ビールだけじゃない!ドイツならではの飲み物5選

5077

View

ドイツの飲み物と言えば、ビールを連想する方も多いのでは?確かにオクトーバーフェストの本場だけあって、ドイツではビール文化がとっても盛んです。
でも、ビール以外にもドイツならではの飲み物は沢山あるんです!そこで今回はドイツのスーパーで見付けた、変わった飲み物をご紹介します。

スポンサーリンク

1.Radler(ラドラー)

Radler

まずは大定番のこちら!ビールとレモネードを1対1の割合で割った、ラドラーです。アルコール度数は2~3%とあまり高くないので、お酒が苦手な方にもおすすめ。ほとんどのレストランやバーにあるので、覚えておくといいですよ!

2.Apfelschorle(アプフェルショーレ)

Apfelschorle

りんごジュースを炭酸水で割ったこちらも、老若男女問わず人気です。味が薄くて美味しくなさそう…と思うかもしれませんが、さっぱりしていて後味も残らないので、食事中に飲むのにぴったりです。

「ショーレ」は炭酸水割りという意味で、写真のようにりんご以外の様々なジュースのショーレが存在します。ちなみに、レストランには「ワインショーレ」と言って、ワインを炭酸水で割った飲み物もあります。

3.Spezi(シュペッツィ)

Spezi

こちらはコーラをファンタで割った飲み物!意外な組み合わせですが、一度飲むと結構ハマります。ビアガーデンで定番の飲み物のひとつです。

スポンサーリンク

4.Kombucha(コンブーハー)

Kombucha

昆布茶?と驚かれるかもしれませんが、こちらは「コンブーハー」と読み、日本の昆布茶とは全く別物です。日本では紅茶キノコと呼ばれるそうで、1970年代に健康飲料として大流行したんだとか。微炭酸で、ほんのりクランベリーの味がして美味しいです。ドイツでも健康飲料として定番商品だそうですよ!

5.Iced Tea(甘~いアイスティー)

Iced Tea

市販のアイスティーはどれも砂糖がたっぷり入っていて、ジュースのように甘いです。「グリーンティー」と書いてあっても、日本で買う緑茶とは全く違う味なのでご注意を!(写真のグリーンティーもハチミツ入りと書いてあります)

まとめ

いかがでしたか?日本では馴染みのない飲み物が多く、驚かれたかもしれませんね。飲んでみたら意外と気に入った!という方も多いようなので、留学生活中にぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • Kombucha
  • 飲み物
  • Apfelschorle
  • Iced Tea
  • Radler
  • Spezi

この記事を書いた人

hana
hana

ミュンヘン生活2年目、海外生活11年目の日英バイリンガル。ただいまドイツ語勉強中です。海外生活を自分らしく・ハッピーに楽しむコツ、そしてミュンヘンのお役立ち情報をお届けします!

http://hanamlife.blog.fc2.com/