休み時間は先生次第?通学して気付いたオランダの語学学校の5つの特徴

1231

View

1ヶ月ほど前から、オランダ語の語学学校『Scalda (スカルダ)』に通い始めました。そこで気づいた、日本の学校生活になかったオランダの授業に関する特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

1.教室に時計がない

私が通っている学校『スカルダ』は、教室内に時計がありません。もちろん、1日の授業時間は決まっているのですが、先生が腕時計を確認しながら進めていきます。

他の学校ではわかりませんが、私は時計がないことで時間を気にせず、集中して勉強できると感じます。

2.休み時間は先生が決める

スカルダでは1日50分の授業が3コマありますが、休み時間の記載がなく先生が自由に決めます。区切りがいいところで休み時間となって、その後はパソコンでの学習になります。休み時間は大体25分です。

※中学校や高校などは、日本と同様に休み時間は決められています。

3. テストで点数をつけない

学校では習った単語を覚えているかの単語テストがあります。答え合わせの際に、1問何点ではなく、正解、不正解だけを確認します。また、生徒同士を比較することもなく、1人1人の生徒がどれだけできたのかを先生はチェックします。

スポンサーリンク

4. 板書が少ない

学校というと、黒板やホワイトボードに先生が書いたことを生徒がノートに写すイメージですが、スカルダの先生はあまり板書をしません。板書をしても生徒にノートに書くように言いません。各生徒が自分で判断し、必要だと思えばノートに写します。

5.持ち物

スカルダでは入学するとテキストをもらえます。筆記用具とノートは個人で用意しなくても、持っていない場合は学校が貸してくれます。

テキストは持ってくるよう言われますが、ノートや筆記用具は自己判断となります。もちろん多くの生徒はノートや筆記用具を持ってきますが、初日は筆記用具を持って来ていない生徒もいました。

最後に

今回は、私の日本での学生経験と比較して、オランダの語学学校との違いや特徴について紹介しました。オランダの学校と言っても、当然、語学学校と高校や大学は違います。今回は語学学校での体験に関する情報になります。オランダの語学学校について少しでも知っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2851 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5885 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3093 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4908 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Nahoko
Nahoko

はじめまして。現在オランダ人の彼と彼の家族とオランダに住んでいます。趣味は読書、映画鑑賞です。オランダ語と英語を学んでいます。記事を通してオランダのことを多くの方に伝えられたらと思っています。宜しくお願いします。

http://ameblo.jp/ibunkakouryu/