英語「さようなら」フレーズ集 Bye以外の11の表現

4737

View

別れ時のお決まりフレーズである「Bye」。これ以外にもネイティブが使う「さようなら」の表現って、案外たくさんあります。今回は、実際にネイティブが使う「さようなら」の表現をご紹介します。

スポンサーリンク

《Bye系》

Bye系の「さようなら」を表現するフレーズです。

1.Bye now

「じゃ、またね」

2.Good bye for now.

「(今日のところは)さようなら」

一般的には「Bye」や「Good bye」が頻繁に使われますが、このような表現も耳にします。1は特にアメリカ人やカナダ人が好んで使う表現です。

バンクーバーでは、バスの運転手に「Thank you」と言うと、「Bye now」と返ってくることが多いです。「now」や「for now」をつけることで、「それじゃ」「今日のところは」のようなイメージをプラスします。

《See you系》

カジュアルで応用が利く「See you」系の「さようなら」を表現するフレーズです。

3.See you.

「またね」

4.See you soon.

「また(すぐ会おう)ね」

5.See you later.

「また(あとで)ね」

「soon」は、わりと近い将来で、いつ頃かが比較的明確にイメージされています。「later」は、どちらかと言うといつ頃かはっきりさせず、未定の印象があります。

「See you」の後に「tomorrow」や「on Friday」などの「時を表す表現」や、「in the restaurant」や「at the bus stop」などの「場所を表す表現」をつけて、「いつ」「どこで」会うのかという情報を付け加えることもできます。

《フォーマル系》

フォーマルに使える「さようなら」を表現するフレーズです。

スポンサーリンク

6.Have a good day.

「良い一日を」

7.Have a good one

「良い○○を」

8.(You have a) good night.

「おやすみなさい/良い夜を」

9.Take care.

「ご自愛ください(=さようなら)」

6は皆さん聞いたことがあると思います。7の「one」とは何?と思う方もいるかも知れません。これは、英語の便利なところで、「one」は何にでもなります。「good day」「good night」「good afternoon」など、時と場合によって、どの意味にもなります。

9は、フォーマルにもカジュアルにも使えます。元々「お大事に」の意味ですが、転じて「さようなら」の意味になります。

《スラング系》

スラングの「さようなら」を表現するフレーズです。

10.Catch you later.

「じゃ」「またな」

「See you later」の仲間とも言える表現です。かなりリラックスした表現で、スラングとして使われます。サーファーが使っているようなイメージです。

11.Cheers.

たびたび紹介している、イギリス、オーストラリア英語の「Cheers」。「ありがとう」「さようなら」「カンパイ」、どれにでも使えます。

まとめ

いかがでしたか?この機会に「Bye」のマンネリを解消して、いろいろな表現でネイティブに「さようなら」を言えるようになりましょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。