シンガポールのタクシーならGRAB!シンガポールのタクシー事情

2105

View

Riley

シンガポールのタクシーは初乗り3シンガポールドルなどと、とても安いことから、利用者はとても多いです。特に雨が降ったときや終電を逃してしまったときには必須ですよね。今回はそんなシンガポールのタクシー事情をご紹介します。

スポンサーリンク

タクシーを捕まえる場所は?

まず間違いなくタクシーが捕まえられるのは、駅周辺やショッピングモールにあるタクシースタンドです。しかし、ほとんどの場合行列ができています。もちろんすぐに乗れるときもありますが、時間帯によってはかなり待つことも。

もちろんチャンギ空港にも、各到着ターミナルにタクシー乗り場があります。車の上の表示が緑で「TAXI」と書いてあるものが空車、赤で「HIRED」「ON CALL」「BUSY」は乗車できません。ちなみにシンガポールのタクシーのドアは自動ではないので、自分で開け閉めするのをお忘れなく!

シンガポールのタクシー乗り場

チャンギ空港でタクシー利用の注意点

空港では係りがタクシーを案内してくれます。プレミアムタクシーでも大丈夫か聞いてくるので、レギュラーが良い場合、ハッキリとNOと言いましょう。また行列ができている場合がありますが、空港にはアプリなどでタクシーを呼べないのでご注意ください。

便利なタクシーのアプリ「GRAB」

シンガポールに留学で来る場合、タクシーのアプリはあって損はありません。オススメは「GRAB」というアプリです。現在地をGPSで周囲のタクシーに発信し、行き先を入力すると乗車可能なタクシードライバーの顔とナンバーが表示され、タクシーの現在地も確認できます。

車の大きさを選べたりお願いする前に大体の値段も確認できるので安心。またアプリにクレジットカードを登録しておけば毎回のお支払いも楽になりますよ。早朝空港に向かうときなどは、予約もできるので便利!(アドバンスブッキングは8シンガポールドル〜かかります)

雨が降ったらほぼ捕まらない!

気をつけたいのが、シンガポールではよくあるスコールのとき。突然の雨の時こそタクシーに乗りたいところですが、タクシースタンドはもちろん、道端でも空車はほとんど見受けられませんし、アプリでもなかなか捕まりません。雨が降りそうな日、特に終電を過ぎそうな飲み会のときは帰れなくなってしまうので気をつけましょう。

スポンサーリンク

行き先によっては乗車を断られる?

日本でも、短い距離のときは少し嫌がられたりしますが、シンガポールではタクシードライバーが行きたくない方面だと、断られてしまうことがあります。特にドライバーのシフトチェンジの時間帯(17:00頃)は、ドライバーの家周辺でなければ断られます。

というのも、シンガポールのドライバーは自宅にタクシーを駐車しているそうで、車の上にある表示に地名が書いてある場合は、その方面へしか行きません、という意味です。書いてなければ、タクシーに乗り込む前に、助手席の窓やドアから行き先を伝え、必ずOKか聞きましょう。

ちなみにタクシードライバーは基本的に行き先の駅と名称を言えば、ナビなしで行ってくれます。分からない場合は住所のポストコードを伝えればOK。こんな場所でもナビなしで知ってるんだ!と、びっくりすることもしばしば。

深夜料金や追加料金

深夜料金は24時〜朝6時まで、50%割増になります。また空港、マリーナ・ベイ・サンズ、セントーサ島、シティエリアから乗るタクシーは時間帯や曜日によって、3〜5シンガポールドルがチャージされます。以下、追加料金の詳細です。

ピークアワー・ミッドナイトチャージ

時間帯チャージ
0:00〜6:0050%増
平日6:00〜9:3025%増
18:00〜0:00 25%増

ロケーションチャージ

場所時間帯チャージ
シティエリアから17:00〜0:003シンガポールドル
チャンギ国際空港から金・土・日の17:00〜0:005シンガポールドル
チャンギ国際空港から上記以外の時間帯3シンガポールドル
マリーナ・ベイ・サンズから日・祝の6:00〜17:003シンガポールドル

(価格は2016年5月現在)

チップは必要?お金の払い方

シンガポールのタクシーはメーター制ですが、到着後、上記のチャージが加算され、画面に表示されます。例えば10.25シンガポールドルだったとすると、だいたいのドライバーさんが10.20シンガポールドルでいいよと言ってくれます。小銭を探すのに時間かかっていると、$10でいいよ!おまけ!と言ってくれる優しいドライバーさんも。

チップも基本的に不要です。もし荷物の積み下ろしを手伝ってくれて気持ち的に払いたい場合は直接渡してOKです。

冷房が強い

おまけ情報ですが、基本的にシンガポーリアンは暑がりなので、車内は冷房ガンガンなことが多いです。寒い!と感じたら遠慮せずに温度を上げてもらうようお願いしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。基本的に日本とあまり変わりませんが、雨の時は捕まらないことや行き先を断られることがあることは覚えておきましょう。また、安さと暑さに負けて乗りすぎにもご注意を!

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3021 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4240 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1150 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1678 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

MOMO
MOMO

楽しくてハッピーでミーハーです♪

https://www.instagram.com/_momopi/