似ているけど違う!間違えやすいイタリア料理とフランス料理5選

1228

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

ここでは一見そっくりだけど、実は違う!イタリア料理とフランス料理を5つご紹介します。

スポンサーリンク

カポナータ vs ラタトゥイユ

Caponata(カポナータ)は南イタリア、ラタトゥイユは南フランスの郷土料理です。ともにトマトベースの煮込み料理でパッと見そっくり。ですが、カポナータはナスが主役。はじめにナスを素揚げしてから他の野菜をどんどん加えていって、最後にトマトソースで煮込みます。

一方のラタトゥイユ。こちらは素揚げせずに、ズッキーニを中心とした野菜を軽く炒めてからトマトソースで煮込みます。野菜の切り方も、ラタトゥイユは本場では輪切りに統一して作ることが多いので、見ためから違いがわかることもあります。

コルネット vs クロワッサン

Cornetto(コルネット)はイタリア版クロワッサン。見た目も味も名前もクロワッサンそっくりなので、初めて目にした人のほとんどは、クロワッサンと間違えてしまうのではないでしょうか?

しかし、Cornettoはイタリアのパン。バターが入っておらず、中もクロワッサンに比べると空洞が大きめで、食べるとクロワッサンよりかなり軽い味わいです。

アクアパッツァ vs ブイヤベース

Acqua pazza(アクアパッツァ)は南イタリア・ナポリ発祥の郷土料理。一方ブイヤベースは南フランスの料理です。どちらも魚介の入ったスープである点はそっくりなのですが、見た目に少し違いあり。アクアパッツァは魚がどーん!と乗ったもの、一方のブイヤベースは魚介入りのスープ仕立てになっております。

スポンサーリンク

ビスコット vs サブレ

Biscotto(ビスコット)はイタリアでクッキーやビスケット類を指す言葉。サブレはそのフランス語名です。イタリアではバターが入っていないものがビスコットと呼ばれることが多く、バター入りのものはわざわざ「バター入り(Al burro/アル ブッロ)」と書かれていることも少なくありません。

アマレッティ vs マカロン

Amaretti(アマレッティ)はイタリア菓子。日本ではあまり知られていませんが「マカロン」の原型ともいわれているお菓子で、作り方がとてもよく似ています。しかし、見た目や味わいはハッキリし違う2品。アマレッティはアーモンドの香りが強く、見た目もクッキーのようなシンプルでカリカリした風合いです。

最後に

食へのこだわりが強いイタリア人!似ている料理こそ、違いを理解していると一目置かれます。ぜひイタリア滞在中は、両者を食べ比べて、匂いや食感の違いもお楽しみください。

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

「3週間の留学」を無料プレゼント中

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「3週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談