英語で料理をもっと楽しもう!英語レシピで作る「サーモンポテトグラタン」

3583

View

英語のレシピに出てくる独特の言い回しや単語を覚えて、英語の料理本を使いながら料理ができたらとっても素敵ですね。ここでは、簡単な「サーモンポテトグラタン」の作り方を、英語でご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

前回は「英語レシピで作る『レモンケーキ』」、「英語レシピで作る『チョリソー、ひよこ豆とグレープフルーツのサラダ』」をご紹介しました。今回はその続編として、「サーモンポテトグラタン」をご紹介します。

Salmon and potato gratin(サーモンポテトグラタン)

*「gratin」はフランス語から入ってきた単語です。スペルに注意しましょう。

スポンサーリンク

Ingredients(材料)

Serves 3(3人前)

700g potatoes(じゃがいも)

5g butter(バター)

2 branches dill(ディル2枝)

300g pack salmon fillets, cut into 2cm chunks(鮭の切り身、2センチのぶつ切り)
*「fillet」は「切り身」「開き身」「ヒレ(肉)」という意味です。肉にも魚にも使います。
*「chunk」は「塊」「ぶつ切り」という意味です。

freshly ground black pepper(挽きたての黒コショウ)

100ml single cream(生クリーム)
*イギリスには生クリームにいろいろ濃さがあり、「single」「double」「extra thick」の順に濃くなります。ちなみに、このレシピでは牛乳でも代用可能です。

100ml vegetable or chicken stock(野菜または鶏だし汁)

Method(作り方)

1. Preheat the oven to 190℃. Cut the potatoes into 5mm thick slices.

(オーブンを190℃に予熱します。じゃがいもを5ミリの厚さに切ります。)

2. Bring them to the boil in a large pan of boiling water and simmer for 5 minutes until part-cooked. Drain well.

(沸騰したお湯の入った大きな鍋にじゃがいもを入れて(再度)沸騰させ、部分的に火が通るまで5分ほどコトコト煮ます。)

*「boil」は「煮る」「茹でる」「沸騰させる」という意味があります。料理の英語は、こちらの記事をご参照ください。
*「simmer 」は「コトコト煮る」という意味という意味です。

3. Rub a 20cm ovenproof dish with the butter.

(20センチのオーブン用の皿にバターをすり込みます。)

*「~proof」で「~を通さない」「耐~性の」という意味になります。例えば、「waterproof」(水を通さない)、「bulletproof」(弾丸を通さない)などがありますね。

4. Layer half the potato slices in the dish. Sprinkle the dill on the potatoes, lay the salmon over in a single layer and season with salt and black pepper.

(半分のじゃがいものスライスを皿に並べます。じゃがいもの上にディルを散らし、その上に鮭を一重になるように乗せ、塩と黒コショウで味付けします。)

*「sprinkle」は「散りばめる」「撒く」という意味です。「sprinkler」(スプリンクラー)は水を撒くから「散水栓」ですね。

5. Top with the rest of the potatoes, making sure that the final layer looks neat.

(最後の層がきっちりとなるように、残りのじゃがいもを一番上に乗せます。)

*「make sure~」で「~するようにする」「確実に~する」です。
*「neat」は「整った」「整頓された」という意味の形容詞です。

6. Whisk the cream and stock together, pour it over the potatoes and cook for 50 minutes to 1 hour, or until the top is crispy, the salmon flakes easily and the potatoes are cooked through.

(生クリームとだしを泡立て器で混ぜあわせ、それをじゃがいもの上に注ぎ、50分から1時間ほど、あるいは表面がカリカリになって、鮭が簡単にほぐれ、じゃがいもに火が通るまで、(オーブンで)調理します。)

*食べ物の食感によく使われる単語「crispy」は「カリカリ」「サクサク」といった意味合いです。ちなみに、イギリス英語では「crisps」は「ポテトチップス」のことです。
*「the salmon flakes easily」の「fakes」は動詞で使われています。注意しましょう。

まとめ

英語でレシピを読むだけで、新しい単語や表現に出会うことができます。料理好きな方なら、レシピを読みながら勉強するのも、一石二鳥でいいかもしれませんね。また、このレシピは簡単なのに豪華な感じが出るのでおすすめです。タイトルの画像は私が作ったものですが、ちょっとアレンジして鮭とじゃがいもを生クリームとだしの中で予め混ぜてから、チーズを乗せて焼いてみました。ディルは最後に散らしても、風味があっていいですよ。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。