「you look tired」はNG?教養がある人が口にしない英語表現<前編>

9707

View

nigelpepper

先日、イギリスのとある雑誌を読んでいたところ「スマートな人が決して口にしないフレーズ」という記事がありました。そこには筆者も以前は発していたフレーズがあり、以後は気をつけるようにしています。その内容について筆者の説明を付け加えつつ、2回に渡りご紹介します。

スポンサーリンク

You look tired.(疲れているように見えるね)

人に「疲れているように見えるね。」と言うことは、髪は整える暇がなくボサボサ、目はショボショボで、覇気がないことを指摘しているように捉えられてしまう可能性があります。受ける人によっては、たとえあなたが労いの意味でかけた言葉だとしても、さらに相手を落ち込ませてしまうかもしれません。

その代わりに、やんわりと「Is everything okay?(順調かい?)」など、一般的な近況を尋ねる言葉を使ったほうが良いでしょう。「疲れているように見えるね。」と指摘するより「順調かい?」と訊いたほうがずっと「何かあるならシェアしてね、手助けしたいから」という、相手への思いやりが伝わるからです。

Wow, you’ve lost a ton of weight!(わあ、すごく痩せたね!)

たとえ、それが誉める意味合いで発した言葉でも「わあ、すごく痩せたね!」と、細かく外見的な変化を指摘するのはいけません。受ける側によっては、あまりにストレートで個人の問題に踏み込む発言に、気分を害する場合もあります。

また「前は太っていたと言いたいの?」と、悲しく感じる人もいるでしょう。

相手が美しく変身を遂げた場合、また痩せたなどの努力を誉めたい場合は、一言「You look fantastic.(とても素敵だよ)」と、話しかけてはいかがでしょうか。前の相手の姿が太りすぎていたけど今は痩せて素敵!と、ビフォー/アフターを審査員のようにいちいち比べるより、シンプルで素敵な褒め方をしてみましょう。

You were too good for her anyway.(いずれにせよ、彼女に君はもったいなかったね)

友達が彼女と別れたり、ふられたりしたとします。その際「いずれにせよ、彼女に君はもったいなかったね。」などと言うことは愉快ではありません。

励ますつもりだったとしても「君の元彼女は大したことなかった女性」といった意味に捉えられてしまい、まだ彼女を想う痛んだ友達の心を余計に傷つけてしまうかもしれません。

それよりは「Her loss!(彼女、いい男を逃したね!)」と、あなたの友達が素晴らしい人であることを伝えつつ、彼の元彼女を批判するような言葉も含まない励ましかたが良いでしょう。

スポンサーリンク

You always(あなたはいつも〜) / You never(あなたは決して〜)

「あなたっていつもそうなのよね。」、「あなたは決して解らないのね。」など、相手を決めつけてしまう発言は、相手の心を傷つけ、閉ざしてしまうかもしれません。

このような表現を使う場合、大抵が大事な問題について話し合っているため、相手があなたに心を開いてくれなくなれば、物事は余計にうまくいかなくなります。

そのように、相手の全ての行動を「いつもそう」と、ため息つきながら非難するより、「今、何が問題なのか?」のみを簡潔に伝え話したほうが、感情的な話し方をしないあなたに、相手も尊敬をもって話し合いに応じてくれるでしょう。

You look great for your age.(あなたは歳のわりに素敵ですね)

これも先程の「痩せたね」に通じるところがありますが、どれだけ年齢に対して相手が若かったり、素敵に見えたとしても「あなたは歳のわりに素敵ですね。」と言われたら、とても失礼に感じる発言です。誰だって他の人と比べられたくありませんし、歳のことなんかにかけて誉められたくありません。

「You look great.(あなたはとても素敵ですね)」これが一番です。余計なことを付け加えて相手の気分を害するのは得策ではありません。

まとめ

いかがでしょうか、悪気なく使ってしまいがちなこれらのフレーズ、筆者も気を付けたいと思います!
皆様の留学生活を心から応援しています。

Have a lovely day!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

モモグラモ
モモグラモ

イギリスのロンドンはウィンブルドンに住んで9年目です。元ハリーポッターに出演していた夫(南アとオランダのダブル国籍です)と二人暮らしです。私がいっぱい涙が出るくらい恥ずかしい思いをしつつ経験してきた生活の知恵、英語の言い回し、イギリスの穴場やこぼれ話をお届けできたら嬉しいです。またBAFTAの試写会でのセレブリティーの写真もご紹介できたらと思います。