タイ限定グッズも充実!タイのスターバックス事情

940

View

今や世界各国にあるスターバックスコーヒーですが、タイにもあります。タイに来てスタバ?と思う方もいると思いますが、タイにしかないオリジナルブレンドや記念品をおみやげに買っていくのも楽しいかもしれませんよ!

スポンサーリンク

価格は日本と同じくらい?

タイのスターバックスのスイーツ棚

タイのスターバックスではアメリカーノが100バーツ、カフェラテが110バーツとなっております(どちらもトールサイズの場合)。フードは日本と同じくサンドウィッチやホットサンドウィッチ、サラダなどがあり、お値段はだいたい60バーツくらいからとなっています。また「BUY 1 GET 1 FREE」や「50% OFF」などのプロモーションも比較的多く開催されております。

値段は日本とほとんど変わらないですが、タイでは屋台のコーヒーが1杯30バーツ程度なので、それに比べたら少し割高かもしれません。ただ、一般的にタイでは「ブラックコーヒー」という概念がないので、屋台で購入するとほとんどの場合、砂糖、牛乳、練乳が入った激甘のコーヒーが出てきます。

メニューについては日本と同じようにタイ限定の商品などもあり、タイ限定のオリジナルブレンドや期間限定の商品などがあります。

タイのスターバックスのオリジナルブレンドコーヒー豆

スターバックスカードでお得なサービスを受けられる

タイのスターバックスカード

日本と同じようにタイにもスターバックスカードがあります。カードはいろんな柄があり、チャージしておけばスイカのようにキャッシュレスで支払いができます。入金は100バーツからとなっています。

スターバックスカードを買った後「My Starbucks Reward」にウェブからメンバー登録するとさまざまな特典がついてきます。12杯分ドリンクを買うとトールサイズ1杯が無料になります。

また、コーヒーを頼んだ分だけスターが溜まっていき、スターが溜まるごとにステータスがアップし、各ステータスごとに会員向け特典があります(例えば新作商品の無料お試しなどがあります)。

在タイ者はスターバックスカードを1枚持っているとお得かもしれません。

スポンサーリンク

タイ限定のスターバックスグッズ

タイ限定のスターバックスグッズ

タイ限定のマグカップとタンブラーの他に、トートバッグなぬいぐるみなどがあります。マグカップとタンブラーは以下の都市の名前がプリントされたものになります。

  • バンコク
  • パタヤ
  • タイランド
  • チェンマイ
  • プーケット
タイ限定のスターバックスマグカップ

ちなみにバンコクにいてもプーケットやチェンマイのマグカップとタンブラーを購入することが可能です。

タイ限定のスターバックス人形

まとめ

日本でも良く行くことがあるスタバだからこそ、いろんな国のスタバにいくのも面白いですよね!ぜひタイのスタバにも行ってみてください!

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2850 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5885 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3093 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4908 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

すだめ
すだめ

2015年4月にタイ・バンコクに仕事のため着任しました!まさかの事情によりタイで転職活動をすることになり最近やっとあたらしい職場をみつけ落ち着いたアラサー女子です。韓国、中国、フィリピンと留学し(中国とフィリピンにおいては短期)20代の最後をなぜか まったく自分の人生プランには描かれていなかった タイ バンコクでの海外生活をスタートすることになり奮闘中です。