スピーキングの勉強法3選!今すぐ始められる英語学習のメソッドまとめ

1552

View

スポンサーリンク

英語がスムーズに話せない、とっさに口から出てこない人必見!初心者でもできるスピーキングの勉強法と得られる効果をまとめています。

スポンサーリンク

最初にどういう風になりたいのかを明確化

スピーキングを伸ばすと言っても、勉強法はたくさんあるため、最初に目的を明確にしてから始めましょう。

発音を重点的に直したいのか、語彙力を増やして会話の幅を広げたいのかでは、効果的なスピーキングの勉強法は変わります。

  1. ペンギンちゃん

    スピーキングを伸ばしたいけど、どの勉強法が効果あるのか分からない・・・

  1. まずは伸ばしたい部分を決めよう!どんな時にスピーキングができていないって感じる?

    キリン先輩
  1. ペンギンちゃん

    とっさに口から英語が出てこなくて、スムーズに話せないのをどうにかしたい!

  1. 英語をスムーズに話せないは、口を動かす練習量(アウトプット)が足りないのが要因のひとつだよ

    キリン先輩
  1. ペンギンちゃん

    そうなんだ!口を動かす練習できるおすすめの勉強法はある?

  1. あるよ!本記事では、それぞれの目的にあったスピーキングの勉強法を紹介するよ

    キリン先輩

スポンサーリンク

英語上達の道!スピーキングの勉強法3選

スピーキングに着目して紹介しますが、どの勉強法もリスニングやリーディングなど、ほかの英語のスキルも同時に上達します。

現在の英語力や伸ばしたいスピーキング力にあわせて、効果的な勉強法を選んでみてください。

今回が特にスムーズに発話するために必要な「口を動かす練習ができる」勉強法を紹介します!

勉強法1:オーバーラッピング

スピーキング勉強法1

スピーキングの勉強法として「シャドーイングが良い」とよく聞きますが、シャドーイングは難易度が高いので初心者向けではありません。

シャドーイングが難しいと感じた人におすすめしたいのが「オーバーラッピング」です。

オーバーラッピングってなに?

オーバーラッピングとは、テキストや動画に表示されるスクリプト(文章)を見ながら、音声と同じスピードで音読する勉強法です。

聞く・読む・話す練習を効果的にできるため、スピーキングのほかにリスニングとリーディングも鍛えられます。

オーバーラッピングの効果

  • 英語特有の音に慣れ、リスニング力アップ
  • 発音と会話のリズムが身につき、スピーキング力アップ
  • 単語ごとではなく、カタマリで区切って理解でき、リーディング力アップ

特に「英語の聞き取りが苦手」や「文章がスラスラ読めない」人に試してほしい勉強法です。

\ やり方・効果はコチラ! /

もっとオーバーラッピングを詳しく知りたい

勉強法2:リピーティング

スピーキング勉強法2

オーバーラッピングが簡単に感じたり、次のステップに進みたい人には「リピーティング」がおすすめです。

文章を見ずに行うリピーティングは、オーバーラッピングより難易度が少し上がります。

リピーティングってなに?

音声を聞き、聞いたように復唱をする勉強法です。音声を聞いた後に一時停止して、音声と同じ発音や抑揚で復唱します。

発音の上達になるほかに、英語のリズム感の体得やリスニング力の向上にも効果的です。

リピーティングの効果

  • 舌が回るようになり、スピーキング力アップ
  • 抑揚やアクセントの位置が分かり、スピーキング力アップ
  • 発音の強弱やリズム感が理解でき、リスニング力アップ

特に「話すスピードが遅い」や「ネイティブの発音に慣れたい」人に試してほしい勉強法です。

\ やり方・効果はコチラ! /

もっとリピーティングを詳しく知りたい

勉強法3:シャドーイング

スピーキング勉強法3

音声の聞き取りや文章の理解がある程度できる、より難しい勉強法にチャレンジしたい人には「シャドーイング」がおすすめです。

音声を一時停止せずに流したまま、音声に被せて復唱するため、オーバーラッピングとリピーティングより難しいです。

その分、話す速度が鍛えられるので、ネイティブと同じスピード感が身につき、スラスラ話せるようになります。

シャドーイングってなに?

聞こえた音声をシャドー(影)のように追いかけ、同じように復唱する勉強法です。

発音の上達になるほか、ネイティブのスピードで話す練習やリスニング力の向上にも効果的です。

シャドーイングの効果

  • 話す速度が鍛えられ、スピーキング力アップ
  • 単語・表現の幅が広がり、スピーキング力アップ
  • リンキングの法則が理解でき、リスニング力アップ

「英語の特有の音を定着させたい」や「ネイティブのスピードに近づきたい」人に試してほしい勉強法です。

\ やり方・効果はコチラ! /

もっとシャドーイングを詳しく知りたい

スピーキングの勉強まとめ

スピーキングを鍛えるには、まず自分にあった勉強法や原因を知ることが大切です。

英語を話せないやスピーキングに自信がないは、「フレーズを知らない(語彙力がない)」「口や舌の使い方を知らない(発音が下手で伝わらない)」など、原因は人それぞれです。

そして、上達させるにはスピーキングだけを鍛えるのでなく、最低限の文法の理解や英語の聞き取りができるかも重要です。

スピーキングだけでなく、リスニングやリーディングも苦手なら、オーバーラッピングから始めて徐々にステップアップするのがおすすめです。

  • 初心者:オーバーラッピング
  • 中級者:リピーティング
  • 上級者:シャドーイング

中学生英語の文法を忘れてしまっている人は、いきなりスピーキングから勉強する前に基礎の文法と単語を覚えましょう!基礎をしっかり身につけることで挫折することなく、より効果を実感できます。

本記事で紹介したスピーキングの勉強法が役にた立つと嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!