日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

3094

View

PopTech

皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.シンプルかつ面白い

アメリカ人のプレゼンで筆者が一番印象に残っているのは、一言で言うと非常に面白いことです。話すスピードも丁度よく、話の展開も分かりやすいので、聞いていても一切眠くなるどころか、話に引き込まれていきます。プレゼン資料のパワーポイントもシンプルなものが多く、本人が伝えたいことが明確にまとまっています。また、笑わせる内容なのに、最後にはズバッと自分の考えやまとめが入っているのです。

逆にダラダラと難しいことを並べ、文章もたくさん書いてあるパワーポイントを見せられた時には、内容がほとんど頭に残りません。筆者が日本で働いていた会社のプレゼンは大体が堅苦しいものだったので、アメリカ人の行っているプレゼンを見た時には目からウロコが落ちました。

2.聞き手も参加型が多い

筆者が今まで見てきたアメリカ人のプレゼンで魅力的だと思ったのは、プレゼンの中で話し手が聞き手に意見を聞いたり、ミニクイズを出したりする「聞き手参加型」タイプのプレゼンが多かったことです。こうすることによってその場に一体感が生まれ、聞き手も飽きません。

日本人の行うプレゼンは、まだまだ話し手の一方通行が多い気がします。しかし、話し手はプレゼンの中でいかに聞き手の興味を引くかがポイントになるかと思います。

スポンサーリンク

3.自信がある

筆者がアメリカ人のプレゼンの中で感心していることは、面白みを加えながらも最後には明確な意見を述べていることです。また、自信に満ち溢れています。これにはいつもスゴイなぁと思っています。

筆者は現在ローカルの学校で働いていますが、アメリカではみんなの前でスピーチをしたり、グループで発表したりする授業がとても多いです。また、皆積極的に手を挙げて自分の意見を述べます。このように、小さい頃から自分の意見を主張する特訓をしていることが日本の学校とは少し違うように思いました。もちろん、教育方法や育った環境が違うのでアメリカ人と全く同じようにはいかないと思いますが、私たちも自信を持ってモジモジせず、自分の意見を述べたいものです。

最後に

自分らしいプレゼンのスタイルを見つけてくださいね。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2874 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5888 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4908 view
  • バンクーバーで買いたい!カジュアルにも使えるアウトドアグッズ5選

    アウトドアが盛んなバンクーバーには、アウトドア用品やスポーツ用品の専門店がたくさんあります。ここでは、そんなバンクーバーでぜひ買いたい、カジュアルにも使えるお勧めアウトドアグッズを5つご紹介します。

    eplm 5396 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Makani
Makani

学生時代は英語大嫌い!いつも追試組・・・。そんな私が英語力ゼロで海外に一人旅をしたことをきっかけにバックパーカーとして旅を続けることになり、現在縁があってハワイ在住。今まで見てきたことや感じたことを、少々辛口で共有していきたいと思います。