、バックパッカーみたいなのが先生をやっていたりするので要注意です。

先生や事務員がコロコロ辞めるところはトラブルが多いです。繰り返しになりますが、在籍年数を聞きましょう。

5.ママ友を通じて学校へ通ってる人を紹介してもらう

もし現地にママ友がいれば、気になる学校へ通ってる人を紹介してもらい学校の評判を聞いてみましょう。ただし基本的に良いことしか言わない傾向にあるので、もし可能であれば、更にそこから辞めて違う学校に行った人を紹介してもらうとより良いでしょう。

まとめ

筆者の場合は、長男はスポーツができる環境で奨学金がもらえるという条件、次男は詰め込み教育が苦手なので創造力重視の学校と、そういった条件で選びました。お子さんの個性に合わせて、きちんと見極めて学校を選んであげてくださいね。

子供が苦労するぐらいなら事前に判っている障害物は取り除くのは親の義務です。
子供は英語での授業や人間関係で苦労するのですから。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

大西貴之
大西貴之

18年前に京都からマレーシアクアラルンプールにヨメと移住しました。本当は海の見える家に住んで商売して過ごすという希望だったのが、気がつけば18年で子供も二人しっかり根を下ろしています。窓から海の見える家はいつのことやら。商売の事、子育て教育のこと、マラソンやトライアスロンのこと。ヨメと私の二人で海外に留学する人の成功の手助けができればいいなぁと思ってます。

http://blogs.yahoo.co.jp/fromkl