ダブリン図書館の魅力を紹介!ダブリンで図書館を活用する6つのステップ

1962

View

あなたは図書館をよく利用しますか?「図書館って、日本でもあまり行かないんだよね。」「アイルランド滞在中に、わざわざ図書館に行くなんて考えられない。」そんな方でも、きっと、また通いたくなる!ダブリンの図書館の魅力と利用方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ダブリン図書館のすすめ

ダブリン市内には全部で8つの図書館(※)があり、本を借りるだけでなく、豊富なサービスとハイテク設備を利用することができます。図書カードを作成すれば、すべての図書館で貸出および返却が可能です。

電車で5~10分圏内の場所に隣接しているので、図書館巡りをしたり、お気に入りの図書館を見つけるのも楽しいかもしれません。

※ Blackrock、Cabinteely、Dalkey、Deansgrange、Dundrum、Dlr LexIcon、Shankill、Stillorganの8つの図書館があります。

ダブリン図書館の魅力的なサービス

新聞、雑誌、洋書、絵本、漫画、DVD、CDなど幅広く揃っており、日本では入手できなかった作品も簡単に見つかります。ワークショップや講演会等の各種イベント、美術館さながらの写真展や現代アート展なども、定期的に開催されています。

カフェ、自習コーナー、WIFI、クラウド印刷、コピー機、パソコンなども利用できます。施設内は基本的にセルフサービスですが、困ったときはスタッフの方に声をかければ、とても親身にサポートしてもらえます。

スポンサーリンク

ダブリン図書館を利用する6つのステップ

では実際に、ダブリンの図書館を利用するための方法をご紹介します。

1.図書カードを作成する

ダブリン在住の方なら誰でも無料で図書カードを作成できます。図書館に行って「図書カードを新しく作りたいです。」と申し出ましょう。

住所を証明する書類(自分の名前と住所が記載されている光熱費の請求書や契約書、運転免許書、VISA等)を提示して、申込用紙に名前や連絡先、メールアドレスなどの情報を記入します。その場ですぐに図書カードを発行してもらえます。

2.借りる

本、DVD、CD等を含めて、一度に最大12点まで、21日間貸出可能です。貸出は、セルフサービスで機械を使って行います。借りたいアイテムと図書カードを機械にかざすだけでOKです。自動的に情報が読み取られ、返却期限が記載されたレシートが出てくるので、受け取りましょう。

3.返却する

返却するときは、返却窓口に持参します。建物の外壁に設置されている返却ポストを使えば、休館の際も返却できます。万が一延滞してしまった場合は、課金が発生するので気を付けましょう。

4.延長して借りる

アイテムは、最大4回まで貸し出し期間を延長して借りることができます。図書館の機械を使って「RENEW」という手続きをするか、インターネット環境があれば、自宅でも図書館のウェブサイトにアクセスして手続きできます。

5.アイテムを探す

図書館のパソコンを使って検索するか、スタッフの方に尋ねてみましょう。

6.アイテムを取り寄せる

探しているアイテムが今居る図書館では見つからず、他の図書館で見つかった場合、1アイテム毎に0.5ユーロかかりますが取り寄せることが可能です。

【番外編】クラウド印刷サービスを利用する

図書館のクラウドサービス宛に、印刷したい資料を添付してメールを送信します。図書館で専用パソコンを経由して印刷できます。料金は、A4サイズ白黒印刷の場合、1枚0.2ユーロです。

自分のパソコンやスマートフォンに保存してある就職活動のための履歴書や、旅行のためのチケットなどを印刷したいときに便利です。

まとめ

日本で図書館を利用した経験があれば、海外生活初心者の方でも 図書館の利用は親しみやすいのではないでしょうか?

1人で立ち寄って読書するもよし、DVD鑑賞するもよし、自習するもよし、あなたの好きなように過ごすことができますよ。アイルランド生活の新たな1ページが、ダブリン図書館で見つかるかもしれませんね。

※図書館ごとに開館時間や利用できるサービスは若干異なるため、詳しくは図書館のウェブサイトをチェックしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

MICHAEL
MICHAEL

Adventurer; Love Photography, Map, Walking, Story telling&writing. 英国・日本での経験を経て、現在アイルランド在住