「空港」はオランダ語で何という?旅行に関してのオランダ語21選

1920

View

スポンサーリンク

オランダは世界中から観光客が集まる旅行スポットして有名です。ここでは、旅行に関するオランダ語をご紹介致します。

スポンサーリンク

1.旅行

旅行はオランダ語で「Reis(ライス)」といいます。私はアムステルダム、ロッテルダム、ベルギーのアントワープなどに行ったことがあるのですが、ヨーロッパは簡単に違う国へ旅行できるのが魅力です。

2.観光

観光はオランダ語で「Toerisme(トゥリスム)」といいます。観光はオランダでも人気で国内だけではなくヨーロッパや他の国々へ観光へ行く方も多いです。

3.観光地

観光地はオランダ語でToeristische plek(トゥーリスティス・プラック)といいます。オランダには観光地が多く首都のアムステルダムだけでも1日や2日では周り切れないほどです。

4.観光客

観光客はオランダ語で「Toerist(トゥーリスト)」といいます。日本語に訳すと「ツーリスト」となりますが、発音では「ト」に小さい「ゥ」を付けたものが近いです。

オランダは小さな国ですがヨーロッパ各国や世界中から観光客が訪れます。

5.搭乗券

搭乗券はオランダ語で「Instapkaart(インスタップカーツ)」といいます。最近ではスマホのバーコードで搭乗できるようになり紙の搭乗券が必要ないところも多いようです。

6.スーツケース

スーツケースはオランダ語で「Koffer(コファー)」といいます。飛行機でのスーツケースの総重量は規定をオーバーしてしまうと追加料金が必要となり、私が初めてオランダに来た時は追加料金を支払いましたので注意しましょう。

7.パスポート

パスポートはオランダ語で「Paspoort(パスポォート)」といいます。パスポートはとても大切なものなので旅行中の紛失やスリには十分ご注意ください。

8.地図

地図はオランダ語「でKaart(カァーツ)」といいます。今はスマホひとつで目的地まで誘導してくれてとても便利ですね。

9.リュック

リュックはオランダ語で「Rugzak(フルザック)」といいます。

10.お土産

お土産はオランダ語で「Souvenir(スべニア)」といいます。オランダ国内のチーズ専門店、雑貨屋。美術館、土産店、本屋などでお土産を買うことができるでおすすめです。

11.ガイドブック

ガイドブックはオランダ語で「Gids boek(ヒッツ・ブック)」といいます。「gids(ヒッツ)」は「ツアーガイド」という意味と「ガイド」という意味で「boek(ブック)」は「本」という意味です。

おすすめ情報から地図もついているガイドブックもあるので1冊持っておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

12.旅行会社

旅行会社はオランダ語で「Reisbureau(ライスブロウ)」といいます。オランダにも旅行会社は多数あり、バカンスシーズンでは国内だけではなく世界各国へ旅行へ行く方も多いです。

13.ホテル

ホテルはオランダ語で「Hotels(ホテルス)」といいます。ホテルもたくさんあり選ぶだけでも楽しいですね。オランダの首都アムステルダムには日本で有名なホテルオークラがあります。

14.レストラン

レストランはオランダ語で「Restaurant(レストラント)」といいます。旅行のひとつの楽しみは食べ物という方も多いと思います。旅行先での定番料理や日本では食べられないメニューなど色々楽しむことができますね。

15.飛行機

飛行機はオランダ語で「Vliegtuig(フリフタフ)」といいます。「g」の発音がカタカナで表現するとこの場合「フ」となりますが、実際の聞こえている音は少し濁っている感じに聞こえます。

16.空港

空港はオランダ語で「luchthaven(ルフトゥハーブン)」といいます。オランダの空港はLuchthaven Schiphol(スキポール空港)で、オランダに来るときはもちろん、他の国へ行くための乗り継ぎとしても多く使われています。

17.バス

バスはオランダ語で「Bus(ブス)」といいます。オランダの場合、地域にもよりますが日本よりバスの本数が少なく時刻表をよりチェックする必要があります。

18.バス停

バス停はオランダ語で「Bushalte(ブスハールテ)」といいます。駅やバス停にはバス専用の掲示板もあり、残り何分でバスが来るかなどを知らせてくれます。

19.電車

電車はオランダ語で「Trein(トレイン)」といいます。オランダの電車は2階建ての電車が多く1号車もあり、料金が2号車より高くなっています。

20.駅

駅はオランダ語で「Station(スタション)」といいます。オランダにはデザインが有名な駅もあり駅を見るだけでも楽しめます。

21.案内所

案内所はオランダ語で「Informatiekantoor(インフォマーチカントォ)」といいます。駅構内などで「informatie」と書かれているところでは電車のことなどの質問に答えてもらえます。

また、オランダでは旅行者が利用できるVVVという案内オフィスがあり各地域にあります。こちらはアムステルダムにあるVVVのウェブサイトになりますので参考までに。

まとめ

いかがでしたか?今回は旅行に関するオランダ語を紹介しました。今回の単語がオランダを旅行される方、オランダ語を学ばれる方のお役にたてれば幸いです。

オランダに住みたいなら

オランダに住んでみたいと思ったことはないですか?
オランダで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『オランダ生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

オランダで働く方法を知る

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Nahoko
Nahoko

はじめまして。現在オランダ人の彼と彼の家族とオランダに住んでいます。趣味は読書、映画鑑賞です。オランダ語と英語を学んでいます。記事を通してオランダのことを多くの方に伝えられたらと思っています。宜しくお願いします。

http://www.naho-blog.com/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談