日本人は英語ができる!現地イギリスで見る複雑なイギリス英語事情

5071

View

英語が苦手だといわれる日本人、本当にそうなのでしょうか?イギリスから在英9年の筆者は「そうではない」と感じています。その理由をお届けします。

スポンサーリンク

皆さんは旅先や留学先で人の英語が聞き取れずに落ち込んだことはありませんか?私はしょっちゅうでした、いや、9年もロンドンにすんでる今ですらあまり変わりません。最初はそれを「私の英語力がないからだ!」と自分を責め落ち込みました。必死で勉強しながら少しずつ様々なイギリス英語事情に触れていくにつれて、「そうか!そうなんだ!」とあることに気づいてからは気持ちも楽になりました。

映画に学ぶ英語の訛りについて

突然ですが、皆さんはブラッド・ピット主演の映画「スナッチ」をご覧になったことがありますか?イギリスを舞台にした映画で、イギリス文化の背景やスラングを理解するとより楽しめる映画なのですが、その中の1コマが面白いんです。

ダグは好きか?
アイリッシュ訛りのブラッド・ピットがロンドンから来たキャラクターたちに話しかけます。聞かれた彼らはぽかーんと答えを返すことができません。ピットの質問がてんで理解できないのです。そしてピットのキャラバンから出てきた可愛らしいものを見て、

oh、ドッグね。
皮肉を込めてそう返すのです。

イギリス英語は訛りのオンパレード

私たちも同じ経験をたっぷりしています。ロンドンの中でも東西南北どころか生まれた町による個性的なアクセントがありますし、さらにはアッパー、ミドルクラスなどによっても話し方も全く違います。

それがイギリス全土になると、ロンドンの東のハック二ー辺りで話されるコックニーから、ニューカッスルのジョーディ、リバプールのスカウス、もうそれらにスコットランド、ウェールズも加わり有りとあらゆる訛りのオンパレード、旅先で「ブターはいる?」と聞かれて夫と固まった経験はありますが「バター」の事でした。

また、空港でまったくコーヒーのオーダーが通じなくて困っていたアメリカの方を見たことも。

夫は英語が母国語ですが、二人で入ったパブで何を聞かれているのか全くわからずに口を明けたま固まってしまったこともあります。彼は今でこそ16年もロンドンに住んでいるので慣れていますが、最初は単語や言い回しが全く分からず困惑したそうです。

スポンサーリンク

ロンドンには英語を母国語としない人がたくさんいる

さらに、それだけではなく、ロンドンには有りとあらゆる人種に訛りが溢れています。私の友人はロンドンに20年近く住むフランス人ですが、まるでフランス語を話すように英語を話します。

夫の会社の社員食堂で働く南米から来たバリスタは、ナンバー、簡単な挨拶、コーヒーの注文以外はほとんど英語を話しません。本人も回りも気にしていないのでまったく上達しないと夫が言っています。

たまに入る小さなカレー屋さんでは、9年間も仲良しなのにウェイターさんは私たちの名前である「グラム」の発音ができずに「グラハムさん!グラハムさん!」といっています。もういいです、グラハムで。

さて、ここで最初の質問に戻りますが、もし皆さんが英語の意思疏通で落ち込んだことがあったら、もしかしたらその相手は英語が母国語ではない方だったかもしれませんし、美しいフランス訛りの、しかしとても聞き取りにくい英語を話すフランスの方だったかもしれません。あるいは国から出てきたばかりの全くの英語初心者の方だったかもしれません。

私は、それに気づくまで「私はなんて英語が下手なんだろう。」と何度も落ち込みましたが、夫の言うことやテレビのある局のアナウンサーの言ってることはほぼわかるのです。それに、私は学生のころは学校での英語の授業なんかほとんど聞いていませんでしたから、それでも義務教育である程度勉強してきた日本人の皆さんが全く英語が苦手なんて事はあり得ません。

ロンドンには、全く英語を話さずに暮らしている人だっているのです。ナンバー、挨拶、excuse me,thank you,please,これらが分かっていたら何とかなります。後は生活の中で、留学の中で、勉強と共に自然に身に付きます。

完璧な英語を求めなくていい

私も昔は「完璧じゃなければだめだ」と思い込み、「私の英語、あんまり上手じゃなくてごめんね。」というと、うちにきた修理やさんやお店の人に「Your English is absolutely fine!(あなたの英語は全く問題ないわよ!)」とかえって驚かれたように言われたものです。

「英語が不安だから留学はなあ。」
「発音が悪いしなあ。」
「みんながネイティブの中、孤立したら嫌だな。」

もしそうためらっていらっしゃる方がいたら迷わず飛び出してください。少なくともロンドンにはそんな心配は無用です。確かに最初の取りかかりは大変かと思いますが、あなたよりずっと英語ができない人も、ナンバーから英語を学んでいる人も、みんなここで生きています。発音だって、みんなユニークだから素晴らしいのです、何も恥じることはありません。そして、誰も気にしないで堂々としています。

きちんと基礎ができている皆さんは、一度流れにのったらきっと楽しく学んでいけるはずです。

どうか、心配しないで飛び出してください。世界にはたくさんの素晴らしい事が溢れています。留学を終える頃にはきっとたくさんの自信や思い出が皆さんを笑顔にしてくれるはずですから。

それでは、またロンドンはウィンブルドンよりお便りします。
Have a fantastic day!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3623 view
  • 頑張れニッポン男児!アメリカ人女性とデートで注意するべき言動・マナー【実践編】

    前回の「頑張れニッポン男児!アメリカ人女性とデートのための「心得」4選【準備編】」では、アメリカ人とのデートをするための準備について書きました。本稿ではデートの実践について書いていきたいと思います。リサーチ調査とField Workを行う過程、女性の言動に様々な裏の意味が隠れていることに気づいてきました。それらについても書いていきましょう。

    命かげろう 10971 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3026 view
  • 「新しい」学びをNew Zealandで!ーー ThinkNew:ニュージーランド留学フェア2016レポート

    これからは高い教育水準で世界有数の治安の良さを誇るニュージーランド留学の時代です!留学といえばアメリカ、イギリス。そう思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、治安や高校生以下の留学など、アメリカやイギリス留学には制限があるのも事実。そこで今回は大使館が主催するニュージーランド留学フェアに行ってきました!イベントの様子と、ニュージーランドの魅力をたっぷりお伝えします!中学、高校、大学生で留学したいと考えている方やその親御さんは必見です。

    運営チーム 2482 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

モモグラモ
モモグラモ

イギリスのロンドンはウィンブルドンに住んで9年目です。元ハリーポッターに出演していた夫(南アとオランダのダブル国籍です)と二人暮らしです。私がいっぱい涙が出るくらい恥ずかしい思いをしつつ経験してきた生活の知恵、英語の言い回し、イギリスの穴場やこぼれ話をお届けできたら嬉しいです。またBAFTAの試写会でのセレブリティーの写真もご紹介できたらと思います。