「#」「!」の英語名って?英語で使われる記号の名前15選

2477

View

英語を読み書きするときに避けては通れないのが、文章の中で使われるたくさんの記号。今回は、そんな記号の英語での呼び方を、ちょっとした解説をつけながらご紹介します。

スポンサーリンク

1.ハイフン( - )

ハイフンは英語で「hyphen」です。ウェブ関係では「dash」とも呼ばれます。

★たまに見かける「hyphenate」(動詞)は「(単語と単語を)ハイフンでつなぐ」、「hyphenated」(形容詞)は「ハイフンで結ばれた」という意味です。

2.アンド( & )

アンドは英語で「and sign」「ampersand(正式)」です。

3.シャープ( # )

シャープは英語で「hash tag」「number sign」「octothorpe(正式、一般的ではありません)」などといいます。

★英語では、順序を表す「1番」「2番」などを、「#1」「#2」などと表します。

★ちょっとややこしいですが、「pound key」というと電話などの#キーのことを、「pound sign」というと通常イギリスの通貨ポンドのマーク(£)のことを意味します。電話の自動案内などで「Please enter the number followed by a pound key」(数字に続けて、#キーを押してください)などとよく言われるので、ぜひ覚えておきましょう。

4.アスタリスク( * )

アスタリスクは英語で「asterisk」「star」です。

★アスタリスクは、乗算記号としても使われることがあります。

5.ピリオド・終止符( . )

ピリオドは英語で「period」「dot」です。

★「period」は、「はい、おしまい」「以上」「議論の余地なし」というような意味で使われることがあります。例えば、「The show is over. Period.」というと、「ショー(見せ物)はおしまいだよ。そこに議論の余地なし(はい、つべこべ言わない)。」といった意味になります。

6.コンマ( , )

コンマは英語で「comma」です。

★似たような単語で「coma」は「昏睡状態」「ものすごくだるい状態」を意味します。例えば、「food coma」とは、ご飯をたくさん食べた後、なんだか疲れて眠くなってしまうような状態のことです。

7.クオーテーションマーク・単一引用符( ‘ )

クオーテーションは英語で「(single) quotation mark(s)」です。

8.ダブルクオーテーション・二重引用符( “ )

ダブルクオーテーションは英語で「(double) quotation mark(s)」です。

スポンサーリンク

9.コロン( : )、セミコロン( ; )

コロンは「colon」、セミコロンは「semi colon」です。

★コロンとセミコロンは、日本語にはなく、独特な使われ方をするので注意が必要です。コロンは「=」「つまり」「すなわち」のような場合に、セミコロンは「,」よりも長いポーズを置く場合に使われることが多いようです。

10.アンダーバー( _ )

アンダーバーは英語で「underbar」「underscore」「understrike」などといいます。

11.スラッシュ( / )

スラッシュは英語でそのまま「slash」です。

12.バックスラッシュ( \ )

バックスラッシュも英語でそのまま「backslash」です。

13.イコール( = )

イコールも英語でそのまま「equal」(発音は「イークォル」)です。

14.ビックリマーク・感嘆符( ! )

ビックリマークは英語で「exclamation mark」です。

15.はてなマーク・疑問符( ? )

はてなマークは英語で「question mark」です。

まとめ

日本語と同じもの・想像がつくものも多いですが、ちょっと意外なものや、意外に知らない正式名称をもっている記号たち。名前だけでなく、使われ方も一緒に確認しておくと、読解力、文章構成力のアップにつながるのではないでしょうか。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。