スウェーデン人はザリガニが好き!?夏の終わりの恒例行事「ザリガニ・パーティー」とは

3036

View

スポンサーリンク

スウェーデンでは夏の終わりに家族や友人と「ザリガニ・パーティー」を楽しむのが一般的です。日本ではザリガニを食べる習慣がないので「え!?ザリガニを食べるの?」と思った方も多いはず。スーパーの冷凍食品コーナーにもザリガニがたくさん並んでいるのがスウェーデンです。今回はスウェーデン留学中の筆者が実際に参加した「ザリガニ・パーティ―」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ザリガニ・パーティ―とは

「ザリガニ・パーティー」(スウェーデン語:Kräftskiva)とはスウェーデン発祥の行事で、ザリガニとお酒を楽しむホームパーティーのことです。8月から9月にかけて行われるスウェーデンの夏の終わりを告げる伝統行事です。

もともとスウェーデンでは年中ザリガニ漁がおこなわれていましたが、ザリガニはヨーロッパでは高級食材として扱われるため密漁や乱獲が相次ぐようになりました。そのため20世紀から漁が制限されるようになり、現在では8月と9月だけ漁が許可されています。

スウェーデンでは冷凍のザリガニも出回っているため年中スーパーでザリガニを手に入れることができますが、旬のものを味わうのがスウェーデン流です。歌って、お酒を飲んで、ザリガニを食べて…と賑やかなパーティーとなります。

可愛いデコレーション

ザリガニ・パーティーで飾られる月に男

スウェーデンの夏は日が長いのでパーティーは屋外で行われることが多いです。暗くなってきたらキャンドルを灯してなんともオシャレな雰囲気に…そしてテーブルには可愛いデコレーション!ザリガニ模様のテーブルクロスに紙ナプキンで、パーティーはザリガニ尽くしになります。

また月の男(スウェーデン語:Gudden i månen)のランタンをぶら下げるのが一般的です。

ザリガニ・パーティーでの料理

ザリガニ・パーティーでの料理

ザリガニは塩ゆでし、ディルなどの香草で風味をつけて食べます。ザリガニの他にスウェーデン料理も並びます。私が参加したパーティーでは北欧料理では欠かせないサーモンを使った「サーモンパイ」が出されました。

この他にもパンとパンにつけるたらこ入りのクリームチーズや、スウェーデン料理として定番のミートボールにジャムが添えられたものが並びます。

スポンサーリンク

ザリガニ・パーティーにはお酒も欠かせない!

スウェーデンのザリガニ・パーティーでよく飲まれるスナップス

ザリガニ・パーティーではスナップス(Snaps)というアルコール度数30~40%の蒸留酒を飲みます。スナップス・グラスという小さいグラスで、歌や「スコール!」という乾杯の掛け声とともに一気に飲み干します。スウェーデン人はお酒に強いので、これを何回も繰り返します。

歌にも多くの種類があり、中には隣国のデンマークを馬鹿にする歌も。スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークの4国は兄弟げんかのように他の国を馬鹿にすることわざや歌があるそうです。

果たしてザリガニのお味は…?

これは私の個人的な感想ですが、味はエビとカニの中間のような味で、とても美味しかったです!食べる前は泥臭いのかな…と思っていましたが、香草で風味付けられていることもあって全く泥臭さは感じませんでした。

頭を取って胴体はエビを食べるように殻をむいて食べ、爪はカニを食べるようにカニフォークを使って身をかき出して食べます。日本では食用としてなじみのないザリガニですが、日本人の口にも合う味でした。

最後に

いかがでしたか?私は初めてザリガニ・パーティーに参加し、歌って、お酒を飲んで、ザリガニを食べて、おしゃべりをして…と楽しい時間を過ごすことができました。スウェーデン留学をするからには現地の友達を作ってスウェーデン文化に触れることがオススメです!是非スウェーデンに来たら「ザリガニ」にチャレンジして下さい!

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 体験談
  • 料理
  • スウェーデン文化
  • 食文化
  • ザリガニパーティー
  • パーティー

この記事を書いた人

Aya
Aya

田舎から東京に出てきた大学生。8月から1年間スウェーデンへ留学予定。ヨーロッパを鉄道で旅するのが夢。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!