シンガポールの定番朝ごはん!カヤトーストのお店4選

1378

View

シンガポールで皆が大好きな定番朝ごはん、カヤトースト。地元の人々に人気なお店へ足を運び、ローカルの気分を味わってみては?

スポンサーリンク

カヤトーストとは?

カヤトーストとはシンガポールやマレーシアの朝食として定番メニューの1つで、ココナッツミルク、卵、砂糖にパンダンリーフという葉を使って作られるカヤジャムを、バターと一緒にトーストにはさんで食べるメニューです。とても甘いのですが、その甘さがやみつきになってしまう味です。

1.Ya Kun Kaya Toast(ヤ クン カヤトースト)

Ya Kun Kaya Toast 1

シンガポールでカヤトーストといえばまず名前があがる有名チェーン店。国内には50店舗近くあり、大きなショッピングモールには必ずと言っていいほど出店しています。

薄いパン生地にココアが練りこんであり、サクサクとした食感にバターとカヤジャムの配合バランスがちょうど良く、絶妙な味わいです。

Ya Kun Kaya Toast 2

Ya Kun Kaya Toast Webサイト

2.Killiney Kopitiam (キリニー コピティアム)

Killiney Kopitiam 1

1919年創業の老舗店。こちらのお店では、こだわりのあるカヤジャムレシピで毎日手作りしているため新鮮な味を楽しむことができます。ジャム自体も店頭で販売しています。ヤ クンよりパンがふわっとやわらかいのが特徴で、何といってもカヤジャムの味が濃厚でトロリとしています。

Killiney Kopitiam 2

Killiney Kopitiam Webサイト

スポンサーリンク

3.TOAST BOX(トースト ボックス)

TOAST BOX 1

シンガポール国内に多く出店しているチェーン店で、気軽に入ることのできるお店です。他店よりカヤトーストの量は少なめですが、シンプルで食べやすいので朝ごはんにもおやつにも最適です。

TOAST BOX 2

TOAST BOX Webサイト

4.Tong Ah Eating House(東亜食堂)

Tong Ah Eating House 1

チェーン店ではないローカルの雰囲気を味わいたいならこちら。チャイナタウンの一角にある東亜食堂は、パンがとても軽くサクサクなのが特徴。筆者はこちらのカヤトーストが一押しです。もとはコーヒー豆のディーラーだったそうで、コーヒーもおいしいので一緒に注文することをオススメします。

Tong Ah Eating House 2

また、カヤトーストと一緒に出てくるコーヒーはKopi(コピ)と言い、練乳入りコーヒーでとても甘いので要注意!コーヒーと思って注文をすると全く異なる飲み物です。ブラックコーヒーは Kopi O Kosong (コピ オ コソン)と言えば注文ができます。

Tong Ah Eating House (東亜食堂)の店舗情報
住所:35 Keong Saik Rd.
電話:65-6223-5083

まとめ

いかがでしたか?是非いろいろなお店に足を運び、シンガポールの朝をカヤトーストで迎えてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 朝食
  • カヤトースト

この記事を書いた人

Atsuko
Atsuko

小さな頃から海外に興味があり、オーストラリア、アメリカ、イタリアへの留学を経て、現在はシンガポール在住。小さい国ながらも多種多様なシンガポールの文化に惹かれる日々。料理が大好きで、現在シンガポール料理を日々勉強中。

http://ameblo.jp/amams24

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)