イギリス人の変わった国民性とは?外国人の私が感じるイギリス人あるある

2983

View

私の友人がロンドンの語学学校で英語を教えているのですが、先日、世界各国から集まっている生徒さんが、イギリス人に関する疑問についてディスカッションをしているのを見学させていただきました。イギリス人全員がそうだとは一概に言えませんが、私が思わず「あるある」と納得した面白いやりとりがいくつかありましたので紹介します。

スポンサーリンク

イギリス人はものすごく暑がり?

  1. エミリー

    どうして気温が20度前後になると、みんな半袖やノースリーブになるの?サマードレスやショートパンツで見ていると、寒くて凍えそう!

同じヨーロッパでも温かな国から来たエミリーからの質問に、筆者も最初は同じことを思ったなぁと懐かしく感じました。イギリス人数人がゲストで来ていたのですが、みんなの答えは

「えっ?だって、夏だから。」

「20度過ぎたら真夏だもん。」

エミリーは「私の国ではその気温ならまだみんな軽いコート着ています」とあっけにとられていました。そうです。イギリス人にとって20度以上は真夏。今しかない!と、サンダルを履きサマードレスに着替え、地域によっては男性は上半身裸でビールやフィジードリンク片手にうろうろ。いったい紳士の国はどこにいった?というイギリスに早変わりするのです。

最初は「なんじゃこりゃ?」と思っていた筆者ですが、今なら意味が分かります。イギリスの冬は日照時間が日本では想像できないほど短く、朝10時くらいに、ようやくボヤーと薄くグレーに明るくなったかと思えば、午後3時頃から、最初からあるかないかのグレーの光すら消え初めて4時には足元が見えなくなるのです。

一日オフィスや学校など室内にいると、お昼の時間しか日の光を浴びるチャンスがありません。ロンドン中心部のオフィス街近くの公園は芋洗い状態。みんなこぞって日光浴をします。中には水着を持参して着替えてまで全身に光を浴びる人もいます。日照不足から不足しがちなビタミンDを作るチャンスでもあり、寒く暗い冬に負けないためにみんな精一杯肌を出し、お日様を浴びて冬に備えているのです。イギリス人の「太陽の光」に対する思いは本当に切実なもの。次はいつチャンスがあるか分からないのですから。

それに、少しばかり肌寒いからと気後れしていては、この国ではせっかく買った素敵なサンダルもドレスも一年間出番がなく、ホリデー以外はお蔵入りです。みんな必死で短く美しい夏を楽しんでいるんだなあと、今では痛いほど解りました。笑っていた自分を恥ずかしく思います。

実はイギリス人はお茶にこだわりがない?

  1. ケイティ

    どうして茶葉から紅茶をいれないの?ティーバッグばっかり…

「イギリスに来る前は相当みんな紅茶にはこだわっていると信じていました。私の家ですら、紅茶は茶葉から淹れますから。イギリスのどこのお家にいってもティーバッグばかりだし、スーパーに茶葉がないときもあって驚きました。」と、黒髪が美しいオリエンタルな女性ケイティは言いました。

分かります。筆者も、ドレスコードがあるようなホテルのアフターヌーンティに、折角だからと日本からのお客様をお連れしましたが、ティーポットにはやはりティーバッグ、皆さんビックリされていました。

「こだわって飲む人もいるよ、でも、茶葉もティーバッグもどっちも美味しいから、関係ないんじゃない?それよりも、お茶の種類や品質ならこだわるけど。」

「一日に何杯も飲むから掃除も面倒だし、昔からずっとティーバッグだわ。」

「家もずっと240個入りのティーバッグを買ってるけど、あっという間に無くなるわね。茶葉は近所の小さなスーパーにないし、割高だから。」

と、イギリス人。日本できちんとお茶を淹れることを学んできましたから、筆者も最初こそ同じようにビックリしました。ですが、イギリスではどのように淹れても紅茶が美味しいので、今ではティーポットにティーバッグです。それに、我が家も2人ながらあっという間に80個入りの箱が2週間弱でなくなるので、茶葉ではどうしても間に合いません。もちろん、紅茶で有名な老舗のデパートやこだわったティールームに行けば、様々な品質、種類、ブレンドの茶葉が売られています。ちょっとのんびり贅沢なひとときには、そういうものをいただくのも良いですね。

ちなみにイギリスの皆さん、ミルクとお砂糖を2杯入れて飲むのがお好きなようです。最近はディカフェの紅茶や 、更に様々な種類のフルーツ、ハーブティ、ルイボス、グリーンティーなども昔に比べて随分と増えたのが嬉しいです。

スポンサーリンク

イギリス人のお酒の飲み方は変?

  1. エドウィン

    どうしてパブで延々とお酒だけ立ちながら飲むの?食事は?

