イタリア珍土産「チョコレートパスタ」とは?どうやって食べるの?

1963

View

Wikimedia Commons

先日、日本の友達から連絡があり「チョコレートパスタってどうやって食べるの?」と質問をされました。筆者もミラノ万博やチョコレート祭り、空港ではお目にかかったことはあるのですが、イタリアでもチョコレートパスタは定番メニューではありません。そこで、気になって周りのイタリア人にどうやって食べるのか聞いてみましたので、皆さまにご紹介します。

スポンサーリンク

チョコレートパスタとは?

チョコレートパスタ
Wikimedia Commons

チョコレートパスタはその名の通りチョコレートが練り込まれた茶色のパスタで、イタリア語で「Pasta al cacao(パスタ・アル・カカオ)」といいます。

「パスタ」というと、日本のみなさんは「スパゲッティ」を想像されると思いますが、「パスタ」という言葉はイタリア語で「粉もの全般」を意味します。なので、パンやケーキなどと混同しないように「Tagliatelle(タリアテッレ)」「Penne(ペンネ)」など、具体的なパスタの種類名が書かれ売られていることも多いです。

チョコレートパスタは一見デザートのように見えますが、実は「プリモピアット(第一の皿)」として出されます。カカオパウダーが練り込まれているだけで、砂糖は一切入っていないので、調理中に漂う香りは紛うことなきチョコレートなのですが、食べてもあの「甘い」チョコレートの味は一切しません。

ですので、他のラザニア・リゾットなどと同じように、イタリア人は前菜と肉・魚料理の間のプリモピアットでこちらを食べます。

チョコレートパスタはいつ食べるもの?

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

And chocolate #pappardelle #pasta #pastafresca #pastaalcacao #chocolate

Gigi Huynhさん(@gigihuynhdds)がシェアした投稿 - 2016 12月 5 6:43午後 PST

チョコレート専門店のカフェなどでは通年メニューとして出されていることもあるそうですが、普段、街中のレストランで見かけることはまずありません(少なくとも筆者は1度も見たことがありません)。

ではいつ食べるのか?「食べていない」というのが正解のような気もしますが、一番多いのは、おそらく「San Valentino(バレンタインデー)」だと思われます。イタリアではバレンタインデーにチョコレートをあげる風習はありませんが、最近では異国文化を取り入れ、時々バレンタインディナーのちょっと茶目っ気のあるプリモピアットとして扱う店もあるようです。

また、レシピ本などでも「バレンタインディナーにおすすめ」などと書かれて掲載されていることが多いです。

基本的にはちょっと奇抜な土産物として空港やチョコレート専門店・チョコレートが特産品の地域(Baciチョコの本社のあるウンブリア州・ペルージャなど)で扱われているものです。

スポンサーリンク

チョコレートパスタのレシピ3選

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

Io golosa?? Naaa #pastaalcacao #noci #iffym #delicious #reversediet #macros #fitness #gym #foodporn #foodblogger #enjoy

Valeriaさん(@valeriafit94)がシェアした投稿 - 2017 4月 12 3:44午前 PDT

最後に料理本や雑誌、友人から聞いたチョコレートパスタの絶品レシピをご紹介します。(全て2人分のレシピです)。日本でも手に入りやすい材料の物を中心にご紹介しますので、もしお土産で乾麺をもらった方、街で見かけて購入したものの、どうしていいかわからず、しまったままの方は是非召し上がってみてください。

1.マスカルポーネチーズとベーコンのチョコレートパスタ

マスカルポーネチーズ(50g)をフライパンに入れて火にかけ、少しずつ牛乳(15ml)を加えながら木べらを使って伸ばしていきます。ソース状になったらベーコン(50g)を絡め、その後茹でたパスタと絡めたら出来上がり。皿に盛り付け、上から炒ったクルミとパセリを散らして完成です。

マスカルポーネチーズはティラミスに使われる代表的なチーズですので、チョコレートパスタとの相性も抜群です。イタリアではクルミを松の実やピスタチオ、ヌテラチョコの材料でもあるヘーゼルナッツなどに変えたレシピもありました。

2.カマンベールのチョコレートパスタ

一口大に切ったカマンベールチーズ(100g)を火にかけ牛乳(50ml)と一緒に温めます。温まったらバター(20g)を入れ、バターが溶けた後、茹でたパスタと絡めて塩コショウで味を調えたら完成です。

チーズはブルーチーズが手に入るようでしたら、カマンベールチーズよりパスタにさらに絡みやすいのでおすすめです。白と黒のコントラストが綺麗で、年齢問わず食べやすい味だと思います。

苦手でない方はゴルゴンゾーラチーズやリコッタチーズに変えても美味しくいただけます。

3.生クリームとベーコンのチョコレートパスタ

フライパンにベーコン(60g)を入れ、バターでカリっとするくらいに炒めます。そこへ生クリーム(100ml)と塩コショウ、ディル(なくてもOK)を入れ、茹でたパスタと絡めたら出来上がりです。

身近な食材で出来る一番簡単なメニューかと思います。最後にフレッシュミニトマトなどを加えてもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?ちなみに、チョコレートパスタを使ったレシピはレストランなどでは「海老」を使ったものなどが人気とのことです。

また、ちょっと焼きそばのような見た目になってしまいますが、トマトソースベースのレシピ(なすとトマトのチョコレートパスタ)などもたくさんみかけました。

是非イタリア語がわかる方はインターネットなどでチェックしてみてください!

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • レシピ
  • チョコレートパスタ

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)