日本人が持つオランダのイメージは嘘?オランダの「ウソ・ホント」6選

4258

View

オランダに住んでいるからこそ感じる、日本人が持つオランダのイメージや、日本で流れているオランダ情報との違いについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.オランダはチューリップだらけ

オランダといえばチューリップをイメージする人が多いと思います。私もそうだったのですが、実際にオランダに住んでみるとイメージとは違いました。

オランダの一般家庭の花壇でチューリップを植える人は少ないです。道を歩いていても、道路沿いの花壇に咲いているのはスイセンなどで、チューリップは見当たりません。

オランダは花の輸出量が多い国で、輸出用の花としてチューリップを育てているようです。そのため「オランダ = チューリップ」のイメージが強いのだと思います。

観光客が様々なチューリップを見れるよう、チューリップ専用の庭があります。中に入るには入場料がかかります。詳しくはHolland.comのこちらのページをご覧ください。また、観光客向けのお土産として球根もよく売られています。

2.木造風車がたくさん

「オランダの風車」と聞いて、どんなイメージをしますか?木でできた古いタイプ風車を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

残念ながら、そのような風車は、街に1台しかない場合が多いです。今では風力発電用の風車は、日本にもある現代的なタイプとなっています。

チョコレートやお土産品のデザインとして風車は多く使われています。特にアムステルダムやロッテルダム、デン・ハーグなど主要都市では風車がモチーフのお土産が多く売られています。

3.マリファナが合法

オランダといえば、マリファナが合法であることが有名です。私もオランダに行くと伝えたとき、色々な人から大麻ができるといわれました。

実際にコーヒーショップ(Coffee shop)で、マリファナなどのソフトドラッグを吸うことができます。しかし、マリファナを吸うにはルールがあります。

コーヒーショップは、1日に一人に対して5グラムまでのソフトドラッグを売ることがを許容されています。しかしオランダの法律では、全てのドラッグが違法であり、少量の個人使用を黙認する、という寛容政策をとっているのです。オランダの薬物政策は、何が合法で何が違法かを詳しく説明しています。なお、旅行者がソフトドラッグの購入・所持・利用の際は、自国の法律も確認しましょう。

Holland.com

コーヒーショップ内であってもルールがあり、すべて自由ではありません。

スポンサーリンク

4.売春が合法

オランダの「飾り窓」と呼ばれる売春宿は有名です。レットライトと呼ばれている地区には、飾り窓が集まっています。女性がガラスのドアにランジェリー姿で立って男性を誘い、男性は気に入った女性を見つけると交渉をして部屋の中に入ります。

売春は日本では犯罪ですが、オランダでは合法とされています。売春をしている女性の多くが外国人で、生活のために働いています。

もともと港町として栄えたオランダには国外からたくさんの人々が訪れ、売春業も栄えていました。これをどんなに厳しく取り締まってもイタチごっこになってしまうため、合法にして目の届く範囲に置き、税金を徴収することにしたのです。売春業の女性たちに対しては一か月に一度の健康診断を受ける制度が整えられています。

THE HUFFINGTON POST

売春は1つの職業として考えられ、女性たちは税金も払っています。

5.食事がフライドポテト

オランダは食事の量や種類が少ないイメージの人も多いかもしれません。あるテレビ番組でオランダが紹介された際、夕食がポテトフライだけだと話題になったようです。

確かに、主食がパンとジャガイモのため、ポテトフライやマッシュポテトなどポテト料理は多いです。しかし、私が生活していて夕食でフライドポテトだけだった日は1日もありません。朝ごはんや昼ご飯はサンドイッチやパンが中心で、夕食に温かい料理を食べます。メインはお肉料理が多いです。

もちろんオランダ人でも色んな人がいるので、中には夕食がフライドポテトだけの時もあるかもしれません。しかし、それは一つの極端な例だと思います。

ちなみに、オランダではインドネシア料理や中華料理も食べるのでお米も売っています。また、日本の調味料も売っています。

6.オランダ人はケチ

日本では、オランダ人はケチであると有名だそうです。私はそれを知らずにオランダに来たのですが、インターネットで調べるとそういう内容の記事があります。私の感覚ですが、特にオランダ人がケチだと感じたことはありません。

オランダ人は衝動買いをあまりしません。必ずとは言えませんが、服や靴などは長く使います。光熱費や携帯料金など、先月より高かった場合は、例え数ユーロでも理由を確認します。

こう見ると一見ケチのようですが、服、家具や電化製品など長く使うものには、考えてお金を使っています。予算によりますが、家具はよいものを買います。

オランダ人と接していると、必要なものにはお金を使い、不要なものには全くお金を使わない傾向があることに気が付きました。日本と違いお土産文化もないため、海外旅行でもしない限り、家族や自分のお土産を買わない人もいます。

このような国民性からオランダ人はケチと思われているかもしれませんが、実際に生活しているとそうではないことに気づきます。

最後に

今回は、オランダで生活していて感じる、日本人がイメージするオランダと実際のオランダの違いを書いてみました。これからオランダに来てくださる方や、オランダに興味を持っている方に少しでもオランダを知っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2850 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5885 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3093 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4908 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • コラム
  • 体験談
  • 日本人
  • オランダ人
  • 国民性
  • コーヒーショップ
  • チューリップ
  • 飾り窓
  • 大麻
  • ケチ
  • マリファナ
  • 売春
  • 風車
  • レッドライト
  • 合法
  • イメージ

この記事を書いた人

Nahoko
Nahoko

はじめまして。現在オランダ人の彼と彼の家族とオランダに住んでいます。趣味は読書、映画鑑賞です。オランダ語と英語を学んでいます。記事を通してオランダのことを多くの方に伝えられたらと思っています。宜しくお願いします。

http://ameblo.jp/ibunkakouryu/