グルメ国から来たエドウィンには、イギリス人が食事もおつまみも無しでお酒だけを延々と、しかも立ちながら何時間も飲むことが不思議とのこと。「せめてチーズくらい無いと美味しく感じないし、食事の無いお酒の意味が分からない。イギリスの友人と行くと私だけピーナッツぽりぽりしていますが、あとのみんなはまったく気にしないんです。本当はパブスナックのチップスくらい食べたいけれど、みんな立ってるから、座らないと食べれないものは結局注文できません。」と、エドウィンは嘆いていました。

そうなんです。イギリスの人、本当にひたすらお酒だけをつまみなしでパブで飲みます。もちろんガストロパブなど、お食事をメインにしたパブもあり、そういうところではダイニングスペースとパブが分かれていますから、もっとレストランのような感じで使えます。バースナックやパブクラッシックなどでも、基本的に食事は用意されていますが、多くのイギリス人が「パブに行く」というと、友人や同僚とただお酒をのみ会話をすることを指すことが多いです。

イギリス人のその質問に対しての答えは

「考えたこともなかったわ、それが普通だから。おかしいのかしら?」

「会社終わるころにはカフェもしまっているし、かといってレストランに行くほどでもないし、そういうときは仲間でパブに行って飲むわ。気がついたら何時間も経っているから、お腹が空いたら近くのハンバーガー屋さんに食べに行って、またパブに戻る。ちゃんと食べてるわよ?」

「何でっていわれても、それが普通だからなぁ。パブで飲んだ帰りに電車でサンドイッチ食べるとか、地元のFish&Chipsショップに寄って、揚げたての紙に包まれたチップス抱えてつまみながら家まで歩くの最高だけれど。」

居酒屋がある国から来た筆者は、何年住んでも未だにこれだけは馴染めません。しかも彼らは寒い冬空の下でも外で飲んだりします。週末にもなるとパブの外に立ち飲みする人があふれ、車道にも人が溢れて危ないくらいです。「いちいちタバコ吸う度に外出るのが面倒だし、中も込んでいて嫌だ。」と友人は皆言います。

夫の会社には毎日ランチタイムに必ず3パイントのビールを、もう10年以上欠かさずのんでいる人もいるそうです。もちろん時間がきたら普通に仕事に戻ります。そういった人も少なくありません。夫もしょっちゅうイギリス人の同僚に「Fancy a pint?(一杯どう?)」と誘われているそうです。

地方のファミリースタイルのパブなどでは、もう少しゆっくり時間が流れています。私の地元のパブには、日曜日にサンデーローストを食べながらのんびりスポーツ観戦をするご年配のカップルや、仲間に会うためにふらっと立ち寄り、やはり立ちながら談笑する人たちもいます。もう何年も変わらない彼らの日常のなんでしょうね。寒空の下でタバコを吸いビールを飲みながらテラスで読書する方など様々です。

イギリス人は英語が下手?

  1. ナン

    イギリス人の友達が、いつもスペル間違いをしてるんです。

「私にはイギリスの友人がいますが、彼女が常にMaybeを Mabyeとスペル間違いをしたメールを送ってくるんです。イギリスに来る前は英語を話す人がスペルミスをするなんて考えたこともありませんでした。これは普通のことですか?」そう訊ねた東欧出身のナン。とても一生懸命英語を学んできたので、スペルミスをする友人に驚いたそうなのです。

それに対してのイギリス人の反応はこうでした。

「あるわよ、もうしょっちゅう。特に会社で全部PCがやってくれるようになってからは酷くなったわ。」

「さっき、あなたたちが勉強しているテキストブックを見せてもらったけれど、知らない言葉がいっぱいあったよ。辞書で調べなきゃ分からない。」

「友達のSNSみてもスペルミスなんて当たり前だよ。俺も、なんだったっけなあと調べたりするからね。」

そうなんです。筆者の夫もたまに「あ、スペルなんだっけ?ど忘れした。」と調べています。留学を目指して一生懸命勉強されてる皆様のほうが、もしかしたら難しい単語やスペルをしっているなんてこともあるかもしれませんね。私たち日本人も漢字をふと忘れてしまったりしますし、読めない漢字を調べたりしますものね!イギリス人も同じなんです。そんなに気負わなくても楽しく英語も勉強していけばよいのだと、皆ホッとしていました。

最後に

さて、今回もお楽しみいただけましたか?イギリスから皆様の留学生活がすばらしいものになりますよう、心から応援しています!

Have a lovely day!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

モモグラモ
モモグラモ

イギリスのロンドンはウィンブルドンに住んで9年目です。元ハリーポッターに出演していた夫(南アとオランダのダブル国籍です)と二人暮らしです。私がいっぱい涙が出るくらい恥ずかしい思いをしつつ経験してきた生活の知恵、英語の言い回し、イギリスの穴場やこぼれ話をお届けできたら嬉しいです。またBAFTAの試写会でのセレブリティーの写真もご紹介できたらと思います。