オーストラリア・パースでのバスの乗り方

2043

View

wikipedia

オーストラリアの主要な公共交通機関には、バス、電車、フェリーがあります。その中でも今回は、数多くの路線が走っていて、大抵の所には行けてしまうバスついて紹介します。

スポンサーリンク

今回はオーストラリアのパースでのバスについてご紹介します。バスの待ち方、乗り方、降り方など、意外と初めてだとドキドキしてしまい、ルールが分からないと不安になるものです。ぜひ参考にしてください。

バス停

パースのバス停
遊び放題、食い放題 (元:ペナンDeジャラン)

パースのバス停は、バス停を示す標識が立っています。時刻表が貼ってあるタイプが基本ですが、郊外エリアでは棒が一本立っているだけのタイプもあります。

パースの古いタイプのバス停
wikipedia

(↑棒が一本だけのバス停)

バスの待ち方

バスが来るのが見えたら、手を上げるなどして運転手に合図をします。シドニーなど他の都市でも同じですが、合図をしないとバス停に人が立っていても通り過ぎてしまうことがあります。

バスの乗り方

バスのドアは自動で開きます。前乗りで、後ろのドアからは乗れません。降りる時は、前後どちらのドアからでも可能です。前方のドアには、車椅子やベビーカー用の電動可動式スロープが備え付けられているので、楽に乗り降りできます。

スポンサーリンク

切符について

パースの電子切符「スマートライダー」
wikipedia

Smart Rider(スマート・ライダー)という電子チケットを持っている方は、運転席横の機械にかざします。Smart Riderを持っていない方は、切符を車内で買います。運転手に行き先を告げて購入します。お釣りが出ないように、運賃ちょうどのお金を準備しておきます。

バスの車内

パースのバス車内
え~と、今、私クアラルンプールにいます!!!

バスの車内は、車両前方は優先座席が設けられています。この優先座席は、折りたたみ式で、ベビーカーを載せることも、車椅子の方はそのまま乗車することもできます。

車内が混雑しているときは、バスの中に立って乗ります。ドアの周辺には立たないように注意してください。パースのバスはドアが内側に開きます。運転席の横周辺も立って乗ることはできません。

バスの降り方

目的地のバス停が近づいたら、ボタンを押して運転手に知らせます。降りるときは、前後どちらのドアでも大丈夫です。近いドアから降りましょう。

Smart Riderを使っている方は、降りる時に注意です。必ずドア横の機械にカードをかざしてから降りてください。きちんと機械を通さないと、$100の罰金を取られることがあります。運転手から切符を買った方は、後部ドア横に回収箱があります。

降りるときは、運転手へ「Thank you」の一言もお忘れなく。

オーストラリアのバス事情豆知識

オーストラリアのバスは遅れてくることが多いです。基本的には5分前後。20分前後遅れる時は、同じ路線のバスが同時に来ることもあります。まれに発車時刻より早くバスが出発してしまうことも…。

バス停には5分くらい前には到着して待っていた方が無難です。また週末はバスの本数がかなり減ります。事前に確認しておくことをオススメします。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Shun
Shun

はじめまして、Shunと申します。高校1年終了後、日本を離れ海外への道へ進みました。オーストラリア在住です。少しでも海外に出る上で皆さんの役に立てることができれば幸いです。宜しくお願いします。

http://www.sekaitojapan.com/