「チューリップ」はオランダ語で何という?花の名前のオランダ語10選

2201

View

スポンサーリンク

オランダは世界的にも花の輸出国として有名なのをご存知ですか?それだけ多くの花が栽培されていることもあって、オランダではガーデニングも非常に人気で、街を歩くだけでも通りや庭、店などで綺麗な花の数々を見ることができます。ここでは、花の名前に関するオランダ語を紹介します。

スポンサーリンク

チューリップ

チューリップはオランダ語で「tulip(トゥルプ)」といいます。オランダといえばチューリップというほど世界的にも有名です。さまざまな種類のチューリップを見ることができるキューケンホフ公園は毎年期間限定で開園しています。

スイセン

スイセンはオランダ語で「narcis(ナルシス)」といいます。オランダでは春になると道端にもスイセンが咲いているほど身近な花です。黄色のスイセンを見ると春の訪れを実感します。

バラ

バラはオランダ語で「roos(ローズ)」といいます。バラはオランダでも人気がある花のひとつで、花屋に行くとバラの花束をよく見かけます。

たんぽぽ

たんぽぽはオランダ語で「paardebloem(パールドブルム)」といいます。日本でよく見かけるセイヨウタンポポはヨーロッパ原産で同じものをオランダでも見ることができます。

アジサイ

アジサイはオランダ語で「hortensia(ホテンシア)」といいます。オランダではさまざまな種類のアジサイがガーデニング用に販売されています。

スポンサーリンク

ひまわり

ひまわりはオランダ語で「zonnebloem(ゾネブルム)」といいます。「zon」は太陽という意味で「blomen」は花という意味です。直訳すると「太陽の花」という意味になります。夏になるとオランダでもひまわりを見ることができ、オランダ出身の画家ゴッホの作品「ひまわり」は、とても有名です。

カーネーション

カーネーションはオランダ語で「anjer(アンヤー)」といいます。

コチョウラン

コチョウランはオランダ語で「phalaenopsis(ファレノプシス)」といいます。日本ではお祝いの贈り物の花として有名なコチョウランですが、オランダでは家でコチョウランを飾っているのをよく見かけます。

菊はオランダ語で「chrysant(クリサント)」といいます。日本ではお葬式の花として有名な一面がありますが、さまざまな色の菊をブーケなどで楽しむこともできます。

藤はオランダ語で「blauwregen(ブラウレーヘン)」といいます。直訳すると「青い雨」という意味です。

まとめ

以上、花の名前に関するオランダ語をご紹介しました。オランダ語の勉強の役に立てれば幸いです。

THE RYUGAKUでは、その他にもオランダ語に関する記事を公開しています。合わせてチェックしてみてください!

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Nahoko
Nahoko

はじめまして。現在オランダ人の彼と彼の家族とオランダに住んでいます。趣味は読書、映画鑑賞です。オランダ語と英語を学んでいます。記事を通してオランダのことを多くの方に伝えられたらと思っています。宜しくお願いします。

http://www.naho-blog.com/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談