オランダでサッカーを見るときに知っておきたいサッカーに関するオランダ語18選

474

View

オランダではサッカーは幅広い層に親しまれている大人気のスポーツです。ここでは知っておくと便利なオランダ語のサッカー用語をご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

まず、オランダ語でサッカーのことは「voetbal」と呼び、サッカーオランダ代表は「Nederlands voetbalelftal」といいます。

1.ゴール

「ゴール」はオランダ語で「doel」といいます。

2.止める

「止める」はオランダ語で「redding」といいます。

3.ストライカー

「ストライカー」はオランダ語で「spits」といいます。

4.ゴールキーパー

「ゴールキーパー」はオランダ語で「keeper」といいます。

5.審判

「審判」はオランダ語で「scheidsrechter」といいます。

6.イエローカード

「イエローカード」はオランダ語で「gele kaart」といいます。

7.レッドカード

「レッドカード」はオランダ語で「red kaart」といいます。

8.サポーター

「サポーター」はオランダ語で「supporter」といいます。オランダのサポーターはオランダのナショナルカラーの「オレンジ」を着て応援しています。日本では「オレンジ軍団」として有名ですね。

9.ミッドフィールダー

「ミッドフィールダー」はオランダ語で「middenvelder」といいます。

スポンサーリンク

10.アシスト

「アシスト」はオランダ語で「assist」といいます。

11.ディフェンダー

「ディフェンダー」はオランダ語で「verdediger」といいます。

12.オフサイド

「オフサイド」はオランダ語で「buitenspel」といいます。

13.フリーキック

「フリーキック」はオランダ語で「vrije trap」といいます。

14.コーナーキック

「コーナーキック」はオランダ語で「hoekschop」といいます。

15.前半

「前半」はオランダ語で「eerste helft」といいます。

16.ハーフタイム

「ハーフタイム」はオランダ語で「half」といいます。

17.後半

「後半」はオランダ語で「tweede helft」といいます。

18.チャンピオン

「チャンピオン」はオランダ語で「kampioen」といいます。

まとめ

今回はオランダでサッカーを楽しむためのオランダ語を紹介しました。サッカーを通じたオランダ人との交流などの際に、この記事がお役に立てれば幸いです。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

リリ
リリ

仕事の関係で海外にいることが多かった父の影響で、小さい頃から海外に憧れがあり、高校時代に夢だったカナダに留学しました。現在はオランダ人の夫と結婚し、オランダに移住。自分の記事を通してオランダの魅力を沢山知ってもらいたいです。

http://www.study-abroad-canada.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)