日本未上陸!おみやげにもなるコストコお勧め商品7選

4675

View

Mike Mozart

日本でもすっかりおなじみになったコストコ。年会費さえ払えばリーズナブルに買い物ができるので、我が家は日本に住んでいた時もシアトルにいる現在も大変お世話になっています。そして気づいたのは、当然ながら「日本とアメリカでは随分品揃えが違う」ということ。ここではアメリカならではの、おみやげ(あるいはネタ)になりそうなコストコ商品をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

入会は日本で済ませておこう

Costcoの会員カード
Costco

その前に、Costco(コストコ)で買い物をするには会員登録をして年会費を支払う必要があります。「この年会費がハードル高いんだよね……」という声も聞きますが、コストコの収入源はほとんどが年会費だといわれており、それはつまり不当に高い中間マージンを取っていないということです。

コストコではほぼ仕入れ値に近い金額で商品が買えるので、年会費も何回か通えば元が取れてしまいます。一度入会すればその後1年間は世界中で会員証が使えますし、カード1枚につき非会員の大人1人を同伴できるなどメリットは大きいです。

そして、もしあなたがまだ日本にいてこれから渡米する予定なら、断然日本で入会しておくことをおすすめします。なぜなら日本の年会費の方が安いからです。

会員には個人と法人の2種類(アメリカでは3種類)があり、個人の年会費は税抜4000円、法人は税抜3500円です。アメリカの年会費は個人・法人ともに税抜55ドルですから、かなり割安感がありますね。特に今は悲しいくらいの円安ですので。

会員登録はネットからでもできます。

では、前置きが長くなりましたが日本未上陸の商品を紹介していきましょう。

1.シアトルの地ビール

シアトルの地ビール

アメリカ、というかワシントン州限定かもしれない地ビールです。コストコのオンラインショップで検索してもヒットしませんから、実店舗に行かないと手に入らないでしょう。

シアトルにはかっこいいブルワリーが山ほどあるのですが、その中でも歴史が長い「Pike Brewery(パイク・ブルワリー)」の商品が扱われています。一大観光スポットのパイク・プレイス・マーケット内にあり、常時混んでいるブルワリーなので、コストコでその商品が手に入るのは便利ですね。ブルワリーより値段も安いです。

パイク・ブルワリー(Pike Brewery)

さらに、パイク・ブルワリーの2015年夏季限定フレーバーも売っていました。売れ残り在庫をコストコが買い取ったんでは……と思えなくもないですが、まぁ希少価値が高いことは間違いないです。夏用で軽めのお味らしく、日本人の口にも合いそうです。

おみやげとして厳重に梱包してスーツケースに詰め込んでもいいですし、割れたり質が落ちたりするのが心配な方は現地で乾杯してもいいでしょう。

2.甘~いヤギのチーズ

甘~いヤギのチーズ

日本にはおいしいものがたくさんありますが、チーズでは西洋諸国に負けると思っている筆者です。コクのあるチェダーチーズ、塩分・脂肪分が少なくてヘルシーなカッテージチーズ、ほんのり甘めのリコッタチーズ……と、種類が豊富で日本より安価なので、チーズコーナーを見ているだけでうっとりしてしまいます。

中でも日本であまり手に入らないのが、ヤギのチーズ(シェーブルチーズ)ではないでしょうか。牛のチーズより癖があって日本人の口には合いにくいというのが理由かと思われますが、上写真のシナモン&クランベリー味のヤギチーズというのは食べやすそう。パッケージも可愛いです。

肉類と違って乳製品は海外から日本へ持ち込めるので、おみやげにぴったりですね。

3.クランベリーソース

クランベリーソース

クランベリー続きで恐縮ですが、アメリカ料理には欠かせないクランベリーソースです。11月のサンクスギビング(感謝祭)でターキーに添えて食べるのが一般的です。

酢豚にパイン並みの抵抗を感じる方もいるでしょうが、こってりしたお肉に酸味のあるソースが、存外合うのです。そういえばフィンランドでもミートボールにベリーソースを添えますし、そんなに不思議な取り合わせではないのかもしれません。

アメリカでは缶詰のソースもよく売っていますが、こちらはクランベリーの粒が入っているので缶よりおすすめ。日本ではクランベリー自体なかなか手に入らないため、おみやげや日常使いにいかがでしょうか。ここだけの話、ソースだけペロッと舐めてもおいしいです。

スポンサーリンク

4.常温保存OKな豆腐

豆腐
Morinaga

健康志向が高まるアメリカでは、日系スーパーでなくてもお豆腐が簡単に手に入ります。ベジタリアンやビーガンの方がお肉代わりに食べているという印象です。

そんなお豆腐、常温保存もOKな商品を見つけました。買いだめしておきたいアメリカ在住の方にはおすすめ……かもしれません。

常温保存OKな豆腐
House Foods

上のお豆腐は冷蔵用として売っていましたが、開封しなければ65日もつそうです。一体どういう仕組みなのでしょうか。

海藻サラダ

ちなみに日本発の健康食品というのはまだあって、いまはワカメなどの海藻類がブームの兆し?とのことです。コストコにも海藻サラダが売っていました。

5.携帯用アルコールチェッカー

携帯用アルコールチェッカー

だんだんネタの様相を呈してきましたが、こちら日本ではあまり目にしないアルコールチェッカーです。どのくらい酒気を帯びているか計測することができます。「車のキーチェーンにつけておこう!」という謳い文句で販売されています。

