「Netflix and chill」の日本語の意味は?北米の大学で使う英語スラング5選

4022

View

留学先で学生がよく使うスラング、皆さんも使いたくありませんか?ここでは北米大学生がよく使うスラングをご紹介します。

スポンサーリンク

1.Lit

「Lit」は「盛り上がってる」という意味で、パーティーなどで人が盛り上がってる時に使うフレーズです。

会話例

Hows the party going? (パーティーどう?)

The party is lit you have to come through.(パーティーが盛り上がってるから、絶対来いよ。)

2.Turnt / Turnt up

「Turnt / Turnt up」も「盛り上がってる」という意味で、「Lit」と同じ使い方ができます。若者は「Turnt / Turnt up」と「Lit」を両方使うので両方使ってみてください。

会話例

How was the concert?(コンサートどうだった?)

That concert was turnt!(コンサートすごく盛り上がった!)

3.Netflix and chill

「Netflix and chill」は「家でゴロゴロしながら動画を見る」という意味ですが、実際は映画やドラマを見る事だけが目的だとは限りません。お家でデートをしたい時に若者がよく使うフレーズです。

会話例

What are we doing for our date today?(今日のデート何する?)

It’s raining today I don’t want to do anything outside. Do you want to Netflix and chill?(今日は雨降ってるから外に出たくない。家で映画でも見る?)

スポンサーリンク

4.You the real MVP

「You the real MVP」は、友達が手助けに気が利く事をしてくれた時に使うフレーズです。現NBA選手のケビンデュラントがMVPスピーチで母にかけた言葉から話題になりました。友達に感謝の気持ちを表す事ができるちょっと面白いフレーズなので使ってみてください。

会話例

Guys I bought some pizza for everyone.(みんなにピザ買ってきた。)

Thanks you the real MVP!(気が利くね、ありがとう!)

5.Bounce / Bouncing

「Bounce / Bouncing」は「バイバイ」の意味で、さよならをちょっと面白い方法で伝えるスラングです。

会話例

Where are you going leaving so early? (もう帰っちゃうの?)

This party is boring, I'm bouncing.(パーティーがつまらないから帰るよ。)

最後に

ここでよく使うフレーズは、北米に留学する人なら一度は絶対に聞くと思います。ぜひ留学先で使ってみてくださいね。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

tfhawks
tfhawks

横浜出身。アメリカで育ち、現在はブリティッシュコロンビア大学に通っています。スポーツが大好きです。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)