シンガポールで大活躍!スコールを予測するアプリ「Singapore Rain Map」

1179

View

App Store

シンガポールにいると、どの季節でも遭遇するのがスコール。天気予報を見ていてもスコールは予測できませんよね。そこで、ダウンロードしておくと便利なアプリをご紹介します。

スポンサーリンク

シンガポールのスコール

シンガポールの雨季は12月〜2月と言われていますが、それでも年中スコールは降ります。それもバケツをひっくり返したような、身動きが取れなくなる程のスコールです。

降り出すとタクシーは捕まらず、電車も止まることもあります。視界も悪くなるので傘を差して歩くのも難しいほどです。昼間は晴れていても夕方に突然降り出すので、外出していたら困りますよね。

スコールはどうやって予測する?

シンガポールの天気予報を見るといつも曇り、ということがあります。なかなか当たることはない上、スコールまで予測してくれません。そんなシンガポールのお天気は、雲の動きを見ると予測ができるのです。

スポンサーリンク

オススメのスコール予測アプリ

そこで、そんなシンガポールで大活躍するのが「Singapore Rain Map」というアプリです。

シンガポール全体の現在の雲の位置がわかり、矢印でどちらへ動くかわかりやすく示してくれます。また通常の気温から、ヘイズ(大気汚染)の指数もわかるPSIまで、これひとつで分かるので非常に便利です。

最後に

ちなみにシンガポーリアンの勘があるのか、たまに、今から降るよ!と教えてくれる方もいます。私たちにもそんな能力があったら良いのですが、なかなかそう簡単にはいかないですよね。お出かけをするときは是非このアプリでスコールを少しでもしのぎましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

MOMO
MOMO

楽しくてハッピーでミーハーです♪

https://www.instagram.com/_momopi/