ワシントン州では「運転時、呼気1リットル中のアルコール濃度は0.08mg未満に」と法律で定められています。日本だと「0.15mg未満」なので、意外にも日本の規制の方が緩いんですね。

車社会のアメリカは、どこへ行くにも車が欠かせません。当然パブやレストラン、ホームパーティにも車で行くことになるので、周りのローカル人たちを見ていると「ビール1杯程度なら大丈夫だよ~」という空気を感じます。が、いけないものはいけません。道路でも「アルコール濃度は0.08mg未満に」という標識を見ますし、違反すれば逮捕・罰金・自動車保険料UP・1年間免許停止……と、それはそれは恐ろしい罰則が待っています。むしろ車社会だからこそ、1年間の免停は大打撃です。

日本より飲酒運転してしまう確率が高いが、罰則も厳しい。そんなアメリカだからこそアルコールチェッカーが普及しているのかもしれません。

6.流行の本

日本のコストコにも洋書が売っていますが、アメリカで流行っている本をいち早く手に入れたいなら、やはり現地の店舗がおすすめです。

いまアメリカでは「大人のぬり絵」が大流行で、どこの書店でも一番いい場所に置いてあります。「メディテーション」のコーナーでも見かけるので、精神の安定や安らぎを求めて手にする大人が多いのでしょう(みんな疲れているんでしょうか)。コストコにももちろん、売っていました。中でもおすすめはこちら。

ジョアンナ・バスフォード(Johanna Basford)の新作
Johanna Basford

スコットランド出身の画家「Johanna Basford( ジョハンナ・バスフォード)」の新作です。第1作目のぬり絵本『Secret Garden』が大ヒットし、第3作目であるこちら『LOST OCEAN』も売れています。定価16.95ドル、アマゾンでは10.17ドル、コストコでは9.99ドルだったので、やはりコストコ強しです。

7.シアトルにちなんだカレンダー

シアトルにちなんだカレンダー

今の時期なら、シアトルでしか手に入らないカレンダーもたくさん目にします。軽くて薄いので、日本へのおみやげにも最適。

前述したシアトルきっての観光スポット、パイク・プレイス・マーケットのカレンダーは、繊細な水彩画で市場の賑わいが描かれていて素敵。シアトルの大人気アメフトチーム、シーホークスのカレンダーはスポーツ好きの方に。ワシントン州の写真が載ったカレンダーも、毎月現れる絶景に心癒されそうです。

最後に

実はコストコはシアトル生まれなので、なんだか一方的に親近感を抱いています。

書いているうちに「これらをおみやげにするって無理があるだろう」と思ってきましたが、あくまで「日本にない、アメリカならではの商品選出」ということでお楽しみいただければ幸いです。

念のため、英語では「コストコ」といっても通じません。「コスコ」「カスコ」のように発音しますので(アクセントは最初の「コ」「カ」に)、ご注意ください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3623 view
  • 頑張れニッポン男児!アメリカ人女性とデートで注意するべき言動・マナー【実践編】

    前回の「頑張れニッポン男児!アメリカ人女性とデートのための「心得」4選【準備編】」では、アメリカ人とのデートをするための準備について書きました。本稿ではデートの実践について書いていきたいと思います。リサーチ調査とField Workを行う過程、女性の言動に様々な裏の意味が隠れていることに気づいてきました。それらについても書いていきましょう。

    命かげろう 10971 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3026 view
  • 「新しい」学びをNew Zealandで!ーー ThinkNew:ニュージーランド留学フェア2016レポート

    これからは高い教育水準で世界有数の治安の良さを誇るニュージーランド留学の時代です!留学といえばアメリカ、イギリス。そう思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、治安や高校生以下の留学など、アメリカやイギリス留学には制限があるのも事実。そこで今回は大使館が主催するニュージーランド留学フェアに行ってきました!イベントの様子と、ニュージーランドの魅力をたっぷりお伝えします!中学、高校、大学生で留学したいと考えている方やその親御さんは必見です。

    運営チーム 2482 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • お土産
  • 大人のぬり絵
  • パイク・ブルワリー
  • Johanna Basford
  • コストコ
  • Costco
  • ジョハンナ・バスフォード

この記事を書いた人

美紗子
美紗子

日本の大学で英語学を学びながら、語学留学でロンドン、国際インターンシップでドネツク(ウクライナ)へ。その他旅に明け暮れて、次第に旅するように暮らしたいと思うように。大学卒業後は日本の出版社に5年半勤め、現在は配偶者とシアトル在住。

https://note.mu/misakot