音楽好き必見!メルボルンを拠点に活動するカッコいいブルースマン3選

323

View

芸術の街として有名なメルボルンは、ストリートミュージシャンや様々な音楽フェスティバルといった音楽文化も生活の大きな一部分となっています。今回はその中でも特に、メルボルンを拠点に活動しているおすすめのブルースアーティストを紹介します!実際に演奏を聴きに行って盛り上がりましょう!

スポンサーリンク

1.Geoff Achison(ジョフ・アッチソン)

Geoff Achison
Geoff Achison

圧倒的なギターテクニックと骨太ボイスによるブルース魂の感じられる演奏。アコースティックギター1本での弾き語りは圧巻です!

早速演奏をチェック!

YouTube
YouTube
YouTube

公式サイト

2.Dreamboogie(ドリームブーギー)

Dreamboogie
Dreamboogie

ド迫力のボーカルとモダンテイストの感じられるギターが魅力のブルースバンドです。なんと2016年にはメルボルン代表としてブルースの世界大会にも出場しています!

迫力満点の演奏はこちら!

YouTube
YouTube
YouTube

公式サイト

スポンサーリンク

3.Andrea Marr & The Funky Hitmen(アンドレア・マーアンドザファンキーヒットメン)

Andrea Marr
Andrea Marr

エンターテイメント性抜群のブルースファンクバンドです。映画『ブルースブラザーズ』を彷彿とさせるような踊れるライブは盛り上がること間違いなし!

今にも踊りだしたくなる演奏はこちら!

YouTube
YouTube
YouTube

公式サイト

まとめ

どのアーティストもとても素晴らしく、しかもメルボルン近郊で演奏を聴くことができます。実際に筆者が演奏を見たときは、若い人も年配のお客さんも皆夢中になって踊っていて、とても盛り上がっていました!

お気に入りのアーティストが見つかったら、ぜひライブに足を運んで、生演奏ならではの臨場感を楽しんでみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 音楽
  • ファンク
  • ライブ
  • ブルース
  • バンド
  • ギター

この記事を書いた人

はいど
はいど

東京在住の大学3年生です。アジア中心にバックパッカーしてます。2016年7月から1年間オーストラリアに留学予定。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)