イタリア・ローマの治安で注意すべき4つのこと

714

View

イタリア・ローマの現在の治安で気をつけたいことを紹介します。

スポンサーリンク

1.路上の物売りに注意

今ローマでも難民がとても多いのが現状です。大きい犯罪はそれほどないですが、アクセサリーやら物を売ろうとしてくる人たちには注意しましょう。しつこく話しかけてくる場合、はっきり買わないことを相手に伝えましょう。

2.置き引き、スリに注意

ローマでは置き引きやスリなどの犯罪が多いです。バックはしっかり閉め、またリュックより斜めがけの方が安心です。ローマの地下鉄でもスリが多いのでバックを肌身離さず持っていてください。

スポンサーリンク

3.観光スポットの悪質な観光商売に注意

ローマは観光スポットたくさんありますが、悪質な観光商売をしている人も多いです。多額な金額を請求して来る人もたくさんおります。彼らたちは日本人のツーリストは簡単にお金を払うと思っています。観光地で気さくに話しかけてくる人には特に注意しましょう。

4.車に注意

イタリアの車線は日本と反対です。またイタリア人の運転は少々荒いので歩くときは気を付けて歩かないと事故に至る場合もあります。また。ローマも事故が多い場所なので、夜道や電灯が少ないところはなるべく歩かないことをおすすめします。

まとめ

以上がローマの治安で気をつけたいことです。留学生の皆様も、これさえ守れば安心で快適な生活が送れるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3584 view
  • これってイギリスあるある?イギリス生活でちょっとビックリしたこと5選

    外国に住む限り、どこの国へ行ってもちょっとビックリするようなことがあります。ここでは、私がイギリスに引っ越してきて、ちょっとびっくりしたことを5つご紹介します。

    eplm 4598 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3012 view
  • 今年アメリカで最も売れた本は?バーンズ&ノーブルのベストセラー10位

    紙の本が売れないといわれて久しいですが、アメリカでは年間約30万冊の本が発行されています。新刊の発行点数は、人口1万人に対して9.6冊。日本では1万人に6.1冊なので、人口当たりの新刊発行点数はアメリカの方が多いのです(※註1)。そんなこの国で、今年最も売れた本はなんだったのでしょうか。書店最王手のバーンズ&ノーブルのベストセラーランキング(※註2)をご紹介します。

    美紗子 5936 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Rio
Rio

フィリピン留学、東南アジアバックパッカー、オーストラリアワーホリを経てイタリア生活2年目。自由に楽しく今を生きるがモットー。