フランスの年度初めは9月から!フランス人に人気な最新の手帳5選

1442

View

フランスでは6月末で学校が終わり9月まで夏休みになります。そのため、9月から始まる新学期に向けて新しい学用品を買い求める人で賑わいます。学用品と合わせて今頃から手帳探しを始める人が多いです。フランスでは9月が新年度なので、ほとんどの手帳は今年の9月始まりで、来年の8月まで使えます。

今回はフランス人に人気の手帳をご紹介します。

スポンサーリンク

1.Quo Vadis Agenda Scolaire Journalierシリーズ

Quo Vadis Agenda Scolaire Journalierシリーズの手帳
Amazon.fr

日本でも人気なクオバディスの手帳。おしゃれなイラストの表紙が素敵です。

このシリーズは、さまざまな表紙の素敵な絵のシリーズがあります。フランスで人気なのは、ELLEが表紙の手帳です。一日一枚で、上に時間軸があり、下は自由にメモできるようになっています。

2.Exacompta Metric Forum Agenda Scolaire 1 Jour par Page

Exacompta Metric Forum Agenda Scolaire 1 Jour par Page手帳
Amazon.fr

クレールフォンテーヌのノートが小さくなったスケジュール帳で、値段も安く、とってもおしゃれで便利です。一日一つのページに書き込めるので、何でもメモができる優れものです。

厚みが少しあるので、持ち運び用ではなく自宅に置いて、フランス語で日記を書いてみるのも良いでしよう。表紙のカラーは5種類あります。

3.Agenda petit prince

星の王子様 イラスト手帳
Amazon.fr

星の王子様のイラスト手帳です。少し高いのですが、星の王子様の素敵なイラストや言葉が書いてあるので、とても癒されます。

スポンサーリンク

4.Herlitz 50003426 Agenda scolaire Basic A5, Paris

表紙がエッフェル塔のHerlitz手帳
Amazon.fr

シンプルな作りなのですが、一週間が見開きで見られるのが便利です。書き込みのメモ欄が多いので、自由度が高い手帳と言えます。表紙のエッフェル塔も素敵ですね。

5.Exacompta Agenda journalier Forum Cakes de Bertrand Femme Chapeau

パリのおしゃれなイメージが表紙のLes Cakes de Bertrand手帳
Amazon.fr

パリのおしゃれなイメージが表紙になっている素敵な手帳です。表紙はパリのイメージの別バージョンもあります。一日一ページなのですが、仕事の時間と仕事が終わった時間のスケジュールが小分けになっています。

フランス語でスケジュールや日記を書くためのおすすめの参考書

せっかくおしゃれな手帳を買ったら、ぜひフランス語で書いて見てください。とっても便利な手帳や日記用の日本語の参考書を紹介します。

フランス語でつづる私の毎日 杉山利恵子 著

参考書:フランス語でつづる私の毎日
amazon.jp

NHKのフランス語の講座によく出演されている素敵な先生の本です。毎日の出来事を書くための説明が詳しいのでおすすめです。

フランス語で日記をつけよう 長野督 著

参考書:フランス語で日記をつけよう
amazon.jp

フランス語で日記をつけるのに、とっても便利な参考書です。フランスの作家の日記を引用して、効果的に日記を書くための必要な情報の詳しい説明がすばらしいです。この一冊があれば、日記の基礎ができるでしょう。

まとめ

フランスの手帳は日本でも大人気です。自分なりにカスタマイズして便利に賢く使いましよう。

最近では携帯電話でスケジュール管理をする人が多くなってきましたが、そこをあえてフランス語の勉強のために紙の手帳を使ってみると良いですよ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/